コラム

SEOに強い見出しとは?タグの役割や付ける際の注意点などについて徹底解説!

2022.11.5  2022.11.14
SEOに強い見出しとは?タグの役割や付ける際の注意点などについて徹底解説!

SEOとは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略であり、「検索エンジン最適化」という意味です。

Googleなどの検索エンジンが理解できるように自社のサイトを最適化することをSEOと言います。

検索エンジンから高い評価を得られるように対策することが、SEO対策であり、検索上位に入ることで、より多くのユーザーの目につくようにする事が可能です。

SEO対策をしなければ、Webサイトの内容が認識されづらく、キーワードを検索されても表示されず、誰からも閲覧されない状況になってしまいます。

検索上位を獲得し、より多くのユーザーにサイトを閲覧してもらうことで、売上アップなどにつながるため、SEO対策は必須だと言えます。

SEOは200以上の評価項目があり、明確な対策方法はありませんが、ある程度予測する事ができるため、検索順位なども確認しながら改善していくと良いでしょう。

検索エンジンから評価される仕組み

Googleがサイトの検索順位を決める際には、主に「クローリング・インデックス・ランキング」が関係してきます。

クローリングとは、サイトの評価を決めるGoogleのクローラーが巡回することであり、膨大な情報をクローリングして集めています。

クローラーに評価してもらうためには、サイトを巡回してもらう必要があるため、クローラーが巡回してもらえるようにサイトを整える事が大切です。

インデックスとはクローリングして集められた膨大な量の情報をGoogleサーバー内のデータベースに保存する事です。

自社サイトがデータベースに保存されて、初めてGoogleからサイトの評価をしてもらう事ができます。

ランキングは最終の順位付けの事であり、Google独自のアルゴリズムによって、決められていきます。

その評価基準は、200以上あるとも言われており、全ての評価基準が明言されているわけではないため、完璧なSEO対策をすることは不可能に近いです。

そのため、様々なSEO対策を試行錯誤しながら、サイトを何度も改善することで、上位表示されるようになるでしょう。

SEO対策での見出しタグの役割

SEO対策をする上で見出しタグは重要と言われていますが、どのような役割を持っているのか理解している人は少ないでしょう。

そこで、SEO対策での見出しタグの役割について解説します。

見出しだけで記事の内容が分かるようにする

見出しは基本的に、記事の最初に表示されるように設定されていることが多いため、見出しだけで記事の内容が分かるようにしましょう。

ユーザーが訪問した際に、見出しタグを見ることで、自分が求めている情報があるのか判断することもできるため、見出しは重要です。

見出しタグがなければ、このサイトのどの部分に求めている情報があるのかわからなくなります。

全ての記事を読む人もいますが、基本的に疑問を持って検索した人は、その部分だけの答えを知りたいため、見出しだけで記事の内容が分かるようにすると、ユーザーも閲覧しやすいでしょう。

検索エンジンに適切に内容を伝える

ユーザーだけでなく、検索エンジンに対しても適切に内容を伝えることが大切であるため、見出しを設定するようにしましょう。

見出しタグを設定するということは、内部SEO対策の一つであり、検索順位に影響を及ぼします。

検索エンジンのクローラーは、見出しがないと巡回しづらくなり、サイトに対して適切な評価をすることができず、検索順位が下がってしまうでしょう。

ユーザーに適切に内容を伝える

見出しタグは、内部SEO対策としての役割だけでなく、コンテンツSEO対策としての役割も持っており、設定することでユーザーの理解度を上げることができます。

見出しがないということは、目次がない本を読むのと同じくらいのストレスであるため、それなら他のサイトを見ようとユーザーが離脱してしまいます。

クリック率や滞在時間、読了率、離脱率などは、SEOの評価に関わってくるため、見出しをつけて、ユーザーも見やすいサイトを作成するようにしましょう。

見出しタグを設置する際のルール

見出しタグを設置する際には、ルールがあるため、解説します。

###見出しはhタグを使用する

見出しタグは、h1,h2,h3などのHTMLのてのタグを使用します。

これは検索エンジンが文章構造を理解するために重要であるため、必ず設定するようにしましょう。

見出しタグはh6まで階層があり、コンテンツのテーマやタイトルにあたる大見出し(h1)、目次などにあたる中見出し(h2)、各章のポイントとなる小見出し(h3)などがあります。

hタグは数字順に使用する

hタグは必ず数字順に使用しなければいけないため、数字を飛ばさないように注意しましょう。

h2を使った後にh4を使うことはできず、h2のあとはh3、h3のあとはh4と続いていきます。

しかしながら、同じタグを連続で使うことは禁止ではなく、h2を3回連続使ったとしても問題ありません。

また、h4まで行って次にh2に戻って記事を書くことも禁止ではなく、大きい数字から小さい数字へ行く際に数字を飛ばさなければ良いです。

SEOに強い見出しの作り方

SEOに強い見出しの作り方がいくつかあるため、解説します。

コンテンツの内容を一言でまとめる

見出しはコンテンツの内容を一言でまとめることで、ユーザーが流し読みしていても内容を理解することができます。

また、ユーザーが必要な情報があるのかすぐに判断できるようになるため、見出しタグを設定するようにしましょう。

見出しは本文よりも大きく表示されるため、ユーザーの目にも止まりやすいです。

そのため、見出しがしっかり一言でまとめられているとユーザーがコンテンツの内容を理解できるでしょう。

最初の目次を設定した方がユーザーは使いやすいですし、目次をクリックすることで、その見出しまで飛べる機能があるとよりユーザーが使いやすいです。

わかりやすい言葉を使う

ユーザーの時間を奪わないためにも、少し考えなければいけない難しい言葉を使わないようにしましょう。

ユーザーは情報を早く知りたいという気持ちがあるため、すぐにコンテンツの内容が理解できないと判断した場合は、離脱してしまいます。

サイトの離脱率は、SEOの評価に影響してくるため、できるだけ分かりやすい言葉で見出しを設定するようにしましょう。

適切にキーワードを入れる

タイトルは見出しを入れることが必須ですが、見出しにもタイトルが入っていると良いでしょう。

しかしながら、不自然にキーワードを詰め込んでしまうと、ユーザーが読みにくくなってしまうため、注意が必要です。

キーワードを詰め込みすぎると、Googleからのペナルティの対象になってしまう可能性もあるため、適切にキーワードを入れるようにしましょう。

全ての見出しタグに入れると不自然になってしまうため、h2だけキーワードを入れるなどの対策をすると良いでしょう。

適切にキーワードを入れることも大切ですが、ユーザーのことを考えて見出しを設定するようにしましょう。

ユーザー目線で見出しを設定することによって、自然と適切にキーワードを入れることができているでしょう。

画像よりもテキストにする

見出しは画像の方が情報量が多いため、画像の方が良いと思っている人もいますが、見出しはテキストにするようにしましょう。

なぜなら、ユーザーの使用環境によっては画像が表示されずに、どんな内容なのか理解できなくなってしまうからです。

Googleも「重要なテキストが書かれた画像を見出しに設定するのはやめましょう」と注意喚起しているため、必ず見出しはテキストにしましょう。

見た目のためだけにhタグを使わない

hタグを文字装飾やレイアウト調整のために使うことは望ましくなく、本来の役割と変わってきてしまうため、見出しとして設定したい場合のみ、hタグを使用するようにしましょう。

本来見出しでないはずの部分にhタグを使ってしまうと、検索エンジンのクローラーが文章の構造を理解できなくなってしまいます。

クローラーが文章の構造を理解できないと検索エンジンからの評価が下がってしまう可能性があるため、注意しましょう。

hタグのデザインをcssやhtmlで変える

hタグを設定することによって、文字が大きく目立つようになりますが、さらにcssやHTMLで装飾することでより見やすい見出しにすることができます。

hタグの色やフォントサイズ、下線や背景色などを追加することができるcss・htmlは様々なサイトで紹介されているため、調べて見ましょう。

見出しタグを設置する際の注意点

見出しタグを設置する際にいくつか注意するべき点があるため、解説します。

必要な見出しだけ設置する

見出しタグを設置した際に見出しが多すぎるということがあります。

見出しタグは、コンテンツの区切りを分かりやすく伝えることが目的であるため、無駄に設置する必要はありません。

コンテンツの内容によっては、見出しの数が多くなってしまう可能性があり、見出しの数にも明確な決まりはないため、どれくらい設置すれば良いのか分からなくなる人も多いです。

過度な見出しは、逆にユーザーにとって見づらいため、本当に必要だと思う箇所に見出しを設置するようにしましょう。

長すぎる見出しにしない

見出しは、この見出し内の内容を一言で簡潔に説明することが大切であり、長すぎる見出しは、検索エンジンもユーザーも混乱させてしまいます。

そのため、そのコンテンツに応じた適切な文字数の見出しを設置するようにしましょう。

見出しで全てを説明しなければいけないというわけではなく、本当に一言で良いため、簡潔にまとめるとユーザーも見やすいです。

キーワードを詰め込みすぎない

見出しにキーワードを入れることは良いことですが、キーワードを詰め込みすぎると、違和感がある見出しになってしまいます。

自然に入れることができる箇所にキーワードを入れることが大切であり、不自然になるのであれば、見出しにキーワードを入れる必要はないです。

また、Googleからのペナルティの対象となるため、適度にキーワードを入れるようにしましょう。

見出しタグに関してよくある質問

見出しタグに関して、いくつか疑問を持っている方もいるため、見出しタグに関してよくある質問について解説しました。

h1は1ページに一つ?

h1の使用回数に制限はありませんが、ユーザーが利用することを考えると、何度も使うようなタグではありません。

そのため、コンテンツの内容によって、h1タグが複数回必要なのであれば、使用しても大丈夫です。

しかしながら、h1はそのページ内で最も重要な大見出しであるため、大半のWebサイトでは、1ページに1つ設定しています。

h1とタイトルの違いは?

h1は大見出しを記述するためのタグであり、タイトルはページタイトルを記述するためのタグです。

h1は、Webサイトを閲覧しているユーザーに表示されますが、タイトルは検索結果や外部リンクとしてシェアされた際に表示されます。

ページ全体の内容を簡潔に表すという意味では、役割は同じですが、少し違いがあるため、注意しましょう。

文字数制限はあるの?

hタグは、文字数制限がありませんが、長すぎるとユーザーの利便性を下げてしまうことになるため、結果的にSEOの評価を下げてしまいます。

見出しはできるだけ簡潔にまとめられている方が、ユーザーとしても見やすいため、文字数はできるだけ少なくするようにしましょう。

見出しを改行しても良いの?

見出しを改行してはいけないというルールはありませんが、改行していると見出しが見づらくなってしまいます。

また、スマートフォンやタブレットから閲覧する際には余計に行数が増える可能性もあります。

改行自体は禁止されていないですが、ユーザーにとって見づらくなってしまうため、改行しなくても良いほどの文字数でまとめるようにしましょう。

見出しのフォントサイズを変更しても良いの?

サイトの見栄えをよくするためであったり、ユーザーが見やすいようにするためにフォントサイズを変えることは良いです。

しかしながら、<em><strong>のような他のタグが適している箇所での見出しタグを使用したり、見出しタグのサイズを不規則に変えることはやめておきましょう。

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

無料相談受付中!