コラム

Web制作未経験の人がWebデザイナーになることはできるの?【必要なスキルをご紹介!】

2022.5.18
  • # Web制作・ホームページ作成
Web制作未経験の人がWebデザイナーになることはできるの?【必要なスキルをご紹介!】

Webデザイナーとは?

Webデザイナーとは、クライアント様から依頼されたWebサイトのデザインを作成する仕事です。
Webサイトは広告宣伝や商品販売、マーケティングなど様々な用途で使用されるため、それぞれの用途に合わせてWebサイトを作成する必要があります。
フリーランスのWebデザイナーであれば、案件を獲得する営業活動から企画までを担当する可能性もあるため、どのような働き方でWebデザイナーをするのかによって必要なスキルは変わってきます。
企業で働いているWebデザイナーは、Webディレクターやプログラマーなどと協力してWebサイトを作成するチーム作業です。
IT関連の仕事は、人とあまり関わらなくても良いと思っている人は多いですが、話し合うことでWebサイトを作り上げるため、他の仕事よりもコミュニケーションが重要になる仕事だといえます。
Webデザイナーはパソコン作業やデザインが好きという人に向いており、デザインセンスがある人の方が向いている仕事です。
しかしながら、デザインは学ぶことによって、センスを磨くことができるため、あまりセンスがないと感じている人でも、Webデザイナーになることができます。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーは、デザイン業務がメインですが、会社によっては以下のような業務があるため、各解説します。

・ヒアリング、企画設計
・ワイヤーフレーム作成
・コーディング
・UI

ヒアリング・企画設計

まずは、クライアント様から希望しているWebサイトの要件をヒアリングして、Webサイトの目的や完成像を思い描きながら企画設計を行います。
新規のWebサイトを作成するのではなく、既存のWebサイトをリニューアルする場合には、既存サイトの使いやすさや問題点などを分析する力も必要です。
また、クライアント様はWebサイト制作のプロではないため、Webサイトの目的やターゲットをあまり理解していない可能性があります。
その場合には、Webサイトの目的や必要な機能などを提案して、明確にしておくようにしましょう。

ワイヤーフレーム作成

企画設計ができると、次にワイヤーフレームを作成する作業に入ります。
ワイヤーフレームとは、Webサイトの骨格となるレイアウトを定めるものであり、Webサイトのヘッダーやフッター、サイドバー、検索ボックスなどの配置を決める設計図のようなものです。
ワイヤーフレームをしっかりと作り込むことによって、高品質のWebサイトを効率よく作成することができます。
また、ワイヤーフレームの時点でクライアント様に了承を得ることで、完成後の不満を減らすことが可能です。

デザイン

ワイヤーフレームが完成すると、詳細なデザインを制作する作業に入ります。
サイト全体のデザインだけでなく、ロゴやバナー、アイコン画像など各パーツのデザイン制作も行います。
サイト全体の配色もこの段階で考えることになるため、あらかじめ考えておくようにしましょう。
デザイン作業では、Adobe社のIllustratorやPhotoshop、Fireworksなどのグラフィックソフトを利用するWebデザイナーが多いです。
1から全てのデザインを制作するのではなく、クライアント様から提供される素材やインターネット上で公開されている写真やイラスト素材をデザインに取り入れることがあります。
クライアント様の要望に応えるためにも、デザインを何パターンか持っていくと良いでしょう。

コーディング

クライアント様からデザインの了承が得られると、実際にコーディング作業を行います。
コーディングとは、グラフィックソフトを使用して作成されたWebデザインを、HTMLやCSSを記述してWeb上に表示できるように変換することです。
HTMLは、Webページにどのような情報を掲載するのか表示・操作できるようにするものであり、「タグ」を使って書いていき、CSSは文字色の変更など装飾する際に使用します。
JavaScriptなどのプログラムを作成することはプログラミングと呼ばれ、コーディングとは、別で考えられることが多いです。
また、コーディングもプログラミングも専門的なスキルが求められるため、Webデザイナーが担当しない場合もあります。
しかしながら、コーディングができるとできないWebデザイナーよりも重宝されるため、覚えておいた方が良いでしょう。

UI設計

UIとは、ユーザー・インターフェース(User Interface)の略であり、ユーザーと製品やサービスとの接点のことを意味します。
WebサイトでのUIは、サイトのデザインや使いやすさのことを指しており、Webデザイナーには、UIを考慮したデザイン作成が必要です。
コーポレートサイト、キャンペーンサイト、ECサイトなど、Webサイトの目的によってUIの策定が異なるため、クライアント様の目的を達成するためのサイトデザインを行う必要があります。

Webデザインについて勉強する方法

Webデザイナーになりたいと考えている人は多いですが、どのようにして勉強すれば良いのかわからない人は多いでしょう。
そこで、Webデザインについて勉強する方法について解説します。

スクール

Webデザインを効率よく学ぶためには、Webデザインのスクールに通うことが一番です。
スクールによって、習得できるまでにかかる期間は様々ですが、独学よりも短期間で習得することができます。
また、スクールにかかる金額などもそれぞれであるため、予算や学習期間に合わせてスクールを選ぶようにしましょう。
また、転職を考えている方は転職サポートがあるWebデザインスクールに通うと、転職しやすくなります。
Webデザインのプロから指導してもらえるため、現場で必要なスキルを身につけることができ、途中で挫折することも少ないです。
最近では、完全オンラインのスクールが増えてきており、忙しくて通うことが難しいという方でも、学びやすくなっています。

独学

もう一つのWebデザインについて勉強する方法は、独学です。
ネット上にWebデザインに関する情報が数多くあるため、ネット上や書籍などを活用することによって独学で学ぶことができます。
しかしながら、独学で学ぶことは難しく、挫折率も高いため、強い意思がある人でないと難しいでしょう。
独学で重要なことは、目標と期限を定めて、正しい手順で学習することであり、実践をこなすことが重要になってきます。
実践をしていく上でわからない部分を調べるという方法が効率よく学ぶことができるでしょう。
独学で一番難しいことはモチベーションを維持することであり、一人だとサボっても誰にも注意されることがないため、サボってしまいがちです。
最近では、Webデザイナーのコミュニティなどがあるため、活用することで、同じ志を持った仲間を作るとモチベーションを維持しやすいでしょう。

未経験からWebデザイナーとして働く方法

Webデザイナーは比較的自由に働くことができる職業であるため、正社員や派遣社員、フリーランス、副業など、あなたに合った働き方を選択することができます。
そこで、未経験からWebデザイナーとして働く方法について解説します。

正社員としてWebデザイナーになる

会社に雇用され、正社員として働くWebデザイナーは最も、安定した収入を得ることができる働き方です。
フルタイムを義務付けている会社もありますが、交渉次第では、フレックス制や在宅で仕事を行うこともできます。
未経験でも、Webデザイナーとして雇用してもらえるのか疑問に感じている人は多いですが、未経験でも就職することは可能です。
しかしながら、面接の際にポートフォリオや制作実績を求められる場合が多いため、未経験であれば、不利にはなります。
Webデザイナーになりたいのであれば、最低限の勉強をしてポートフォリオや制作実績をしっかり準備していきましょう。

派遣社員としてWebデザイナーになる

Webデザイナーは、正社員として働いている人だけでなく、派遣社員として働いている人も多いです。
正社員と比較すると少し収入が不安定ですが、自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。
また、未経験のWebデザイナーは、正社員ではなく、派遣としても方が採用率が高く、派遣社員でキャリアを積んでから正社員を目指す人も多いです。
しかしながら、派遣社員でも、ポートフォリオは必要になるため、ポートフォリオはしっかりと作り込むようにしましょう。

フリーランスとしてWebデザイナーになる

Webデザイナーの中には、どこにも所属せず、フリーランスWebデザイナーとして働いている人も多いです。
今回紹介する働き方の中では最も自由度が高く、フリーランスという働き方に憧れてWebデザイナーを目指す人もいます。
好きな時間に好きな場所で働くことができ、一見楽そうな働き方ですが、責任が大きいため、最初の方は会社で働いている頃よりも大変なことも多いです。
また、確定申告を自分で行う必要があるなど、正社員として働いている頃には気にする必要がなかったことにも気をつける必要があります。
しかしながら、確定申告を自分で行うということは、経費で落とすことができるようになるため、節税がしやすいです。
フリーランスには、メリット・デメリットがあるため、理解した上で、働き方を選ぶようにしましょう。

Webデザイナーとして副業で稼ぐ

いきなり本業としてWebデザイナーになることに不安を感じている人は、副業として稼ぐという方法もあります。
本業をしながら、Webデザイナーとして働くため、安定した収入を得ることが可能です。
Webデザイナーとしての経験を積むことで、本業を辞めてWebデザイナーとして生活する人もいます。
Web業界は在宅で作業できることが多く、Webデザイナーも在宅で作業することが可能です。
Web業界の中でも、Webデザインの需要が高いため、スキルがあれば、副業でも十分に稼ぐことができます。
副業を始めるということは、家に帰ってからも作業する必要があり、大変ですが、頑張るしかありません。
クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトには、未経験の方でも応募することができる案件があるため、副業として始める方はクラウドソーシングサイトに登録するようにしましょう。

Webデザイナーの年収

Webデザイナーの平均年収は363万円であり、最も多い年収帯は、300〜400万円です。
年収は少し低めですが、Webデザイナーは比較的新しい職種であり、20〜30代が多いため、少し平均年収が低くなっています。
Webデザイナーの年代別平均年収は以下の通りとなっています。
・20代:327万円
・30代:388万円
・40代:431万円
・50代:414万円

雇用形態別での平均年収は以下の通りとなっています。
・正社:437万円
・派遣社員:時給1,800円
・アルバイト:時給1,001円

地域別での平均年収は以下の通りとなっています。
・関東:397万円
・東海:388万円
・関西:379万円
・北海道、東北:377万円
・九州:350万円
・中国:339万円
・四国:338万円

年収を上げる方法

Webデザイナーの年収は年代や雇用形態、地域などによって異なりますが、それ以上に個人のスキルが重要です。
Webデザイナーは増えてきているため、デザイン以外の様々な知識、技術を持っている人が重宝されるようになってきています。
Webデザイナーには、デザインだけでなくSEO対策やコーディング力、Webマーケティングの知識も求められるため、学んでおきましょう。
また、使えるソフトウェアを増やしたり、新たなプログラミング言語を学んだりすることも収入アップに繋がります。
Webデザイナーとして働いて、様々な知識を身につけることで、アートディレクターやWebディレクターにキャリアチェンジして年収をアップさせている人もいます。

無料相談受付中!