検索順位が下がったらどうする?原因とその対策考える

検索順位が下がったらどうする?原因とその対策考える

SEO対策のこと、どの会社に相談していいか分からない。業界事情をまずは把握したい。具体的な見積もりがほしい。お気軽にご連絡ください。連絡は無料相談・お問い合わせよりどうぞ。Web業界10年以上のキャリアを持つメンバーが対応いたします。

検索順位が下がったときの対処法:原因分析と効果的な対策

検索順位が急落した際は、原因の特定と対処が必要です。Google アルゴリズム変更による影響やウェブサイト内部の問題、外部要因が考えられます。これらの原因を分析し、検索エンジン最適化における改善とランキング対策を行うことが望ましいでしょう。

検索順位低下の可能性がある原因

検索順位の低下は様々な要因によって起こりえます。Googleのアルゴリズム変更への遅れた対応、ウェブサイトの技術的な問題、被リンクの品質低下などが原因として挙げられます。これらに効果的に対応するためには、各要因を詳細に分析し、それに基づく対策を練る必要があります。

アルゴリズムの変更への対応

Googleのアルゴリズムは頻繁に更新され、検索ランキングに大きな影響を及ぼします。最新のアルゴリズムに適応できていない場合は検索順位が下がる可能性があります。そのため、アルゴリズムの変更をタイムリーに把握し、その都度セマンティックSEOやリッチスニペットの導入など適切な対策の実施が重要です。

ウェブサイトの問題点

ページスピードの低下、メタデータの不適切な設定、コンテンツの品質不足、またインデックス登録の問題がウェブサイトのユーザーエクスペリエンスを損ない、結果としてランキング低下を招く可能性があります。これらの技術的な問題は、定期的なチェックと迅速な修正が求められます。

外部からのネガティブ要因

ウェブサイトへの外部リンク、特に品質の低いリンクは検索順位に悪影響を及ぼすケースがあります。Googleは品質の低い被リンクを検出し、ペナルティを課すことがあるため、外部リンクの質に注意を払い、悪質なリンクを定期的に監視し対処が必要です。

アルゴリズムの変更に対する理解

アルゴリズムの変更は突然発生し、サイトのSEOに大きな影響を与えるため、これに対する正確な理解と対応が求められます。適切な情報の収集と分析により、変更内容を理解し対策を行いましょう。

検索エンジンのアップデート履歴を調べる

Googleなどの検索エンジンの公式発表や、SEO業界の信頼できる情報源からアップデート履歴を把握することが大切です。アップデートが行われた時期や内容を調査し、自サイトへの影響を検討しましょう。

アルゴリズム変更の影響を分析する

変更後のランキングの動きやトラフィックの変化から、アルゴリズム変更の影響を分析することが重要です。これにより、今後のコンテンツやSEO戦略の調整が可能になります。具体的な方法には、SEOツールの活用や競合分析手法を取り入れることが挙げられます。

ウェブサイト内部の問題と解決策

ウェブサイト内部の問題は検索順位の低下の大きな原因となるため、これらを的確に解消する必要があります。コンテンツの質向上、技術的なSEO問題の解決、ユーザーエクスペリエンスの改善などを通じて、ランキングを回復させましょう。

コンテンツの質の向上

高品質なコンテンツの提供は、検索エンジンにおける評価を高めるために不可欠です。コンテンツはユーザーにとって有益な情報を含み、読みやすさやキーワード密度に配慮することが大切。定期的な更新と、ユーザーインテントへの的確な応答を心がけましょう。

技術的なSEO問題への対処

ウェブサイトの技術的な問題は、検索エンジンによる評価に直接影響を与えます。メタデータの最適化、ページスピードの向上、リダイレクトエラーやカノニカルタグの正しい使用などの技術的な改善が不可欠です。

ユーザーエクスペリエンスの改善

ユーザーエクスペリエンスの重要性は日々高まっています。サイトの利便性、ナビゲーションの使いやすさ、パンくずリストのSEO向上など、ユーザーが快適にサイトを利用できる環境の構築が大切です。

内部リンク戦略の見直し

内部リンクは、ユーザーがサイト内をスムーズに移動するために重要な役割を果たします。最適化された内部リンク戦略は、サイトの情報構造を改善し、検索エンジンによる評価向上に寄与します。

外部リンクの影響とその対応

外部リンクはウェブサイトの検索順位に影響を与える要因の一つです。品質の高い自然なリンクの獲得方法や、悪質なリンクからの保護、ソーシャルメディアを活用した影響力の拡大について説明します。

自然な外部リンクの獲得

高品質なコンテンツを作成し、自然な方法で外部リンクを獲得することが重要です。ユーザーに価値を提供し、共有されやすいコンテンツを制作することで、ドメイン権威のスコアが向上し、検索順位の改善につながります。

悪質なリンクへの対策

低品質やスパムと判断されるリンクは、Googleによってペナルティの対象となることがあります。これを防ぐために、定期的なリンク監視を行い、必要に応じてGoogleのリンク否認ツールを使用して対処します。

ソーシャルメディアの影響力を高める

ソーシャルメディアからの信頼性の高いシグナルは、検索順位向上に貢献する可能性があります。アクティブなソーシャルメディア戦略により、ブランドの認知度が高まり、ウェブサイトへの有質なトラフィック増加を見込むことができます。

SEO対策の効果測定と持続的な改善

SEO対策の効果を測定し、それに基づいて持続的に改善を行うことは、検索順位の維持と向上のために不可欠です。分析ツールを利用してデータに基づく改善を行い、SEOトレンドへの適応を図りましょう。

分析ツールを利用した効果測定

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleなどのツールを使って、ウェブサイトのパフォーマンスを定期的に分析します。このデータを基に、改善策を検討することが、検索順位の回復につながります。

定期的な監視と修正

SEO対策は一度きりではなく継続的なプロセスです。検索環境の変化に合わせて、コンテンツの更新頻度の管理、リダイレクトエラーのチェック、キーワード戦略の見直しを実施します。

SEOトレンドへの適応

SEOの世界は日々進化しているため、最新のトレンドやテクニックを学び、それを自サイトのSEO戦略に取り入れることが重要です。AMP導入効果やスニペット最適化など、新たなSEO技術の導入を検討します。

モバイルファーストの重要性

モバイルデバイスの利用者数増加に伴い、モバイルファーストが重要視されています。モバイルユーザビリティの確保とモバイル対応デザインの最適化により、検索順位向上に貢献します。

モバイルユーザビリティのチェック

モバイルユーザーの利便性を高めるために、サイトのモバイルフレンドリー性を定期的に評価します。タップターゲットの適切なサイズやテキストの可読性に注意し、モバイルデバイスでのアクセスが増えている環境を考慮します。

モバイル対応デザインの最適化

レスポンシブデザインの採用や、ページの読み込み速度を向上させる努力は、モバイルユーザビリティを直接向上させます。また、画像最適化SEOなどによりサイト全体の性能改善を図り、検索エンジンからの評価を高めます。

全体を通しての対策強化:検索順位回復のための継続的努力

検索順位の回復と維持には継続的な努力が不可欠です。原因を特定し、その対策を講じ、更にはSEOトレンドに合わせて常に新しい戦略を練る柔軟なマインドが求められます。CTR改善策やロングテールキーワード戦略といった多角的なアプローチを通じて、持続的にウェブサイトを最適化しましょう。

Web業界10年以上の知見を持って、無料にてご相談へ対応いたします。
情報収集目的でも歓迎です。お気軽にご連絡ください。

  • 人材育成領域

    人材育成領域

    サイト流入
    2.3倍
    (6,843セッション→16,001セッション)
    反響
    2.1倍(12→25件)
    上位表示キーワード例
    「人材育成(検索Vol.8,100)」
  • 婚活領域

    婚活領域

    サイト流入
    2.1倍
    (52,945セッション→110,164セッション)
    反響
    1.3倍(412→536件)
    上位表示キーワード例
    「婚活(検索Vol.40,500)」
  • 日常用品領域

    日常用品領域

    サイト流入
    3.3倍
    (31,874セッション→105,514セッション)
    反響
    3.4倍(84→293件)
    上位表示キーワード例
    「お水(検索Vol.4,400)」

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

LIGブログに掲載されました