SEO対策のこと、どの会社に相談していいか分からない。業界事情をまずは把握したい。具体的な見積もりがほしい。お気軽にご連絡ください。連絡は無料相談・お問い合わせよりどうぞ。Web業界10年以上のキャリアを持つメンバーが対応いたします。

B2Cとは

B2CとはBusiness to Customerの略称で企業と消費者の取引のことです。

個人の購入者に適したビジネスモデルの1つで最も一般的なビジネスモデルです。

不特定多数の消費者との取引をすることがB2Cの特徴でスーパーやコンビニなどの小売業や飲食店、ゲームセンターなどのサービス業もB2Cに当たります。

元々は、電子商取引のことだけを指していましたが徐々に他の業界でも使用されるようになっています。

B2Cマーケティング

B2Cの特徴はペースが速く、一夜にして変化することも珍しくありません。

そのため、B2Cマーケティングに最も重要なのは変化に迅速に対応できるツールを利用することです。

しかし、データの中にはインサイトに優れているモノや相関性の推測を表すだけのモノもあるのでマーケターは、データを関連性のあるモノ、少し関連性のあるモノ、関連性がないモノを見分けることが重要です。

どこに因果関係があり、どこが偶然なのかを理解し、言語化する必要があります。

B2CとB2Bの違い

B2Cは、Business to Customer

B2Bは、Business to Businessになります。

商品購入者が消費者か企業かという違いです。

B2Cの企業は、

・Amazon

・楽天

・セブンイレブン

・イオン

・イトーヨーカドー

・JR

・JTB

・ANA

などになります。

B2Cは消費者の生活に根ざしている商品を多く扱っているのでテレビCMや広告を積極的に行っています。

ターゲットが幅広く、B2Bと比べても継続的な取引が行われることが少ないので他者との差別化が重要になります。

認知を向上させることとブランディングがB2Cには鍵になります。

B2Cは「固定価格」の商品が多く、ほとんどの商品の価格が変動しません。

B2Cの企業は、

・三菱電機

・TOTO

・キャノン

・キーエンス

・村田製作所

・島津製作所

・東レ

・パナソニック

などになります。

B2Bは、法人や事業者を対象とした商材を取り扱っています。

B2Cと違い、テレビCMや広告をあまり行っていません。

そのため、企業の名前を聞いたことはあってもどのような事業を行っているかなどのイメージが掴みづらいと思います。

B2Cとは違い、対象が法人や事業者なので取引額が高額で長期的な契約を交わすことが一般的なので収益が安定し、高い技術力を持っている企業が多いです。

B2Bは「変動価格」です。案件によって見積価格を算出するなどの価格がその時々に変動します。

B2B2Cとは

B2B2Cとは「Business to Business to Customer」の略で企業が消費者に商品を届ける手助けをする企業のことを指します。

仲介・斡旋業者や流通・宅配業者などさまざまな業種がB2B2CでB2Cと言われている企業の中にもB2B2Cに当てはまる企業は多くあります。

B2B2Cの企業は

・楽天

・アマゾン

・ZOZO

・クロネコヤマト

・不動産会社

などになります。

商品を売りたい企業と商品を買いたい消費者の仲介を行うプラットフォームを提供する事業モデルで企業や法人、消費者も顧客になります。

そのため、法人や企業のニーズも消費者のニーズも探る必要があります。

C2Cとは

B2C、B2B、B2B2C以外にも最近ではC2Cというのがあります。

これは、「Customer to Customer」で消費者が消費者に売るというい取引形態です。

C2Cの企業は、

・メルカリ

・ヤフオク

・Airbnb

・Uber Eats

・クラウドワークス

・buyma

などがこれに当たります。

O2Oとは

O2Oとは、「Online to Ofline」でwebサイトやアプリから実店舗へ消費者を誘導をするマーケティング施策です。

アプリ画面を掲示することで商品10%OFFなどの施策がO2Oになります。

 

Web業界10年以上の知見を持って、無料にてご相談へ対応いたします。
情報収集目的でも歓迎です。お気軽にご連絡ください。

  • 人材育成領域

    人材育成領域

    サイト流入
    2.3倍
    (6,843セッション→16,001セッション)
    反響
    2.1倍(12→25件)
    上位表示キーワード例
    「人材育成(検索Vol.8,100)」
  • 婚活領域

    婚活領域

    サイト流入
    2.1倍
    (52,945セッション→110,164セッション)
    反響
    1.3倍(412→536件)
    上位表示キーワード例
    「婚活(検索Vol.40,500)」
  • 日常用品領域

    日常用品領域

    サイト流入
    3.3倍
    (31,874セッション→105,514セッション)
    反響
    3.4倍(84→293件)
    上位表示キーワード例
    「お水(検索Vol.4,400)」

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

LIGブログに掲載されました