コラム

Web制作スキルを身につけるためのロードマップをご紹介!【稼ぐための方法もご紹介】

2022.5.18
  • # Web制作・ホームページ作成
Web制作スキルを身につけるためのロードマップをご紹介!【稼ぐための方法もご紹介】

Web制作とは

Web制作とは、企業ホームページ、通販サイト、ブログなどのWebサイトの新規制作やリニューアル、コンテンツ追加などを行う仕事です。
具体的な業務内容は、プロジェクトや求人によって異なり、テンプレート化されているデザインをもとにコーディングを行うケースや企画やマーケティングから携わるケースなどがあります。
Web制作は一般的に以下のような流れで行われます。
・コンサルティングフェーズ:ヒアリング、要件定義、リサーチ、プランニングなど
・実装フェーズ:サイト設計、デザイン、開発、テストなど
・運用フェーズ:コンテンツ更新、システム保守など
・評価フェーズ:アンケート分析、アクセス解析など

Web制作に必要なスキル

Web制作は、企画や統括はディレクター、デザインはWebデザイナー、開発はエンジニアなど、それぞれの分野に特化した人を集めて共同で作業を進めていきます。
そのため、Web制作といっても、Web制作のどのフェーズに関わるのかによって必要なスキルが違うということを理解しておきましょう。。
実装フェーズに関わりたいのであれば、HTML/CSS以外にも、JavaScriptやjQueryなどのスキルも身につける必要があります。
フリーランスや副業でWeb制作を行う場合には、全ての作業を行う必要があるため、様々なスキルを身につけるようにしましょう。

Web制作に必要なスキルを身につけるまでの時間

Web制作を独学で学ぼうと考えている人は、学習の目標をどこに設定するのかによって変わってきますが、スクールに通うよりも時間がかかってしまいます。
個人でブログを作りたい、趣味でホームページを作成したいという方であれば、3ヶ月程度勉強することで、ある程度やりたいことはできるでしょう。
しかしながら、身につけたスキルを活かして副業やフリーランスなどで稼ぎたいと考えている人は1年ほどの学習期間が必要になるでしょう。
社会人として働いている人か大学生かなどで、1日に取れる学習時間は変わってくるため、1年以上かかる人もいれば、1年以内に稼ぐことができるようになる人もいます。
出来るだけ早く習得して稼げるようになりたいと考えている人は、スクールで学んだ方が良いでしょう。
スクールでは、実践で役立つスキルを学ぶことができ、分からない部分をすぐに質問することができるため、挫折率も低くなります。

Web制作の学習を始めるための準備

Web制作はパソコンがあれば気軽に学習を始めることができますが、よりスムーズに学習を始めるためには、他にも準備することがあります。
そこで、Web制作の学習を始めるための準備について解説します。

必要なもの

Web制作を始める際に必要なものは以下の通りです。
・パソコン
・エディタ
・タイピングスキル
・プログラミングに関する基礎知識
・インターネット環境
プログラムはどこに書いても良いというわけでなく、専用のエディタが必要になるため、あらかじめダウンロードしておくようにしましょう。
エディタは基本的にプログラムが書ければ良いため、有名なエディタであれば、何でも良いでしょう。

目標設定

Web制作やプログラミングは、学べば誰でもできるようになりますが、簡単に習得できるものでもないため、挫折する人が多いです。
せっかく学ぶのであれば、習得する方が良いため、目標設定をして挫折しないようにしましょう。
以下のような目標設定を行うことで、挫折率を下げることができます。
・Web制作を学ぶ目的
・どれくらいの期間で習得するのか
・Web制作を学ぶことで、どれほどの収入を目指しているのか
これらの目標設定を行う際に、重要なことが現実味のある目標設定を行うことです。
キツすぎる目標設定は、挫折の原因にもなるため、ある程度調べて、現実味のある目標設定を行うようにしましょう。

Web制作の学習ロードマップ

独学でWeb制作を学習する際のロードマップは以下の通りです。
・Webサイトの仕組みを理解する
・HTML/CSSの基礎を学ぶ
・JavaScriptを学ぶ
・jQueryを学ぶ
・アウトプットする
・WordPressを学ぶ
正しい手順で学習することによって、効率よく学ぶことができるため、Web制作の学習ロードマップについて解説します。

Webサイトの仕組みを理解する

まずは、Webサイトの仕組みを理解しなければ、Webサイトを制作することはできないため、Webサイトの仕組みを理解するようにしましょう。
ホームページがどのようにして成り立っているのか、インターネットはなぜ繋がるのか、Webサイトが表示されている裏でどのような処理が行われているのか理解する必要があります。
しかしながら、詳しく知る必要はないため、少し学習してある程度理解できると次のステップへ進むようにしましょう。

HTML/CSSの基礎を学ぶ

Webサイトの仕組みを理解することができると、様々な専門用語も理解することができるため、ネット上に書いている文章などをスムーズに理解することができます。
そのため、Webサイトの仕組みを理解することができれば、Webサイトを構築している技術について学んでいきましょう。
まず、必要になるスキルがHTMLとCSSであり、Webサイトの見た目を構築することができるマークアップ言語です。
HTML/CSSは、参考書などの文章で学ぶこともできますが、実際に見た方がかなり分かりやすいため、オンライン教材で学習するようにしましょう。

JavaScriptを学ぶ

HTML/CSSについて学ぶことができると、次にJavaScriptというプログラミング言語を学ぶようにしましょう。
JavaScriptは、Webサイトに動きをつけることができるため、さらに使いやすいホームページを作成することができます。
Webサイトでカーソルを合わせると文字の色が変わったりする機能はJavaScriptによるものです。
JavaScriptもオンライン教材で学ぶことで、効率よく学ぶことができます。

jQueryを学ぶ

JavaScriptを習得することができたら、次にjQueryを学ぶようにしましょう。
jQueryは、JavaScriptでできることをより簡単に行うために作られたプログラミング言語です。
jQueryを習得することで、より簡単にWebサイトに動きをつけることができます。
JavaScriptを学ばずに、jQueryだけ学べば良いのではないかと思う人も多いですが、JavaScriptの方が表現の幅は広いため、JavaScriptを学んでからjQueryを学ぶのがおすすめです。
JavaScriptを習得したのであれば、jQueryはあまり難しいと感じることはないでしょう。

アウトプットする

一通り学習することができれば、実際にWebサイトを作成し、身につけた知識をアウトプットするようにしましょう。
学んでいると理解しているつもりになってしまいますが、実際にアウトプットしてみると分からないことが多いです。
実践を通じて分からない部分を調べて、理解することによって、徐々に実践に必要なスキルを学ぶことができます。
まずは、無料のテンプレートをアレンジするなどの簡単な作業から取り掛かるようにしましょう。
慣れてくると、こんなホームページを作成したいというイメージを実現させるための練習を行い、全てオリジナルで作成できるようになると、案件を受注しても問題ないでしょう。
まだ、Web制作を完璧にできないという人でも、簡単な案件を受注して自分を追い込む人もいます。

WordPressを学ぶ

副業やフリーランスとしてWeb制作を行うのであれば、WordPressについて学ぶことが重要です。
WordPressとは、オープンソースのブログソフトウェアであり、世界のホームページの3割がワードプレスで作成されています。
そのため、クラウドソーシングサイトで案件を確認してみると、WordPressを使った案件が多数あります。
WordPressを使うことができないと、案件の3割が受注できなくなるため、WordPressの知識を身に付けることは重要です。
WordPressは、ドットインストールなどで学ぶことができるため、学習するようにしておきましょう。

副業・フリーランスとして稼ぐための方法

Web制作のスキルがあったとしても、お金を稼ぐことができるというわけではありません。
副業・フリーランスとしてkセグための方法は以下の通りです。
・ポートフォリオを作成する
・クラウドソーシングサイトを活用する
・エンジニア向けの求人サイトを活用する
・スクールに通う
これらの稼ぐための方法について解説します。

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオとは、デザイナーやエンジニアにとっての履歴書のようなものであり、ポートフォリオを通じて、自分のスキルや実績をアピールすることができます。
ポートフォリオは自分の名刺代わりになるため、以下の点に注意しながら作成するようにしましょう。
・印象付けできるトップ画面にする
・信頼してもらうためにプロフィールを詳細に書く
・スキルや実績はできるだけ具体的に書く
・サービスの詳細と料金
・得意分野や仕事への思いを書く
・問い合わせや窓口

クラウドソーシングサイトを活用する

知人や知り合いから案件をもらうという方法もありますが、そのようなコネがない人が大半だと思います。
その場合は、クラウドソーシングサイトを活用することがおすすめです。
有名なクラウドソーシングサイトには、クラウドワークスとランサーズがあります。
案件数も多いため、手当たり次第に応募することで、実績を積むことが可能ですが、利用者が多いため、落ちるということが基本になります。
案件が取れないことは仕方ないため、あきらめるのではなく、取れるまで頑張ってみましょう。
実績を積むことによって案件を受注しやすくなるため、最初は大変ですが、後からは比較的楽に案件を受注することができます。

エンジニア向けの求人サイトを活用する

IT系の職種・業務に特化した求人サイトを通じて、仕事を受注するという方法もあり、以下のようなサービスがあります。
・レバテックフリーランス
・アットエンジニア
・フォスターフリーランス
・Workship
・Midworks
・ポテパンフリーランス
これらのサービスを活用することで、効率よく案件を受注することができます。

スクールに通う

独学でも十分に学ぶことができますが、Web制作のみで生活するために必要なスキルはスクールに通った方が学ぶことができます。
副業であれば問題ありませんが、転職を考えている人は、スクールに通って実践的なスキルを身につけるようにしましょう。
スクールの中には専門のカウンセラーによる独立サポートや転職サポートが受けられることもあるため、初心者で転職を目指している人におすすめです。

知り合いから案件をもらう

周りの知り合いに、ホームページを作ってみないか聞いてみることも手段の一つです。
しかしながら、金銭のやりとりが発生するため、関係が悪化してしまう可能性があります。
本気で欲しいと思っている人に依頼しなければ、話が進まないため、知り合いとは言っても、依頼する人は見極めるようにしましょう。

Twitterから案件をもらう

最近では、Twitterから案件をもらうということもあり、Twitterの投稿をポートフォリオとして活用することもあります。
意外にTwitterから案件を受注している人は多いため、まずはTwitterのアカウントを作成して日々の努力を投稿しても良いでしょう。
Twitterで「コーダー募集」と検索してみると、多数のツイートがあるため、自分を売り込むという方法もあります。
様々な媒体を活用することで、案件の受注率を上げることができるため、様々な媒体を有効活用するようにしましょう。

無料相談受付中!