コラム

オピニオンリーダーとは?

2023.1.30

オピニオンリーダーとは?

「オピニオンリーダー」とは、一般的に集団の中で頼られている人や集団の意思決定に大きな影響力を持っている人を意味します。

また、マーケティングにおいてもオピニオンリーダーとは、特定の商品の購買行動や消費をリードする消費者層のことで、集団の意見や行動、判断に関して強い影響力を与える人のことを指します。

オピニオンリーダーの役割とは?

オピニオンリーダーは特定の集団において、他者の意思決定に対して強い影響力を持っています。しかし、何らかの義務を課されている存在ではありません。とはいえ、マーケティングにおいてオピニオンリーダーは欠かせない存在です。

例えば、ある企業が新ブランドや新商品などを発売する場合のPRに、オピニオンリーダーを起用したとします。そうすると、そのオピニオンリーダーを支持している人々の間で話題に上げられやすくなり、製品が購入される可能性が高まるのです。

芸能人や専門知識の高い著名人をはじめ、近年ではSNSの普及によりフォロワー数などが多いユーザーやブロガーなどもオピニオンリーダーとしての役割を持っています。

オピニオンリーダーの影響力は?

インターネットやSNSの普及により、オピニオンリーダーの影響力は年々強くなっています。オピニオンリーダーの役割を持つ人が、雑誌やテレビ、SNSなどで商品を紹介するだけで、その商品の売上が大きく伸びる傾向があります。

また、オピニオンリーダーがSNSに掲載した商品や愛用している商品なども、投稿と同時に売れ行きが大幅に増加するケースも増えてきました。それだけ、商品やサービスの売り上げに直結するオピニオンリーダーの存在は企業にとっても消費者にとっても大きな影響力を持っていると言えるでしょう。

オピニオンリーダーとインフルエンサーとの違いは?

インフルエンサーは、SNSを通じて情報を発信し、自身が有しているフォロワー(コミュニティー)に影響を与える人物のことです。その点、オピニオンリーダーとインフルエンサーは、共に「特定の集団に対して大きな影響力を持っている」存在であることは共通していると言えるでしょう。

ただ、オピニオンリーダーは影響力が大きい“人やサービスのこと”であるのに対し、インフルエンサーは影響力が大きい“人”のことであり、人以外には用いられません。つまり、オピニオンリーダーの中にインフルエンサーが含まれる、という関係性となります。

オピニオンリーダーの具体例は?

・YouTuber
・インスタグラマー
・口コミサイト
・テレビ番組
・芸能人/有名人
・SNSのフォロワーが多い個人ユーザー
・企業のSNS 等

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

無料相談受付中!