コラム

WEB制作で制作代行を利用するメリット!選ぶポイントも解説

2022.7.27
  • # Web制作・ホームページ作成
WEB制作で制作代行を利用するメリット!選ぶポイントも解説

WEB制作がもたらす5つの効果

企業や小売業にとってホームページ(HP)の開設は必要不可欠ですが、個人でもWEBサイトを起ち上げるケースが増えています。

WEB制作は独学でも学べますが、動きのある魅力的なサイトを作成するには専門的な知識と技術が必要です。

WEB制作では代行を利用するのがおすすめですが、その前にWEBサイトの立ち上げによる効果について知っておいてください。

①情報の発信ができる

企業や小売業には取引先や顧客へ伝えたい自社(自店)情報があります。

事業ポリシーや運営ビジョン、キャンペーンやサービスのお知らせ、商品情報や販売メニューなど様々です。

WEBサイト(HP)を制作すればこれらの情報をかんたんに発信でき、情報を知りたい人へダイレクトに伝えられます。

個人でWEBサイトを立ち上げる場合も同様で、自分の趣味や主張などオリジナルな情報を発信できます。

WEB制作での最も大きな効果は、情報発信によって不特定多数の人々と情報が共有できることです。

②売上げアップにつながる

小売業や飲食業などは人気のあるインターネット市場でWEBサイトを公開すれば、売上げや集客の獲得につながります。

地方で人気だった商品が、WEBサイトの情報発信によって全国的に知られることになり、売上げが急上昇した例は数えきれません。

③新規の顧客が増える

顧客を増やすためには、積極的なパブリシティが必要です。従来のやり方では訪問営業して宣材や資料を見せながら説明しなければなりません。

WEBサイトを立ち上げれば、積極的な営業をしなくてもお客さんの方から検索してサイトを閲覧してくれます。

しかも不特定多数の人々が閲覧してくれるので、潜在顧客や見込顧客などが新規の顧客になってくれる可能性が高くなります。

シェアの拡大もWEB制作の大きな効果のひとつです。

④時と場所を選ばす営業できる

WEBサイトはインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも見ることができます。企業や小売業にとって、24時間365日営業活動を行っているのと同じことです。

今はスマホやタブレットなど携帯できるデバイスが普及しており、いつでもどこでも必要な時にすぐにWEBサイトをチェックできます。この利便性が及ぼす営業効果は計り知れません。

⑤信用度が上がる

WEBサイト(HP)のある企業とない企業とで差が出るのは、信用度です。

HPで丁寧な情報発信をして、常にお客さんが必要とする情報を提供していれば企業イメージや信用度が上がります。

魅力的なWEBサイトを立ち上げれば、それが企業の顔にも、商店の看板にもなり得るのです。

Web制作代行を利用する5つのメリット

WEB制作の効果を上げるためには、サイトの作り方が重要です。

個人サイトなら独学で制作するのもありですが、企業や小売業などのWEBサイト(HP)は会社のイメージにもなり商店の看板にもなります。

会社や商店の顔になるような魅力的なWEBサイトの制作は、Web制作代行サービスの利用がおすすめです。

Web制作代行を利用するメリットについて説明します。

①競合する他社との差別化が図れる

WEB制作の制作代行業者は豊富な実績があります。様々な企業や小売業のサイト(HP)を手掛けているので、競合する他社や商店とは異なるコンセプトでの構築が可能です。

似たようなホームページではインパクトがありませんが、実績豊富な制作代行業者なら競合他社とは差別化したWEBサイトを実現できます。

②魅力あるWEBサイト(HP)が持てる

制作代行業者にはWEB制作の専門的なノウハウがあるので、難しい注文や要望にも対応できます。

会社や商店の顔となる魅力的なWEBサイト(HP)が持てるのは、事業者にとって大きなメリットです。

③SEO対策ができる

WEB制作で重要なのはSEO対策です。人々が情報を求めて検索したとき、検索結果の下位に甘んじるようでは効果がありません。

実績豊富な制作代行業者ならSEO対策を重視したWEB制作ができ、検索結果の上位表示が可能です。

SEO対策によってユーザー数の増加、売上げの増加が期待できます。

④コストを削減できる

社内でWEB制作するには専門のスタッフが必要です。いない場合は新たに雇用することになります。

制作代行を利用すれば社内スタッフは不要で、新たな雇用も必要ありません。もちろん費用がかかりますが、長期的にみればコスト削減につながります。

⑤本来の業務に集中できる

社内スタッフが兼業でWEB制作をする場合のデメリットは、本来の業務に支障が出て作業効率が低下することです。

制作代行を利用すれば兼業のデメリットはなくなり、スタッフは本来の業務に集中できるので作業効率が上がります。

Web制作代行を利用する3つのデメリット

デメリットについても触れておきます。

①費用がかかる

制作を依頼するWEBサイトの内容にもよりますが、制作代行を利用すると費用がかかります。

魅力的なサイトができれば費用対効果で長期的なコスト削減につながりますが、依頼する時点でのコストは仕方ありません。

②業者まかせになる

自社でWEB制作をする場合は社員の関心が高くなりますが、制作代行利用時には他人まかせになってWEBサイトへの関心が薄れることもあります。

③WEB制作のノウハウが蓄積できない

自社でWEB制作をすれば試行錯誤しながらノウハウの蓄積ができます。

ノウハウがあれば独自のオリジナリティあふれるWEBサイト(HP)を制作できますが、制作代行を利用すればノウハウの蓄積ができません。

Web制作代行業者を選ぶ5つのポイント

初めてWEB制作を依頼する場合、数ある制作代行業者の中から選ぶときのポイントについて説明します。

①実績を重視する

今は独学でWEB制作ができる時代です。本などの教材やWEBの動画、オンラインスクールなどで学んだだけで仕事を請け負う業者もいないとは限りません。

WEB制作を依頼するなら、やはり実績の多い制作代行業者を選んでください。

どのように実績を判断するかのポイントは、過去に作成したWEBサイトの実例を見せてもらうことです。

実例が多ければ多いほど、依頼するWEBサイトのイメージが見えてきます。

とくに大事なのは自社(自店)と同じ業種のサイトを見ることで、それによって適切な制作代行業者かどうかの見極めができます。

②自社への専門知識がある

いくら実績が多くても、自社(自店)に関する知識が不足している業者は避けてください。

WEB制作の制作代行業者は乱立しており、競争激化の現状です。依頼主の業種に関する知識があってもなくても請け負う業者はたくさんあります。

見極めのポイントは、やはり自社(自店)と同じ業種のWEBサイトを見せてもらうことです。

過去に作成したサイトを見れば、専門知識があるかどうかわかります。

③経験豊富なスタッフがいる

WEB制作を依頼するときは、事前に打ち合わせをします。そのときに制作代行側スタッフの経験や実力がわかります。

見極めるポイントは、こちらの希望をしっかり相手に伝えることです。不可能と思われる要望も遠慮せずにぶつけてください。

経験や実力が不足しているスタッフは安請け合いしがちです。経験豊富なスタッフほど無理なものは無理とはっきり主張し、なぜ無理なのか理由を教えてくれます。

また、いろいろ質問することもポイントです。答え方や理解のさせ方で優秀なスタッフかどうかわかります。

④課題と戦略を提案できる

単に依頼されたWEBサイト(HP)を制作して納品するだけでなく、事前に依頼主が抱える課題をしっかり分析・把握する業者かどうかが大事です。

課題が明確になれば、それをカバーする戦略を立てた上でWEBサイトを制作できます。

また、同じ市場に競合相手がいるか、いる場合はどうすれば競合相手に勝てるのか、などの戦略も必要です。もちろんSEO対策も戦略に含まれます。

戦略のないWEB制作では集客や売上げアップになかなかつながりません。

制作代行業者を選ぶポイントは、課題と戦略をきちんと分析して提案できるかどうかです。

⑤料金体系がわかりやすい

業者によってはアバウトな費用で営業するところがありますが、きちんと見積もり書を提示するところを選んでください。

依頼する側はなるべくコストを抑えたいのが一般的ですから、それを見越していくつかの価格帯でプランを提示する業者なら安心です。

例えば30万、50万、70万といった価格帯が用意されていれば、それぞれの料金の違いについて説明するはずです。

写真が少ないのか、動画が入るのか、デザインが特殊なのかなど、WEB制作の内容が明確になるメリットがあります。

WEB制作を案件獲得につなげる6つのポイント

制作代行業者にWEBサイト(HP)の制作を依頼したからといって、必ずしも集客や売上げがアップするとは限りません。

すでに説明したように集客や売上げアップにはSEO対策が必須です。それ以外にも重要なポイントがあるので説明します。

制作代行業者にWEB制作を依頼するときは、次の6つのポイントを検討してみてください。

①WEB制作の目的とターゲットを明確にする

WEBサイト(HP)を起ち上げる目的が曖昧だと、サイト上にどのような機能を付けたらよいかわからなくなります。

会社や商店の紹介なのか、取り扱う商品の宣伝なのか、資料請求や問合せなのか、最初に目的を設定するのがポイントです。それによって必要な機能が決まってきます。

また具体的なターゲットを決めないと、サイトのキャッチコピーやデザインなども曖昧になりがちです。ターゲットを惹きつけるWEB制作が集客や売上げにつながります。

②SNSと連動させる

WEBサイトを集客につなげる機能のひとつにSNSがあります。スマホやタブレットなど携帯できるデバイスであらゆる情報をキャッチし、発信するのが現代の人々です。

Twitter、Facebook、Instsgramなど拡散力のあるSNS媒体と連動させることにより、サイトのアクセス数を伸ばすことができます。

③リスティング広告を使う

リスティング広告とはWEBページの上部に表示される広告のことです。検索結果の上部に表示されるので、ユーザーの目に留まりやすいという効果があります。

WEBサイトを立ち上げたばかりのときはアクセスが集まりにくいので、リスティング広告を使うと短期間でアクセス数を増やせます。

リスティング広告は基本的にユーザーがクリックしたときに費用が発生するので、表示されただけでは費用がかからない点がメリットです。

費用をかけないで効率的に宣伝ができます。

④アフィリエイトを導入する

アフィリエイトは、自分のサイトやブログを運営しているユーザーに自社のサイトや商品などの広告を掲載してもらいます。

広告を見た人のクリックや購買ごとに報酬を支払うシステムです。

WEB制作に取り入れたい機能のひとつで、商品が売れるだけでなくホームページの拡散にもつながります。

⑤定期的に更新する

人気のあるWEBサイトは常に新しい情報が掲載され、新しいコンテンツが追加され、ユーザーが求める内容に更新されています。

ホームページは作ったまま放置しておくとユーザーが離れていくので、適度な更新が必要です。

その時々のユーザーのニーズに合わせて改善してください。

⑥アクセス解析をする

ホームページを更新するときに基本となるのがアクセス解析です。どのくらいの人がどのページを訪問したか、地域や時期によって訪問者数にどのような変化があるかなどを分析します。

どのようにホームページを更新すればいいかわからない場合、サイトの改善点を見つけ出せるのがアクセス解析です。

解析結果を手掛かりに対策や改善を行えば、SEO対策にもなって検索エンジンで上位に表示されるようになります。

アクセス解析におすすめのツールが、Googleアナリティクスです。Googleが提供するサービスで、無料で利用できます。

ユーザーの訪問数だけでなく、ひとりあたり滞在時間、新規訪問率までわかり、さらに訪問者の性別や年代まで絞り込みが可能です。

無料相談受付中!