コラム

SEOを成功に導くための基本【成功するためのコンテンツも紹介】

2022.8.6
  • # SEO対策・基礎知識
SEOを成功に導くための基本【成功するためのコンテンツも紹介】

SEOにおける成功

SEOにおける成功とは、対策したWebサイトの目的を最大限に達成した状態です。
とはいえSEOの考え方を誤解し、検索サイトの表示順位を上げることやアクセス数をアップすることを考えているかもしれません。
結果的にそうなるサイトもありますが、それだけがSEOの目的ではありません。
まずは誤解されることの多いSEOとは何か、またSEOで成功するとはどのような状態なのかについて紹介します。

SEOの言葉の意味

今の時代、インターネット活用してビジネスするなら、自社のWebサイトへのSEOは常識と考えてください。
そしてこのSEOとは、英語のSearch Engine Optimizationの略で検索エンジン最適化と訳されます。
SEOが最適化のターゲットとしている検索エンジンとは、Googleに代表されるWebサイトを検索する際に使われるシステムのことで、自動的にインターネット内を検索して回り、該当するサイトに順位を付けて紹介します。
そして、検索エンジンから高評価される書き方がSEOです。
なお検索エンジンは1994年から利用されていますが、SEOが登場したのは1995年頃とされています。
このようにSEOはかなり以前から使われている技術であり、Webの進化とともに発展してきました。

SEOへの誤解

先ほど紹介したようにSEOが登場してかなり経つことから、これまでにSEOで成功した会社はたくさんあります。
しかし、それはSEOによる効果だけが原因ではありません。商品やサービスの魅力が高さから、それを紹介したWebサイトが人気となったことで成功したケースがほとんどです。
インターネットでは新しいサイトを開設しても、誰も見てくれません。
いろいろな繋がりを通じて新しいサイトが紹介され、それを通じて多くの方が訪問することでアクセス数が増えていきます。
検索エンジンは、そのようなサイト間の繋がりから新しいサイトを見つけて評価し、評価結果が高ければ検索エンジンが上位にランクする訳です。
このようにSEOは、そのテクニックを駆使することで、コンテンツに関係なくWebサイトを上位に表示できる訳ではありません。
多くの人に訪問して欲しければ、知ってもらうための対策も必要です。
そのうえで適切なSEOが適用されていれば、検索エンジンがそれを評価し、満足度の高いコンテンツであればあるほど検索の上位に表示されます。

SEOで成功するには

先ほど紹介したとおりSEOを適用して成功した状態とは、対策しているWebサイトのコンテンツがそれを探している人にとって満足できる内容だと感じられることです。
先ほど説明したようにSEOとはWebサイトに何か細工を施し検索エンジンの評価を上げさせ、検索結果の上位に表示することではありません。
とはいえ、既にインターネットでビジネスしている多くの企業が自社のWebサイトにSEOを適用し、実績を挙げています。
そのような企業と競うには、同程度のSEOを適用しなければ差が大きくなるばかりです。
Webサイトの評価を下げないために、検索エンジンの情報収集で使われるクローラーへの対策を実施してください。
さらに今の検索エンジンは、コンテンツの質を評価する機能を利用しており、その結果を検索の順位に反映しています。
ライバルに負けないよな高い品質のコンテンツを作成したり、公開済のコンテンツの改善も重要です。
つまりSEOで成功するには、次の2つの対策が必要です。
・検索エンジンの情報収集で使われるクローラーへの対策
・品の高いコンテンツの作成、および既にあるのコンテンツの改修

クローラへの対策が成功への第一歩

先ほど紹介したようにSEOによる対策の1つは、検索エンジンの情報収集で使われるクローラーへの対策です。
そして、この対策を実施するには、SEOのターゲットとなるクローラーの仕組みを理解しなければなりません。
次からSEOを成功させるための第一歩とも言えるクローラーへの対策について解説します。

そもそもクローラーとは

今回紹介するクローラーとは、自動的にインターネット上にあるWebサイトを探しまわり、訪問したコンテンツを収集する仕組みを指す言葉です。
なおこのクローラーは、自動的に検索するためロボット、またはボットと呼ばれることもあります。
さらにクローラーとは英語のcrawler、つまり爬虫類などのように這って動く動物をさす言葉です。
まるで蜘蛛の巣のようなWebサイトの繋がりを徘徊する這う生き物のようなもの、ということからクローラと呼ばれます。

クローラーの動き方

このようにクローラーは常時インターネット内を動きまわってWebサイトをチェックしています。
しかし、Webサイトを公開したらすぐに検索エンジンのクローラーが訪れて、コンテンツを収集してくれる訳ではありません。
そしてこのような孤立しているWebサイトにいくらSEOを対策しても無駄です。
クローラーは別のWebサイトにあるリンクを通じてWebサイトを訪問します。
なお、これは人がWebサイトを訪れるのと同じ動作です。
具体的には、新しいWebサイトのターゲットとなる方がたさくん訪れる複数のWebサイトやサービスにリンクがあれば、それだけ多くの方が訪れる訪問しやすいWebサイトと言えます。
つまり外部に多くのリンクがあるWebサイトは、クローラーにとって訪問しやすいWebサイトであり、同時に人にとっても訪問しやすいWebサイトとして評価されます。
クローラーで評価を高めるためには、外部のリンクの数を増やす努力も合わせて実施してください。

クローラーを意識したサイト造り

検索エンジンが情報収集に使うクローラーにとって都合の良いWebサイトは、それを表示するWebブラウザにとっても負担の少ない良質なWebサイトです。
そのため検索エンジンは、そのようなWebサイトを高く評価します。
具体的には、HTMLの構成が規約通りに正しく記述されている点や、metaタグでWebサイトの要略が記載されているなどです。
なお検索サイトで有名なGoogleでは、クローラー向けにどのように記述するかを紹介した、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドを公開しています。
クローラーを意識したサイトを構築する方法が詳しく書かれているので、SEOに関わる方はぜひチェックしておきましょう。

SEOに成功に導くコンテンツとは

SEOにとって、高い品質のコンテンツの作成と既に公開済のコンテンツの改善も重要なポイントです。
そもそも人がWebサイトを訪問する理由とは、そのWebサイトに公開されているコンテンツによります。
多くの人が利用するコンテンツは、検索エンジンが高く評価するので検索結果の上位にランクされ、さらにアクセス数のアップしていくでしょう。
とはいえ、人気の出るコンテンツを作るのは簡単ではありません。
それでもSEOで評価されやすいコンテンツの特徴があります。そして代表的な特徴は、次の3つです。
・読者が求めているコンテンツを提供する
・満足度の高いコンテンツを提供する
・読みやすいコンテンツを提供する
次から上に紹介したSEOに成功に導くコンテンツの3つの特徴について紹介します。

読者が求めているコンテンツを提供

検索エンジンを利用する人の目的は、インターネットに公開されたコンテンツの中から、自分の調べたい目的を満たしてくれるコンテンツを探すことです。
この目的を満たしてくれるコンテンツを自社のWebサイトで提供でき、それを多くの方が見てくれている状態がSEOでの成功と言えます。
その場合、コンテンツの内容も重要ですが、その内容の要約とも言えるタイトルや見出しが重要です。
さらに前にも紹介したとおり、今の検索エンジンはコンテンツの内容が検索者を満足するか評価しており、その結果を検索結果の順位に反映します。
検索した人の関心を引くタイトルや見出しとコンテンツの内容が違っていたりすると、検索エンジンの評価が下がるので注意してください。

満足度の高いコンテンツの提供

ネットで検索する人にとって、ヒットしたサイトのコンテンツが知りたい内容と一致している場合に満足度が高まります。
そして満足度が高いということは、誰かに紹介するなどしてリンクを増やしてくれる可能性が高い、ということです。
さらに繰り返し訪問してくれたり、紹介されて訪問してくれる方が増えるなど、アクセス数の増加にもつながります。
このようにWebサイトに公開するコンテンツの内容を検索者の意図に合わせることは、利用者の満足度を高めてアクセス数を増やすなど、サイトの目的を達成するSEOの重要な対策の1つです。
既に公開済のコンテンツについても、内容が古くなっている場合などは必要に応じて改修してください。

読みやすいコンテンツを提供する

読みやすいコンテンツとは、何も特別なものではありません。
誤字・脱字が無く、リズム良く読み進められ、調べたいことが解りやすく記述されている、オリジナルなコンテンツのことです。
このよぬな人にとって満足度の低いコンテンツを掲載しているサイトは、検索エンジンの評価が下がります。
なお同じ単語が何度も繰り返し使われていたり、冗長な文章が幾つも挿入されているような文章は、読みにくいと感じるのではないしょうか。
このような読みにくい文章を含むコンテンツを低く評価するので注意してください。
さらに検索エンジンは、コンテンツの構成などもチェックして評価に反映します。
Webサイトのコンテンツとして公開するなら、HTMLのルールに従ったコンテンツを作成してください。

SEOの成功を導く具体的な対策

今の時代、Webサイトは重要なビジネスアイテムです。
Webサイトのアクセス数が売り上げに直結するケースも珍しくありません。
とはいえ、これまで紹介したように、SEOとして何かを設定すれば検索の上位に表示され、劇的にアクセス数が増える、といったことはありません。
とはいえSEOで成功した例はたくさんあります。
次に挙げるのは、そのような例から解るSEOの成功を導く具体的な対策です。
・Webサイトを診断して問題点を対策する
・競合サイトと比較する
・定期的にコンテンツを追加したり見直したりする

Webサイトを診断して問題点を対策する

先ほど、検索エンジンではクローラーがWebサイトの情報を収集して評価し、検索結果の順位に反映していると紹介しました。
そして、HTMLのルールを正しく適用して作られたWebサイトは高く評価されます。
これは人が見る際に使うWebブラウザでも表示に適したWebサイトという理由です。
そのためクローラーに高く評価してもらうためには、Webサイトを診断して問題点を対策しなければなりません。
まずは無料でも使えるHTMLの簡単な文法チェックで問題点を調べてみましょう。
また、費用はかかりますが、SEO専門企業のサービスを利用すれば、Webサイトを診断して問題点を指摘し、それに対する具体的な対策方法も紹介してもらえます。

競合サイトと比較する

SEOで効果の高い方法とは、多くの人が利用したいと思えるオリジナルなコンテンツを用意することです。
とはいえ、そのようなコンテンツの作成は容易ではありません。
むしろほとんどの企業のWebサイトに用意されたコンテンツは、競合他社と同じようなものばかりです。
同じようなコンテンツばかりでは、検索エンジンの評価は上がりません。
そのため、ぜひ競合他社のWebサイトと比較して、自社のWebサイトを評価してください。
競合他社にないコンテンツはより魅力を高め、足りないコンテンツを追加する、といった必要な対策が見えてきます。

定期的にコンテンツを追加したり見直したりする

最初に紹介したようにSEOにおける成功とは、対策したWebサイトの目的を最大限に達成した状態です。
Webサイトは、それを公開することが目的ではありません。
目的に合わせて定期的に新しいコンテンツを追加したり、古いコンテンツの見直しを実施してください。
検索エンジンは、定期的にコンテンツが増えていることは、利用者にとっても有益なサイトと評価してくれます。
また、アクセス数が減っているコンテンツがあれば、利用者にとって有益な情報になるように修正してください。
このような更新も検索エンジンはチェックしています。
なおこのような見直しには、Webサイトのアクセス管理システムが使われます。
もし活用できていないのであれば、Webサイトの運用方法を見直しも検討してください。

成功例をチェックする

SEOを専門に支援するサービスを提供する企業が増えています。
そして、そういった企業のWebサイトでは、SEOの成功事例を紹介しているので、ぜひ、参考にしてください。
下記のリンクはSEOの成功例を紹介したサイトです。

https://seo-best.jp/topics/seo-sp/successful-case/
SEOの成功事例を5つご紹介!具体的な実践方法と成功の秘訣を解説!

https://ayudante.jp/case/seo-consulting/
SEO対策の事例・成功実績一覧

https://www.seohacks.net/blog/9674/
インハウスSEOの成功事例5選!どのような成果が出たかを解説

SEOを成功させるには

SEOの効果を実感できるようになるには、かなり時間がかかります。
対策を始めて1ケ月程度では、目に見えた変化は見られないかもしれません。
しかし、継続して活動し続けることで、検索エンジンの評価が高まり、検索結果の上位に表示されます。
このようにSEOを成功させるにはかなりの期間が必要です。
しかもその間、Webサイトを継続してWebサイト改善したりコンテンツを更新しなければなりません。
そのためSEOを担当する専任者を設定し、SEOに専念させる必要があります。
また、SEOに基づくWebサイトの評価は、高い技術力が必要です。
専任者への教育や、外部のリソースを活用するといった対策なども同時に検討してください。
さらに高い費用をかけてもSEOを徹底させたい場合は、SEO専門企業に相談すると良いでしょう。

無料相談受付中!