コラム

ヒューリスティック分析とは?

2023.1.30

ヒューリスティック分析とは?

「ヒューリスティック分析」とは、経験豊富なUI/UXの専門家が、その自らの経験知(ヒューリスティック)によってWebサイトやアプリを分析・評価する手法のことです。

ユーザーにとって使いやすい=ユーザビリティの高いWebサイトやアプリを作るために効果的な手法として、数多く取り入れられています。

ヒューリスティック分析の目的とは?

ヒューリスティック分析を行う目的は、サイトやアプリのユーザビリティを向上させ、売上やコンバージョンアップ、PV増加などの成果につなげることです。

使い勝手の悪いWebサイトはユーザーの離脱の原因となるだけでなく、検索順位にも影響してしまいます。その点、ヒューリスティック分析において、サイトやアプリがアクセスしやすいか、操作しやすいか、分かりやすいかなど、ユーザーの目的達成の障害となっている問題点・課題を洗い出すことが可能です。

その分析結果をもとにユーザーにとって使いやすいWebサイト・アプリに改善することができれば、売上アップやコンバージョンアップなどの成果につなげることができるようになります。

ヒューリスティック分析のメリットは?

 

どの段階でも分析ができる

ヒューリスティック分析は、分析者のスケジュール次第でいつでも実施が可能。また、サイトやアプリが未完成の段階、リニューアル前、制作後など、どの段階であっても分析の実施が可能な点は大きなメリットと言えるでしょう。特にデータ等も必要ないため、初期段階で実施することで大まかな課題を改善できれば、よりよいサイトやアプリ制作・開発を進められます。

 

分析のためのツールが不要

ヒューリスティック分析は、分析者が専門的な観点でサイトやアプリを閲覧することで実施されるため、分析にツールを使うことはありません。技術的な作業は必要なく、ツールの使い方を学ぶ必要もないので、技術面においてもハードルの低い分析方法と言えるでしょう。

 

競合他社との比較がしやすい

比較対象のサイトやアプリを閲覧し、同チェック項目に沿って評価するだけで、同じ評価軸で競合サイトと比較することができます。足りない部分を補ったり、問題点を見つけて改善できたりと、競合他社のサイトやアプリに劣らない質の向上を見込めます。

 

データからは見えない問題点が分かる

ユーザーにとっての「使いやすさ」をアクセスデータから判断するのはなかなか難しいもの。加えてデザインの一貫性やテキストの読みやすさについてもアクセス解析などによるデータでは判断することができません。ヒューリスティック分析では、こうしたデータからは見えない問題点を見つけることができるという点もメリットと言えるでしょう。

 

コストが抑えられる

サイト制作や運用など、Webサイトの業務に携わった経験がある担当者が分析者となり、分析を自社で実施できればコストはかかりません。もちろん、社内に分析できる人がいればの話にはなりますが、外部に依頼したりユーザーテストを行ったりすることに比べれば、比較的短時間でコストも抑えられます。

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

無料相談受付中!