クロスチャンネルとは?

SEO対策のこと、どの会社に相談していいか分からない。業界事情をまずは把握したい。具体的な見積もりがほしい。お気軽にご連絡ください。連絡は無料相談・お問い合わせよりどうぞ。Web業界10年以上のキャリアを持つメンバーが対応いたします。

クロスチャンネルとは?

クロスチャンネルとは、複数のチャンネルがあり、さらにチャンネル同士で顧客情報や在庫のデータが連携して情報の管理がされていることです。

情報は一元化され、リアルタイムで更新されるので、在庫のあるチャネルへの案内や顧客の購入履歴を蓄積させることができます。

クロスチャンネルを導入することで、一人ひとりのニーズに合った顧客対応ができるようになります。

クロスチャンネルとオムニチャンネル?

クロスチャンネルとオムニチャンネルの違いはなんでしょうか。

クロスチャンネルは、チャンネル同士で在庫等のデータを連携した状態で、情報を一元化させることができます。対して、オムニチャンネルは、ユーザーが複数のチャンネルの間に、隔たりを感じることなく購買できます。

クロスチャンネルでは、データが一元化されただけで、各チャネルでサービス内容も異なっています。オムニチャンネルは全てのチャネル間での横断が可能になり、ひとつのブランドとして消費者に認識しもらえるのです。

簡単に言ってしまえば、オムニチャネルはクロスチャネルをさらに進化させたものといえます。

クロスチャンネルのメリット・デメリットは?

クロスチャンネルのメリット・デメリットを確認しましょう。

  • メリット:販売機会の損失を防ぐことができる、全体最適化もしながら個々のニーズ対応ができる
  • デメリット:時間・コスト・労力がかかる

時間やコストがかかるというデメリットはありますが、すべてのチャンネルの在庫確認ができれば販売促進・機会損失を防ぐことがでます。

Web業界10年以上の知見を持って、無料にてご相談へ対応いたします。
情報収集目的でも歓迎です。お気軽にご連絡ください。

  • 人材育成領域

    人材育成領域

    サイト流入
    2.3倍
    (6,843セッション→16,001セッション)
    反響
    2.1倍(12→25件)
    上位表示キーワード例
    「人材育成(検索Vol.8,100)」
  • 婚活領域

    婚活領域

    サイト流入
    2.1倍
    (52,945セッション→110,164セッション)
    反響
    1.3倍(412→536件)
    上位表示キーワード例
    「婚活(検索Vol.40,500)」
  • 日常用品領域

    日常用品領域

    サイト流入
    3.3倍
    (31,874セッション→105,514セッション)
    反響
    3.4倍(84→293件)
    上位表示キーワード例
    「お水(検索Vol.4,400)」

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

LIGブログに掲載されました