SEOの観点からみる効果的なタグクラウドの作成方法と、メリット・デメリット

SEOの観点からみる効果的なタグクラウドの作成方法と、メリット・デメリット

SEO対策のこと、どの会社に相談していいか分からない。業界事情をまずは把握したい。具体的な見積もりがほしい。お気軽にご連絡ください。連絡は無料相談・お問い合わせよりどうぞ。Web業界10年以上のキャリアを持つメンバーが対応いたします。

SEOの観点からみる効果的なタグクラウドの作成方法とそのメリット・デメリット

ウェブサイトやブログを運用していると、SEO対策の一環として「タグクラウド」を設置した経験があるかもしれません。タグクラウドはキーワードを視覚化するツールとして利用されますが、SEOの視点で考えるとどのような効果があるのでしょうか。また、そのメリットとデメリットは何でしょうか。この記事では、タグクラウドの効果的な設置方法と運用、その影響について詳しく解説していきます。

タグクラウドとは

タグクラウドとは、ウェブコンテンツに関連するキーワード(タグ)を一覧表示したものであり、その出現頻度によって表記の大きさが変わる特徴があります。頻繁に出現するほど大きく表示され、訪問者はコンテンツの概要を把握しやすくなります。また、タグクラウドの中に表示されているキーワードをクリックすることで、そのキーワードに該当する記事や情報へとリンクする機能があります。これによって、利用者は自身の興味に沿って情報にアクセスしやすくなります。

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことを言います。ウェブページをGoogleやYahoo!などの検索エンジンに上位表示させるための対策のことを指します。これには、キーワードの選定、メタタグの設定、内部リンクの最適化、外部リンクの集め方など、多くの要素が存在します。ウェブページが検索エンジン上位表示されると、自然な形で多くの来訪者を獲得でき、集客や認知度向上の効果が期待できます。

タグクラウドのSEOへの影響

タグクラウドは一見すると、キーワードを視覚化するだけのツールのように見えますが、SEOにも影響を与えます。まず、タグクラウドにより、ウェブサイト内の各ページ間のリンクが形成され、サイト内の情報が繋がりやすくなります。この結果、訪問者のサイト内行動が活発化し、サイトの評価が上がります。ただし、使い方によってはSEOにマイナス影響を与える場合もあります。その最たる例が、タグの乱用です。一つのページに大量のタグを設定しすぎると、検索エンジンからスパムと判断されてしまう可能性があります。

効果的なタグクラウドの作成方法

では、タグクラウドを設置する際にはどのような点に注意すべきでしょうか。以下にその要点を紹介します。

タグの選択

タグクラウドを作成する際には、まずどのキーワードをタグとするか選択します。この時、そのキーワードがウェブページの内容を反映しているか、また訪問者が関心を持つかどうかという視点が重要です。また、SEO目的であれば検索エンジンで有望な順位を狙えそうなキーワードを選ぶことも大切です。

タグの視覚的表現

タグクラウドの特徴的な点は、キーワードの出現頻度に応じてそのサイズを変える点です。出現頻度が高いほど大きく表示し、多くの訪問者の注意を引くようにします。これによって、訪問者は興味関心を持つキーワードをすぐに見つけることができます。

タグのリンク先設定

タグクラウドのキーワードをクリックすると、そのキーワードに関連する記事や情報へリンクされる仕組みです。このリンク先の設定も重要な要素となります。具体的には、リンク先が関連性の高い記事となるように設定します。この関連性が高ければ高いほど、訪問者はサイト内で滞在しやすくなります。

タグクラウド作成のメリット

それでは、タグクラウド作成のメリットは何か見ていきましょう。

置換経済性向上

タグクラウドにより、訪問者は自分の興味に対応する情報へより簡単にアクセスできます。これによって訪問者の滞在時間が増加し、パーマリンクやアダセンスなどの広告収益を増やすことが可能になります。

ユーザビリティの改善

タグクラウドによって、訪問者がサイト内の情報を容易に見つけ出しやすくなります。これはユーザビリティの一環と言え、訪問者がサイトに対して良い印象を持つことにつながります。

内部リンクの増加

タグクラウドによって、サイト内の各ページ間のリンク数が増えます。これが検索エンジンのクローラーに対して、サイト内の情報が密に連携していると評価され、検索結果にポジティブに影響します。

タグクラウド作成のデメリット

一方で、タグクラウドにもデメリットがあることに注意が必要です。

タグの乱用

前述の通り、一つのページに大量のタグを設定すると、検索エンジンからスパムと判断される可能性があります。そのため、タグの設定は適切な範囲内に抑えることが重要です。

重要なタグの見落とし

タグクラウドに表示されるキーワードは、出現頻度が高いものほど大きく表示されます。その結果、出現頻度が低いもの、つまり、あまり多くの記事がないキーワードは小さく表示され、注意を引きづらい可能性があります。これは情報の提示という観点から見るとデメリットとなる可能性があります。

タグクラウドとSEOの観点から見た最適な運用方法

さて、ここまでタグクラウドの作成方法とそのメリット・デメリットについて解説してきました。では、タグクラウドの最適な運用方法とはどのようなものでしょうか。

タグの適切な選択と表示

タグクラウドを効果的に利用するためには、まずタグの選択と表示が重要です。訪問者が興味を持つ可能性が高いキーワードを選び、それを視覚的にわかりやすく表示します。また、出現頻度が低いキーワードや、記事の数が少ないキーワードなども適度に表示するようにします。

ユーザーと検索エンジンの双方を考慮した運用

次に、タグクラウドの運用にあたっては、ユーザーと検索エンジン、双方を考慮することが重要です。具体的には、ユーザーがサイト内での情報探しを容易にするためと、検索エンジンがサイトの内容を理解しやすくするための対策を両立させることが求められます。

タグクラウド作成の結果と効果予測

最後に、タグクラウド作成の結果とその効果予測について考えてみましょう。

タグクラウド作成によって、サイト内の情報探しを容易にし、訪問者の満足度を向上させることが期待できます。また、SEOの観点から見ても、内部リンクの増加や情報の提示性の向上といった効果が見込まれます。これによって、検索エンジンの評価が上がり、検索結果の表示順位が上がる可能性があります。

とはいえ、タグの選択や表示、リンク先の設定など、適切な設定と運用が求められます。そして、それが重要なタグの見落としやタグの乱用といったデメリットに繋がらないよう注意が必要です。

以上、タグクラウドとSEOについて詳しく解説しました。適切な設置と運用によって、タグクラウドはウェブサイトやブログのユーザビリティ向上に大いに寄与します。また、SEO対策の一環としても有効に活用できます。それぞれのサイトの目的や訪問者の傾向を理解した上で、タグクラウドを最適に設定・運用して、その効果を十分に引き出すことが求められます。

Web業界10年以上の知見を持って、無料にてご相談へ対応いたします。
情報収集目的でも歓迎です。お気軽にご連絡ください。

  • 人材育成領域

    人材育成領域

    サイト流入
    2.3倍
    (6,843セッション→16,001セッション)
    反響
    2.1倍(12→25件)
    上位表示キーワード例
    「人材育成(検索Vol.8,100)」
  • 婚活領域

    婚活領域

    サイト流入
    2.1倍
    (52,945セッション→110,164セッション)
    反響
    1.3倍(412→536件)
    上位表示キーワード例
    「婚活(検索Vol.40,500)」
  • 日常用品領域

    日常用品領域

    サイト流入
    3.3倍
    (31,874セッション→105,514セッション)
    反響
    3.4倍(84→293件)
    上位表示キーワード例
    「お水(検索Vol.4,400)」

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

LIGブログに掲載されました