コラム

SEOを学ぶ4つの方法【メリット・デメリットを解説】

2022.12.4
SEOを学ぶ4つの方法【メリット・デメリットを解説】

SEOとはなにか

SEOでは2つのグループと、3つの要因で構成されています。

グループとしては以下の内容になります。

  1. キーワードの選定と評価
  2. SEOの施策の実施の中の3つの要因は以下の内容になります。
  • ページ要因
  • 内部対策
  • 外部対策

以上の内容になります。

それぞれの内容について解説します。

SEOを学ぶのに知っておくべき2つのグループと3つの要因について

2つのグループに関しては次のようになります。

  • キーワード選定

検索エンジンでターゲットに対してどんなキーワードで検索する人を誘導するかを厳選する必要があります。

記事に関連する検索ワードを選定するのだが、ここで大事なのが、そのキーワードを検索する人がどれほどいるのか。

よく検索されているか、ライバルが少ないか、自社商品の販売につながるかなを踏まえて選定の基準になります

選定したキーワードで検索してみて表示されるページ数は、そのキーワードがどれほど使われているのかが重要になるため、判断が難しい所でもあります。

判断材料としてキーワードハンターやGoogle Insights For Searchなどのツールなどを利用し判断をします。

  • SEOの施策と実施

1つ目「内部対策」について

サイトでの順位を上げるために行う内部構造の施策をここでは指します。

検索上位に表示するにはまず、検索エンジンのクローラーが巡回しやすいサイトを構築す るのが大切です。

①HTMLタグを適切に利用する。②サイトマップの作成。③パンくずリストの作成。などが必要になります。

①「HTMLタグを適切に利用する」とはどういうことなのか

HTMLとは「Hyper Text Markup Language」の略で、簡単には、ウェブサイトやメールを適切に表示するための言語となり、「見出し」や「本文」など、コンピューターに指示を出す事ができます。

現在インターネット上で見る事ができるサイトのほとんどがHTMLで作成されています。

②「サイトマップの作成」とはどういうことか

サイトマップとは、サイト全体のページ構成を地図のように一覧で記載しているページのことをいいます。

サイトマップが有るのと無いのとでは大きな差が出ます。

サイトマップを用意しておくことで、読者が目的のページを探しやすくなったり、検索エンジンがサイト内のページを知らせることができるからです。

検索エンジンにサイトの内容が理解されていない場合は下記の内容が当てはまります。

  • サイトの規模が非常に大きい
  • 内部リンクが少なく、また適切にリンクが張られていない
  • 外部リンクが少ない
  • サイトがGoogleニュースに表示されている
  • 他のサイトマップ対応アノテーションを使用している

以上のことが挙げられます。

構成を考えたページを作成しても、検索エンジンに認識されない限りは、検索結果に表示されませんのでご注意ください。

③「パンくずリストの作成」とはどういうことか

パンくずリストとは、ウェブサイトのページ階層をリスト化した、いわゆるナビゲーションのことを指します。

規模が大きければ大きいほど、サイトの階層が深いページになりサイト内のどの位置のページを閲覧しているのか分からなくなるときがあります。

そんな時に、パンくずリストを設置していることにより、読者の現在の階層を直感的に伝えることが可能なのです。

パンくずリストの種類としては3つ分けられており

  • 位置型(主流)
  • 属性型
  • パス型

が存在します。

位置型に関しては

「トップページ>大カテゴリー>小カテゴリー>記事」という構造で現在地を示したものになり、主流で使われています。

属性型として

現在のページにどのような過程でたどり着いたのか示したものになります。

(例)

Aさん:東京都>品川区>1LDK>家賃20万円以内>マンションA

Bさん:東京都>品川駅>徒歩5分以内>マンションA

とあるように、目的地はAさんもBさんも同じですがたどり着くまでの過程に違いが出ています。ですので、属性型ではAさんとBさんとでは表示が異なることになるのです。

2つ目「外部対策」について

自身のサイトに外部からのリンクを集めるための対策になります。

検索エンジンに価値の高いサイトと認識されるためには、外部からどれほどの評価を集められるかも重要とされており、主に「被リンク」の獲得が重要になります。

紹介されやすい記事になるのかを考えて作成する意識を持ちましょう。

SEOを学ぶ中で対策とはなにか

SEOとはSearch Engine Optimizationの略を表しています。意味としては「検索エンジン最適化」を意味します。

具現化の意味として、閲覧者がインターネットで検索する際、1ページ目の上位に表示される事です。2.3ページ目では閲覧者数が減ると同時に記事を完読してもらうことが難しくなります。

いかに見やすく、読みやすくするかがライターの使命でもあるのです。

表示されるしくみについての解説

  • 検索順位が決まるしくみ

順位は、検索エンジンがwebサイトなどへ与える評価によって決定します。

ページ内のコンテンツやリンク構造など、さまざまな要素が分析され評価され表示されるしくみとなっています。

  • Google対策

現在日本の検索サイトといえば、Yahoo!・Googleがメインではないでしょうか。

この2つに対してSEO対策ができていれば大丈夫とも言われています。

ですが、2つのサイトでそれぞれ対策方法が違うわけでもありません。

Yahoo!が使用している検索エンジンはGoogleのものを使っていますのでGoogleだけに着目すれば同時にYahoo!でも対策出来たのと同じ意味合いになるのです。

  • Yahoo!とGoogleのシェアの違いについて

年々割合に変化はしていますが、圧倒的にGoogleが1位となっています。

1位Google 2位Yahoo! 3位bingとなります。

Googleで検索をする人の割合が年々高くなってきている事となっているからです。

Yahoo!では、Yahoo!知恵袋・Yahoo!ショッピングYahoo!ニュースといったYahoo!にしかない拘りのある利点もあります。

SEO対策を身につけるメリットとデメリット

  • デメリット

今までに存在しない新しい商品などを扱うwebサイトの場合、検索されるキーワードも初めは存在しない状態となることです。

新しい商品などが普及すれば、それに伴い検索市場でも期待できます

サイトの規模にもよりますが、施策を行ったページが多ければ検索エンジンがページを認識して順位付けするまでに時間が必要にはなります。

競合サイトの取り組み状況などが順位の変動することも考えられます。

SEO対策することにより性質の特徴を理解して取り組むことが重要です。

  • メリット

検索結果を通じて自社のサービスや商品と接点を持つということです。

読者が商品購入する前に情報収集するのは誰もが行う行動だと思います。

何かしら目的を持って情報収集している読者と接触できることは非常に効率の良い集客方法です。

広告記事では、アクセス数に応じて費用が発生しますが、SEOの場合は、読者のアクセス数に応じて費用が発生することはありません。企業が注力するキーワードで上位表示できれば、膨大な広告予算を投じなくてもアクセス数を得ることができるからです。

よくみなさんが目にされます、検索した1ページ目の上位表示されるのが広告表示になります。広告表示では有料となり、開始日から表示されるというメリットがあります。ですが、費用は膨大にかかり続けるため、SEO対策された記事が魅力の1つでもあるのです。

SEOを学ぶことでユーザーはどう変わる?

読者がどのような行動をするかを考えて記事を執筆する必要があります。読者は、検索を繰り返しながら情報収集や物の購入など、目的が達成できれば検索終了をします。

読者の検索は、1度検索してから後日再度検索することも想定してください。読者が得たい情報のキーワードに検索をかけてることに対して情報をどう得たのか理解し、読者が検索行動に移るきっかけを考えることが重要です。

SEOを学ぶためのおすすめな勉強方法4選を解説

  • インターネットでSEO知識を学ぶ
  • 書籍でSEO知識を学ぶ
  • 自身でサイトを運営する
  • セミナーに参加してSEOを学ぶ

などがあります。それでは、1つ1つ詳細を解説していきます。

  • インターネットでSEO知識を学ぶ

インターネットでは、無料で情報収集できるものが多く、手軽に場所を選ばずできるので手軽に勉強したい方にうってつけな方法です。

さらに、分からない専門用語が出てきても、検索をして情報を得られるので効率よく進められます。

  • 書籍でSEO知識を学ぶ

書籍では、初級者〜上級者向けに幅広く刊行されていますので、自身にあったレベルから選ぶことができます。

さらに、順序立てて解説されていることが多いため、全く知識のない方でもスムーズに学習を進められます。

書籍で注意が必要なのが、古い情報が載っている事もあるため、発売日が新しいものを選ぶことをおすすめします。

  • 自身でサイトを運営する

実際に運営することによって、どのようにSEOを意識すればいいのか、疑問点がはっきりと出てくるため、SEOの知識を効率よく定着させることができます。

  • セミナーに参加してSEO知識を学ぶ

セミナーで実際に活躍されている方々と話す事ができ、常に最新情報や活躍されている方の体験談を聞けるため、より実践向きな情報を入手することができます。

さらに、同じ目的を持った人たちが集まるため、モチベーションアップにもつながることもあります。

セミナーでは、最新情報はもちろんのこと技術解説や初心者向けから幅広く存在しますので、自身のレベルにあったものを選んで参加することをおすすめします。

SEOを学ぶための費用と時間

SEOに限らず、何を学ぶにも費用や時間を費やすことは切っても切れない関係にあります。誰しもがお金や時間に余裕がある訳でもありません。

本業をやりつつ副業として収入を考えてる人や将来の不安から、今現在の若年者にはつらい現実として、老後の年金がなくなるという話しもあります。

副業とは別に、文字を書くことが好きな人や運営を考えている方も、まずは学びから入ります。

そんな方々への1つの学びの内容になればとして解説します。

  • インターネットでSEOの知識を学ぶ場合

費用に関しては一切かかることはありませんが、インターネット環境によっては通信料が発生します。

時間に関しては、基本独学になりますので完全網羅するには年単位でかかる場合がありますのであまりおすすめはしません。

  • 書籍でSEOを学ぶ場合

費用に関しては、1冊あたり1000〜4000円ほどかかりますが、何冊も購入すればさらにかかります。その際は、市区町村に設置されている図書館を利用するのも1つ方法にあります。

時間に関しては、先ほどのインターネットで学ぶのと同様に、独学になりますので年単位でかかる可能性があります。

  • 自身でサイトを運営する場合

費用に関しては、初期費用「0〜20万円」と高額になります。

それとは別に、継続的運営をする場合は、月単位で5万〜50万円ほど発生します。

時間に関しては、記事を委託しますので、スピーディーに情報を得ることはできます。

難点としては、情報を得られてもノウハウが蓄積されにくいのでご注意ください。

  • セミナーに参加してSEO知識を学ぶ場合

費用に関しては、セミナーによってさまざまなのですが20万〜60万円の費用がかかります。

時間に関しても同様に、セミナーによって差が出ますが、3ヵ月〜1年となります。

費用は高額ですが、講師の方々がマンツーマンで課題解決につなげてもらえるので伸びしろははっきりします。

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

無料相談受付中!