コラム

カクテルパーティー効果とは?

2023.2.8

カクテルパーティー効果とは?

「カクテルパーティー効果」とは、騒がしい状況や多くの人が雑談をしている中でも、自分に関係のあることや興味があるキーワードなどの声を自然と聞き取ることができる現象のことです。

人が多いカクテルパーティーでも自分の名前を呼ぶ声や会話を聞き分けられることからその名がつきました。ときに音声の選択的聴取や選択的注意とも呼ばれます。

カクテルパーティー効果のメカニズムとは?

人間は耳から非常に多くの情報を得ています。しかしながら、聞こえた音をすべて情報として認識すると、脳はその大量の情報を処理できなくなってしまいます。そのため、脳は耳から入ってきた情報に関して、自分にとって必要なのかどうかを判断して選び取り、優先的に処理しているのではないか(そのほかの情報は無視しているのではないか)と考えられています。

こうした脳の働きによって、騒がしい状況下でも、自分にとって必要な声を判断して聞き分けられるのです。

カクテルパーティー効果とカラーバス効果の違いは?

カクテルパーティー効果と似た意味を持つ「カラーバス効果」。このカラーバス効果は、ある一つのことを意識することで、それに関する情報だけが自然と“目に留まりやすくなる”心理効果のことを意味します。

つまり、カクテルパーティー効果が「聴覚からの情報選択」に対して、カラーバス効果は「視覚からの情報選択」を指し、どこから情報を得るかという点に違いがあると言えるでしょう。

カクテルパーティー効果をビジネスで活用する方法は?

 

ターゲットを明確にする

カクテルパーティー効果を活用するためには、相手の名前や興味関心を持つことを伝える必要があります。つまり、聞き手に「自分に関係のある情報だ!」と思ってもらう必要があるのです。そのためには、ターゲットを明確にし、それに適した宣伝、アピールをしなくてはなりません。

例えば、「新社会人になられた皆様へ」「〇〇市にお住いの方限定!」「冬物が入荷しています」「セール中です」など、ターゲットを限定したり、相手が求めるものをアピールしたりすることで意識を向けることができるでしょう。

 

相手が興味を持ってくれそうな単語を使う

前述したことと似ていますが、カクテルパーティー効果を引き出すためにも相手に興味を持ってもらえそうな単語を使うのもポイントです。商品やサービスなど、宣伝したいものに関する単語を大きく表示するなどの工夫が必要です。例えば、働く方を対象にする場合、「キャリアアップ」「転職」「資格」など、そのターゲットとなる人たちが普段から意識していそうな言葉を使うことで、興味をひくことができるでしょう。

 

相手の名前を意識的に呼ぶ

電話やメール、商談など、ビジネス上のコミュニケーションにおいて相手の名前を意識的に呼ぶことで、カクテルパーティー効果を引き出すことができます。名前を呼ぶことで相手は「自分に対して話されている」と感じ、会話の内容をより意識してもらえます。

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

無料相談受付中!