コラム

CRMとは?

2022.10.6

CRMとは?

CRMとは、顧客関係管理のことで「企業と顧客との関係性を管理すること」です。広い意味では、「顧客と良好な関係性を築き、継続していくための施策」を指します。

「顧客と良好な関係性を築き、継続していくための施策」を実現するためのツールやシステムのことを指している場合もあるのです。

また、CRMを支援するITツールのことを「CRMシステム」と呼びます。

CRMの意味は?

CRMは「Customer Relationship Management」という英単語の略称です。直訳すると、「顧客関係管理」になります。

顧客との関係を管理しながら、顧客と自社との関係を長期的に深めていくマネジメントの手法です。

CRMの目的は?

CRMの目的は、顧客と良好な関係を築いたうえで売上・利益をあげることです。

このCRMを導入する場合、メリット・デメリットがあります。

  • メリット:戦略的な営業・マーケティング活動が行える。

     効率的に顧客満足度の向上が図れる。

  • デメリット:導入・維持にコストや手間がかかる。

      すぐには効果があらわれない。     

      ある程度売上向上などの目に見える形で成果がでるには時間がかかる。

CRMは顧客を管理分析して売上につなげるものですが、すべてが解決できる万能なものではありません。導入する際は、目的はもちろん、どのような課題をクリアしたいのか明確にすると良いでしょう。

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

無料相談受付中!