コラム

SEO対策とアップデート対策は何故必要か?【方法も解説】

2023.2.2
SEO対策とアップデート対策は何故必要か?【方法も解説】

 

この記事の目次

SEO対策とアップデート対策の必要性

ウェブサイトで検索回数など上位にアップさせるためにSEO対策やアップデート対策が必要になりますのでいろいろな角度から紹介していきます。

 

SEO対策でアクセス数のさらなるアップ

ユーザーがウェブサイトで検索した時、自社で作成した内容が上位に表示していなければアクセス数のアップは望めません。自社のページにアクセス数のさらなるアップを図るためには SEO対策をしっかり行う必要があります。

 

コンテンツSEO対策の目的

コンテンツSEO対策の目的は、作成したコンテンツはウェブサイト内に残り継続的に発信し続けますので、検索数の上位を常に目指すことです。コンテンツSEO対策の目的は企業によりいろいろありますが、一般的な目的はユーザーの知りたいことや関心のあることなどの検索意図を検討しながら良質なコンテンツを継続的に発信する必要があります。

潜在的な見込み客を企業のウェブサイトや商品紹介ページなどへアクセスをうながし、訪問回数や閲覧回数を増やし知名度アップや購入アップを意図する対策が大事です。見込客数を増やすためにはSEOを常に見直しアップデートをしながら検索で新しい内容を紹介し継続して検索してもらう対策が目的となります。

 

SED対策のための準備

SED対策の目的を足すために大事なことはしっかりした事前準備が必要です。そのためには「Google Search Console」「Google Analytics」などの分析ツールを利用し検索エンジンに認識されているか、検索結果にキーワードが表示されているかなど現状を分析ことです。

 

具体的なSEO対策

具体的なSEO対策としてキーワードに狙いとする目的に合う具体的なワードを複数入れて検索させることが必要です。

例えば商品を紹介し購入してもらうのが目的の場合にはキーワードが一つではワードの意味を解説するのが主となりワードのアクセス数は増えますが目的とする自社の商品の紹介や購入まではなかなかたどり着けません。

キーワードを二つ以上にすることでアクセス数は少なくても意味の解説と同時に目的とする商品の紹介や購買意欲を高めることにまで誘導することができます。このようにキーワードの設定には目的とするワードを二つ以上入れることが具体的なSEO対策になります。

 

内部リンクの最適化

検索機能を利用してもページが探しにくいなどの問題を抱えている場合にはSEOの効果が発揮できません。そのようなときには内部リンクを目立つ場所に最新情報などリンクさせ、また検索者に関連性のあるコンテンツが利用しやすいような場所にリンクするなどの最適化を図る必要があります。

 

タイトルタグの工夫

SEO対策としてタイトルタグやh1タグなどがありますが、ウエブページに表示するタイトルタグの工夫が必要です。タイトルタグには内容を想像させる大事な目的があります。

検索者はタイトルタグによる表現で知りたい内容が含まれているか判断します。知りたい内容が含まれていないときには、検索されずに簡単にパスされてしまいますのでタイトルタグはSEO対策として工夫しなければならない大事なタグです。

 

タグによる違い

タグにはタイトルタグやh1タグ、h2タグなどがあり、キーワードで最初に出てくるのがタイトルタグでh1タグやh2タグはタイトルタグから検索され開かれて初めて出てくるタイトルです。

開かれたウエブページで最上位の見出しとして表現されるのがh1タグです。またウェブ上ではh1・h2タイトルが目次のように示されることがあり、表示に求めるキーワードが入っていれば、そのタイトルをすぐ開くことができます。

企業として狙ったところまで開かせるようにするためにタグに魅力的な表現を工夫するとともにタグの違いを理解し使い分けることも必要です。

 

パソコンとスマートフォンのSEO対策の違い

ウェブサイトからの情報収集のための検索は多くの場合、パソコンからではなくスマートフォンからごく自然に行われ、同じタイトルタグを検索しても利用する端末によって表現の見やすさや検索件数に違いが出てきます。

SEOはパソコンやスマートフォンなどの端末に合わせたSEO対策が必要となり、現在の検索利用状況からスマートフォンなどモバイルに十分配慮したSEO対策が必要です。

 

モバイルSEO対策

スマートフォンなどモバイル端末を利用するユーザーを対象にして検索順位を上げたり、ヒットさせるための改善としてパソコンとは違った検索エンジンを最適化させるためのSEO対策が必要です。

 

モバイルSEOアップデートと具体的な対策

モバイルSEOの具体的な対策としてGoogleが発表している機能を上手に利用することです。Googleの主なモバイル用機能を利用した設定方法を3つ紹介します。

 

モバイルサイトの設定

モバイルサイトの設定を行う場合に大事なことは設定するときにSEOにおいて注意すべきことがあります、十分確認しながら的確に進め、正しく検索エンジンに伝えることです。

 

PCとスマートフォンでURLが違うセパレートタイプの設定

URLがセパレートタイプの場合は評価が分散するのを防ぐために設定を変える必要があります。

Googleから統一した評価を受けるためには評価してほしいURLがどれかを検索エンジンに示すために用いるCanonical(カノニカル)タグとPCページをスマートフォン向けに伝えることができるalternate(オルタネートタグ)を利用することにより検索エンジンに適切につながれ統合させることができ評価してもらうことができます。

 

レスポンシブ ウェブ デザインの設定

レスポンシブ ウェブ デザインとはGoogleに推奨されている方法で同じURLで同じHTMLをそれぞれの端末のサイズに合わせて表示させることができます。さらに表示される内容も端末に合わせて変化させることができる設定ができると同時に、同じ内容が重複するURLができるのを防ぐこともできます。

 

スマートフォンのためのSEOアップデート

Googleではスマートフォン利用が増えたことから検索順位を上げるためなどいろいろなアップデートが行われています。主なアップデートの中からここでは、3つ紹介します。

 

モバイルファーストインデックス(WFI)のアップデート

MFIのアップデートにより検索結果がスマートフォンに対応していないPCサイトより、対応されているスマートフォンサイトを重視するように変更され、Googleの評価が検索順位を上位に表示ます。

上位に表示させるためにはフォントの大きさがスマートフォンで読みやすくなっているかの確認やスマートフォンで閲覧できない中味や内容(コンテンツ)になっていないかを確認することが必要です。

 

具体的な確認方法

モバイルでの見え方に違和感がある場合にはモバイルユーザビリティレポートの画面(Google Search Console にあります。)でエラーとして指摘されている内容を、CSSやHTMLの修正など確認することができます。

その他の注意点として画像ファイルやCSSをブロックしないことやコンテンツに再生できないFlashを使わないことです。

 

コアウェブバイタル(Core Web Vital)のアップデート

コアウェブバイタルがアップデートされたことにより画像や動画が読み込まれる時間やWebページのレイアウトに意図しないずれが発生した量、検索者がタップやクリックしたときに応答するまでかかった時間などがGoogleの評価につながり検索順位を上位に表示するのに影響するようになっていますのでしっかりSEO対策することが重要です。

 

モバイルフレンドリーのアップデート

スマートフォンから閲覧しやすくするために表示を最適化したのがモバイルフレンドリーのアップデートです。

モバイルフレンドリーではウェブサイトに保存された情報がスマートフォンの横幅サイズと画面の大きさが合っているか、さらにフォントも適正なサイズを使用しているかまた音楽や画像データを組み合わせたFlashコンテンツが使われていないことなども検索基準として定められています。

これらのことに対応できていればSEOとしての効果が期待できます。

 

モバイルフレンドリーに対応しているか確認方法

モバイルフレンドリーに対応しているか確認方法する方法としてGoogleが提供している「モバイルフレンドリーテスト」があります。

このテストで「このページはモバイルフレンドリーです」と表示されれば、スマートフォンに対応していることになります。「対応していない」と表示された場合には、再度チェックしながら修正する必要があります。

 

SEOはAI技術も導入

SEOには他のサイトと比較して利用者が求める必要な情報が含まれている必要があります。これまではウェブサイトにキーワードを埋め込み構成や表現などを調整していましたが最近ではAi技術も導入されウェブサイトの内容や言葉の意味などを幅広く理解できるようになっていますがそのために求められていることもあります。

 

SEOのAI技術導入で求められること

SEOのAI技術導入ではAI(ロボット)に言葉の意味や表現をしっかり読み込んでもらう必要があります。一見問題のないウェブサイトのように見えても機械的に読み込むAIが読みにくい記述のため判断できない状況がでることがあります。

そうならないようにするためには自社のAI対応としての表現に他社と比較して優れている部分をはっきりさせた表現を入れ込み、内容をAIにも理解させられるようにするためのコンテンツSEOの工夫された表現が必要です。

 

検索で現状把握と応用

主なキーワードからの検索で現状のニーズや自社に関連するキーワードを探し、需要を探りながら同等以上に対応させられるページを作成することも応用として有効です。

また検索エンジンの検索窓やWebページの問合せフォームの入力欄に、キーワードの一部を入力するオートコンプリート機能を利用し自社サイトになかった新たな検索ニーズを探し、新しいコンテンツを作ることで自社サイトにユーザーをうながし検索数を増やすことに応用することができます。

 

検索アルゴリズムのアップデート

特定の文書などに順位をつけ、関連性が高い順番から上位表示させる検索アルゴリズムは、有益な情報をユーザーが快適に目的を果たせるようニーズに合ったページを上位に表示するため常にアップデートしています。

 

検索アルゴリズムアップデートのSEO対策

検索アルゴリズムの中でもコアアップデートは大規模で頻繁に行われています。

SEO対策のポイントとしてはアップデートにより検索順位などが以前から下がった場合などの影響があった時には、キーワードやスピードなど再点検し原因を探し出し素早く改善しなければなりません。

そのためには日常的にモニタリングし高品質なコンテンツを作成し早期改善につなげる必要があります。

 

評価を得るコンテンツ表示

コンテンツで高い評価を得るためには中心となるコンテンツをモバイルファーストインデックスに適用させるため、PC版だけでなくスマートフォンでも表示しておくことで、双方のコンテンツが評価され高い評価を得ることができます。

 

スマートフォンで利便性の工夫

表示の見やすさはPCとスマートフォンでは違いますので、スマートフォンでフォントの大きさやの調整や協調の仕方の工夫などでユーザーにさらに見やすくするなど利便性の工夫をすることです。ユーザーの検索時間を長くすることで検索率の向上につながります。

 

スマートフォンの音声検索に対するSEDの工夫

スマートフォンにはPCと違い便利な音声検索できる機能があります。一般的なSEDの表現はキーワードを含めた文章ですが音声認識機能からの検索件数を増やすためには音声でSEDにヒットしやすくするための工夫が必要です。

その工夫には短い語り言葉にすることやコンテンツ内によくある質問と回答をまとめたFAQタグに対応できるようにすることや音声検索に回答していく形式でヒット数を増やすことができます。

 

FAQタグの設定方法

FAQタグの設定方法はスマートフォンのアプリから、プリクラ(待ち受け画面)にログインし、画面の下にあるマイページをタップし投稿画面から画像をタップします。

次に下方の詳細を見るのタップから上方にある歯車をタップしタグの入力欄を選択し変更とタップし最後に完了をタップして設定が終了です。

 

SEOのビックキーワードとスモールキーワード

検索するキーワードにはメジャーなキーワードや単語一つのビックキーワードと複数の単語を組み合わせたスモールキーワードがあります。

ビックキーワードは検索回数も多い反面ライバル企業のページも多く、通常自社のページにヒットするまでには時間がかかり途中でアウトされてしまうことが多くなります。

それに対し自社の目玉となるキーワードを複数組み合わせたスモールキーワードでは全体的な検索回数が少なくてもライバル企業が少なくなり、自社のページにヒットする可能性がアップし、検索に対しビックキーワード以上の効果が期待され検索上位を得られやすくなりますのでスモールキーワードを上手に利用することです。

 

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

無料相談受付中!