SEOの仕事内容や必要なスキルは?【将来性について徹底解説】

SEOの仕事内容や必要なスキルは?【将来性について徹底解説】

SEO対策のこと、どの会社に相談していいか分からない。業界事情をまずは把握したい。具体的な見積もりがほしい。お気軽にご連絡ください。連絡は無料相談・お問い合わせよりどうぞ。Web業界10年以上のキャリアを持つメンバーが対応いたします。

SEOが重要な理由 

何かを買いたいものがあるときや何かを調べるとき、インターネットで検索して情報を得ますよね。検索すると無料とは思えないほど、数多くの優良な情報がWebページから得られます。

なぜ優良な情報が簡単に見つかるかというと、Googleなどの検索エンジンでは、優良なコンテンツほど検索結果が上位に掲載されるようになっているからです。多くの人は、検索上位にあがってきたコンテンツをクリックするため、検索結果で下位にあるコンテンツは存在を知ってもらうことすらできません。インターネット上での検索結果を上位に引き上げることを「SEO」といいます。自社製品を売りたいときや広告を出したいときなど、検索結果の上位にコンテンツがなければ、売上や集客を上げることができないため、個人・企業を問わず、SEOの取組が必要になってきます。

それでは、SEOの仕事内容や必要なスキルについて解説していきます。

SEOの仕事内容

SEOの仕事で目指すゴールは、「インターネットの検索結果で上位に掲載されること」です。先ほども紹介したように、Googleなどの検索エンジンでは、優良なコンテンツほど上位に掲載されるようになっています。SEO担当者は、検索結果で自社コンテンツが上位に掲載されるために、ユーザーの悩みを把握して、解決方法が簡潔に伝わるようにしなければなりません。

SEOの仕事内容について、もう少し、具体的に紹介していきます。

検索ユーザーのニーズ分析

検索ユーザーのニーズ分析とは、キーワードでユーザーが「知りたいこと」「達成したいこと」を指します。検索されたキーワードのニーズは、ツールを使うことにより効果的に調べることができます。

キーワードリサーチツールを使う

キーワードプランナーやラッコキーワードなどのキーワードリサーチツールを使って、検索ユーザーが使っているキーワードからニーズを分析します。実際に検索されているキーワードは何が多いか調べたら、必ず上位コンテンツがどのようなコンテンツを作っているか確認しましょう。上位コンテンツの内容は、ユーザーが求めている情報を掲載できている可能性が高いといえます。全てが正しいわけではありませんので、情報を考えて整理することが必要です。

顕在ニーズと潜在ニーズを洗い出す

顕在ニーズとはキーワードから推測できる表面上のニーズです。キーワードリサーチ分析ツールを使うことによって顕在ニーズを知ることができますが、SEO対策においては、「潜在ニーズ」も知ることが必要不可欠です。SEO担当者は、表面上のみのニーズではなく、なぜそのキーワードが検索されているのかを推測し、潜在ニーズを満たした記事を書くことが求められます。ユーザーの満足度を高めることが、SEO的な評価を上げるポイントです。

対策キーワードの設定

対策キーワードは記事のメインテーマの位置づけで、記事の軸となるキーワードです。キーワードリサーチ分析ツールを使用して選定した対策キーワードを、記事内に含めることで、検索結果画面上で上位に掲載されやすくなります。また、対策キーワードをタイトルや見出しに含めることで、対策キーワードの内容をを取り扱った記事であることをGoogleの検索エンジンに知らせることが可能です。

記事内容の企画立案

Googleが最も大切にしていることは、ユーザーの悩みを解決するコンテンツを提供することです。Googleが公式サイトで公開している方針には、「最も関連性と信頼性の高い情報をお届け」とあります。徹底的にユーザー目線になった方針であることが分かるため、記事内容もユーザーの悩みを解決する情報を記載することが大切です。

記事の目的を明確化する

検索ユーザーのニーズ分析をしたら、記事の目的を達成するためにゴールを明確にします。自社商品を購入することであったり、自社サービスを認知してもらうことが記事の目的であることが多いケースです。作成した記事を読めばユーザーの悩みが解決され、記事の目的は達成されるのか、常にユーザー目線を大切にしましょう。

想定読者の設定

記事の目的が決まれば、誰に向けての記事なのかを設定します。SEO担当者は、ターゲットとペルソナの設定の考え方について理解している必要があります。ターゲットとは、年齢や性別、居住エリアなど属性でセグメントしたグループを指します。一方、ペルソナとは、具体的な職業、年齢、趣味嗜好など詳細に解像度を上げた架空の人物像です。

内部対策・外部対策・コンテンツ対策の各戦略設計と推進指示

内部評価改善・外部評価改善・コンテンツ評価改善の各伸びしろを調査分析し、インパクトのある項目から改善指示を提示していきます。施策設計は描いて終わりではないので、クライアントが実装するにあたって躓くポイントがあれば質疑応答しつつ推進支援に入ります。想定していた仕様とは別の内容で実装されてしまう場合もあるので、その際は施策の反映チェックでキャッチアップした調整事項をクライアントに伝達し軌道修正します。

meta-description(メタディスクリプションタグ)の設定

メタディスクリプションタグとは、Webページの内容を70字〜120字程度で簡潔に説明した文章のことです。検索結果の画面にタイトルと一緒に表示されるため、SEO対策において、重要な役割となっています。パソコン画面では120字程度、スマホでは70字程度で表示されるため、テキストの前半に対策キーワードを含めるようにしましょう。

※meta-descriptionはSEO評価改善には貢献しませんが、クリック率の改善には貢献します。

SEOの仕事に必要なスキル

SEO担当者は、どんなスキルが必要なのでしょうか。また、未経験からSEOの仕事へ転職することは可能なのかについてもまとめました。

プログラミングスキル

SEO担当者は、会社の中で数名配属されていることが多いです。そのため、基本的には自社サイトのホームページの構成を修正できるプログラミングスキルが必要になってきます。規模が大きいサイトの修正の場合、SEO対策をエンジニアと一緒に進めることもありますが、基礎的なHTMLタグやコーディング言語は覚えておかなければ、コミュニケーションをとることが難しいです。会社によって求めているレベルに開きがあるので、募集要項などで必要レベルは確認しておきましょう。

仮説検証ができる

Googleのアルゴリズムは、明確には公表されていないため、SEO施策に確実な正解は存在しません。Googleの検索結果で上位に掲載されているコンテンツは、「情報を網羅しているから、より広い範囲で情報を載せてみよう」「現状の記事だと、ユーザーの悩みの解決方法まで時間がかかるから、結論を先に書いてみよう」といったイメージです。自社コンテンツと上位コンテンツの差が何で生まれているのかの仮説を立てて、検証を繰り返し行うスキルが求められます。

SEOの将来性について

SEOは今後どうなっていくのか。SEOの将来性やSEO業界へ転職する方法を解説しています。ここから先は転職に悩んでいる方やSEO業界へ興味がある方におすすめの内容となっておりますので、ぜひ最後までお読みください。

市場が大きく、求人が多い

新型コロナウィルスの影響により、インターネットを今まで以上に活用する人が増えたことからSEOへの関心は、年々大きくなっています。自社でSEO対策をしていない会社は長期的に外注する必要があるため、SEO業界の案件自体も増加していくことが予想されます。

未経験からSEO業界へ転職できる可能性

未経験でもSEO業界への転職は可能です。SEO業界やWebマーケティング業界全体の需要は高いものの、そもそもの人材が不足しているため、未経験でも募集をしている求人は多くあります。しかしSEO業界へ採用された場合でも、データ分析やコンテンツ作成などのSEO対策の仕事は、ほとんどありません。基本的には、広告代理店やWebマーケティング会社のコンサルタント営業や新規営業などの営業職が多い傾向にあります。

未経験でSEO業界へ転職した場合の年収

完全に未経験でSEO業界へ転職した場合、当然、職種や年齢に影響されることが多いですが、年収は400万円程度になることが多いです。しかし会社によっては、営業職やコンサルタント職でSEOの新規契約を1件とるごとにインセンティブを与えている会社も存在しています。どのような給与形態が一番適しているか、自身のスキルに合わせて選ぶことが大切です。

SEO業界へ転職できる人の特徴

SEO業界に未経験で就業できる人には特徴があります。30歳以下でマーケティング業界や広告業界、営業職の経験をもっている人はSEO業界へ転職がしやすいです。まずSEO業界は人手不足なので、幅広い人がSEO業界へ求人応募できるようになっています。SEOの仕事の考え方であるユーザー目線になってニーズを探し、仮説検証を繰り返すことができる人材が転職活動を有利に進められます。

SEO業界で働くメリット

SEO業界で培った経験やノウハウは市場としても需要が高いです。ユーザー目線での仕事や仮説検証を繰り返す考え方は、応用すればどの企業にも当てはめることができます。SEO業界で学んだことを副業に活用する人や独立に活かす人が多いことも特徴です。通常の会社員であれば、個人の稼ぐ力に直結するとは限らないため、自身のスキルに結びつくSEO業界はメリットが大きいです。

SEO業界が向いている人

・常に学び続ける姿勢がある人

SEO業界が向いている人の特徴は常に学び続ける姿勢がある人です。SEO業界は、Googleのアルゴリズムやアップデートに対応する必要があるため、常に情報収集を行い、知識を得る必要があります。Googleの新しいアップデートが発表された場合、アップデート内容を理解するだけではなく、自社コンテンツに当てはめて対処する必要があります。常に学び続ける姿勢がある人、自ら行動できる人はSEO業界へおすすめです。

・数値分析や地道な作業が得意

SEOで成果をあげるには、日々の自社コンテンツの分析や数値との関わりが必要不可欠です。キーワードリサーチツールを使って、検索順位の確認やアクセス解析などをひとつひとつ調べていくことを毎日行います。SEOでは正解がないため、仮説検証のトライアンドエラーを繰り返し行い、検証結果を分析する地道な作業ができる人が向いています。

SEO業界に転職した先の将来

・SEO会社の社員として高収入を目指す。

SEO業界は、平均的な会社員と比べ、年収が高い傾向にあります。実績を積み重ねることによってプロジェクトリーダーなどの役職を任せてもらえるようになれば、年収600万円以上も狙っていけるため、会社員として働いた先の将来が期待できます。また、「認定SEOコンサルタント」といったSEOの深い知識が得られ、自身のコンサルティング能力を照明する資格もあります。資格取得には養成スクールの受講が必要ですが、SEO協会認定の資格ということもあり、会社員としての価値を上げることができるおすすめの資格です。

・転職して企業内のSEO担当者を目指す。

SEO業界は、平均的な会社員と比べ、年収が高い傾向にあります。実績を積み重ねることによってプロジェクトリーダーなどの役職を任せてもらえるようになれば、年収800万円以上も狙っていけるため、会社員として働いた先の将来が期待できます。また、「認定SEOコンサルタント」といったSEOの深い知識が得られ、自身のコンサルティング能力を照明する資格もあります。資格取得には養成スクールの受講が必要ですが、SEO協会認定の資格ということもあり、会社員としての価値を上げることができるおすすめの資格です。

・副業を始めて稼ぐ

SEO業界で培ったスキルやノウハウを活かして、副業で稼ぐこともできます。近年ではクラウドソーシングサービスが成長してきており、クラウドソーシングサイトに登録し、案件を見つけることができます。場所や時間に縛られないため、会社員の方でも始めやすい環境が整っています。本業の年収が400万程度として、副業でのSEOコンサルティングの月額相場は10-30万。もし月額10万のクライアントを年間契約で支援する形となれば、1クライアントごとに年収が+120万となります。

・独立、フリーランスとして稼ぐ

SEO業界でスキルを身につけたあと、独立し、フリーランスとして活躍する人は多いです。フリーランスとして稼ぐことの最大のメリットは、売上利益が全て自分の収入に直結するということです。会社員は会社の売上利益を社員に分配しますが、個人で働くフリーランスは利益を分配する必要がないため、会社員では届かない年収になることが可能です。

その反面、責任はすべて自分にかかってくることや成果を出せない、依頼をうけるに至らない場合は無収入となるので、ある程度の覚悟も必要です。フリーランスとして稼いでいくメリットとデメリットはありますが、自分の力を試したいということや、今よりも収入を上げたいと考えている方は、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

 

 

Web業界10年以上の知見を持って、無料にてご相談へ対応いたします。
情報収集目的でも歓迎です。お気軽にご連絡ください。

  • 人材育成領域

    人材育成領域

    サイト流入
    2.3倍
    (6,843セッション→16,001セッション)
    反響
    2.1倍(12→25件)
    上位表示キーワード例
    「人材育成(検索Vol.8,100)」
  • 婚活領域

    婚活領域

    サイト流入
    2.1倍
    (52,945セッション→110,164セッション)
    反響
    1.3倍(412→536件)
    上位表示キーワード例
    「婚活(検索Vol.40,500)」
  • 日常用品領域

    日常用品領域

    サイト流入
    3.3倍
    (31,874セッション→105,514セッション)
    反響
    3.4倍(84→293件)
    上位表示キーワード例
    「お水(検索Vol.4,400)」

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

LIGブログに掲載されました