SEO対策のこと、どの会社に相談していいか分からない。業界事情をまずは把握したい。具体的な見積もりがほしい。お気軽にご連絡ください。連絡は無料相談・お問い合わせよりどうぞ。Web業界10年以上のキャリアを持つメンバーが対応いたします。

ドリルダウンとは

ドリルダウンとは、収集したデータのレベルを1つずつ掘り下げていき、集計項目を詳細にしていく作業のことです。

具体的には、

日付:年→月→日

組織:事業部→部→課

商品:大分類→中分類→小分類

地理:国→都道府県→市区町村

このような形になります。

業種や業態を問わずよく使用されている項目で集計したデータを階層レベルを徐々に下げていき、集計項目を参照し、分析を行っていくので集計結果の中でもより詳細な分析を行うことができるメリットがあります。

ドリルダウン分析の注意点

ドリルダウンは、項目を掘り下げていき、データの分析を行っていく手法です。

そのため、的外れな視点でこの手法を使ってしまうことで要らないデータだけが手に入るという無駄な時間を過ごしてしまう可能性があります。

期間別のデータが欲しいのに地域別のデータをドリルダウンをしても欲しいデータは手に入りません。

そのため、分析を行う時には地域で分析を行うのか店舗で分析を行うのかまたは、期間や製品などで分析を行うのかなどどの視点でドリルダウンを行うのかを分析を行う前に明確にしておく必要があります。

ドリルダウンの活用方法

ドリルダウンは多次元データ分析の手法のうちにデータ集計の階層レベルを下げていくことで集計項目を参照し、分析する手法です。

掘り下げるという意味で使用されることが多く、データ分析の過程での集計結果の回レベルのデータ内容を確認してより詳細な分析を行う際に用いられることが多いです。

具体的には、プログラム開発を行う際に不具合の多い理由を分析するために不具合発生部位、担当者、不具合の原因などから発生理由や対策方法を検討する場合に活用されることが多いです。

この手法は、紙で行うことは非常に困難ですがシステムを使用することで分析の難易度がぐっと下がります。

そのため、コンピューターの普及がドリルダウン手法での分析をしやすくしたともいえます。

ドリルダウンとドリルアップとの違い

ドリルダウンと反対の言葉にドリルアップというモノがあります。

ドリルダウンがデータの範囲を徐々に狭めていくものに対してドリルアップでは、データの範囲を徐々に広げていく分析手法です。

ドリルダウンとドリルアップを組み合わせることでデータ集計範囲を変化させていく手法のことをドリリングと言います。

ドリルダウンもドリルアップもどちらも強みはありますが必要なデータに合わせた分析方法が重要になります。

ドリルスルーという言葉もあります。

ドリルアップ、ドリルダウンは反対の意味を持っている言葉ですがドリルスルーは全くの別物になります。

ドリルダウンはwebサイトにも使用されている

webサイトにもドリルダウンが使用されています。

主にスマホ向けのwebサイトで使用されており、グローバルナビゲーションの項目をタップすることでさらに項目が開くメニューにはドリルダウンが使用されています。

このメニューをドリルダウンメニューと言います。

ドリルダウン分析と同じように大分類から中分類と下位レベルを表示するのに使用されていますがPC向けのwebサイトで使用されることはほとんどありません。

PC向けのwebサイトで使用されるのはドロップダウンメニューが多く、タイトル部分をクリックやホバーした際に下に垂れ下がるメニューが使用されることが多いです。

 

Web業界10年以上の知見を持って、無料にてご相談へ対応いたします。
情報収集目的でも歓迎です。お気軽にご連絡ください。

  • 人材育成領域

    人材育成領域

    サイト流入
    2.3倍
    (6,843セッション→16,001セッション)
    反響
    2.1倍(12→25件)
    上位表示キーワード例
    「人材育成(検索Vol.8,100)」
  • 婚活領域

    婚活領域

    サイト流入
    2.1倍
    (52,945セッション→110,164セッション)
    反響
    1.3倍(412→536件)
    上位表示キーワード例
    「婚活(検索Vol.40,500)」
  • 日常用品領域

    日常用品領域

    サイト流入
    3.3倍
    (31,874セッション→105,514セッション)
    反響
    3.4倍(84→293件)
    上位表示キーワード例
    「お水(検索Vol.4,400)」

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

LIGブログに掲載されました