SEO対策のこと、どの会社に相談していいか分からない。業界事情をまずは把握したい。具体的な見積もりがほしい。お気軽にご連絡ください。連絡は無料相談・お問い合わせよりどうぞ。Web業界10年以上のキャリアを持つメンバーが対応いたします。

QDFとは?

「QDF」とは、Googleの検索結果の順位を決定するための要素の一つとして、Googleが採用しているアルゴリズムです。

ユーザーからの検索クエリに対して、新鮮さを伴う時事性の高いトピックや最新のニュース、急激に話題となった情報が記載されたページを検索結果の上位に表示させようとするものです。

QDFの特徴は?

QDFでは、話題になっているニュースや事件、スキャンダルなど、瞬間的に注目を集めているものをキーワードで検索した際に、該当するニュースサイトやまとめサイトが一時的に検索結果の上位に表示される仕組みです。以下のような特徴があります。

 

QDFによる検索上位表示は一時的

検索数が急上昇しているキーワードに対してQDFが適用されれば、そのページが検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。しかし、その影響はあくまで一時的なものなので、時間が経てば基本的に本来の検索順位に戻ります。

 

アクセスを瞬間的に増やせる

新しい情報であることだけでQDFが適用されるわけではなく、Webサイトに記載された記事の内容の質が高いことも重要です。信頼できる情報や話題性の高い記事を掲載できれば、情報を見た多数のユーザーによって拡散され、結果的にアクセス数を増やせる可能性もあります。

QDFを意識したページやコンテンツの作り方のコツは?

 

急上昇中の旬なキーワードを見つける

今まさに話題になっている旬のキーワードを探すことからスタート!一時的に検索クエリで急上昇しているキーワードを探すためには、GoogleトレンドやYahoo!検索データ、Twitterのトレンド機能などのツールが非常に役立ちます。

 

QDFが適用されているのか、どのくらいの競合がいるかを調査する

急上昇中の旬なキーワードすべてにQDFが適用されるわけではありません。検索結果に表示された「更新日時」が24時間以内となっている記事はQDFが適用されていると言えるでしょう。

また、QDFが適用されている場合も、競合が多いほど検索順位の上位表示が難しくなるため、コンテンツを書く前には目的の急上昇キーワードに対して、どれほどの競合がいるのかも事前に確認しておきましょう。

Web業界10年以上の知見を持って、無料にてご相談へ対応いたします。
情報収集目的でも歓迎です。お気軽にご連絡ください。

  • 人材育成領域

    人材育成領域

    サイト流入
    2.3倍
    (6,843セッション→16,001セッション)
    反響
    2.1倍(12→25件)
    上位表示キーワード例
    「人材育成(検索Vol.8,100)」
  • 婚活領域

    婚活領域

    サイト流入
    2.1倍
    (52,945セッション→110,164セッション)
    反響
    1.3倍(412→536件)
    上位表示キーワード例
    「婚活(検索Vol.40,500)」
  • 日常用品領域

    日常用品領域

    サイト流入
    3.3倍
    (31,874セッション→105,514セッション)
    反響
    3.4倍(84→293件)
    上位表示キーワード例
    「お水(検索Vol.4,400)」

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

LIGブログに掲載されました