コラム

WEB制作初心者にクラウドソーシングサイトをおすすめする理由・メリット・デメリットを解説

2022.8.7
  • # Web制作・ホームページ作成
WEB制作初心者にクラウドソーシングサイトをおすすめする理由・メリット・デメリットを解説

WEB制作って何?

それでは、WEB制作の基礎知識について説明していきます。

ホームページやサイトを制作する仕事

WEB制作はホームページやサイトを制作する仕事です。WEB制作を行う人は「正社員」「フリーランス」「副業」の大きく3種類に分けることができます。
個人的なサイトや小規模なサイトは全てを1人で請け負うことができますが、一般的なプロジェクトではある程度の分担作業が必須になります。
分業をすることが多いため単発の案件も多く、初心者としてはとても始めやすい分野だと考えられます。
WEB制作の主な分担としては、「WEBディレクター」「WEBデザイナー」「WEBエンジニア」「WEBライター」の4つが基本的です。

WEBディレクターはサイトの企画や進行管理、クライアントの対応などが主な仕事です。

WEBデザイナーはデザインだけでなく画像やアニメーション制作も行います。

WEBエンジニアはシステム開発と運用が主な仕事です。

WEBライターはコンテンツ執筆を行います。

自分の得意な仕事や興味のある分野を選びましょう。

副業としても人気が高い

コロナが流行って外出が制限される現在では、自宅で行うことができるWEB制作の仕事は副業としても人気が高くなってきています。
よく広告やネットの記事で「誰でもできる」と言うキャッチコピーを見るかと思います。
確かに、資格などが不必要であるため初心者でも稼ぎやすいとは思います。
ですが、WEB制作で稼ぐにはスキルと実績が不可欠であるため、初心者の場合は最初の数か月は下積みに費やします。
経験を積めば積むほどスキルが上がるため、それに伴って受注できる仕事の幅も多くなります。
特に、「WEBデザイナー」と「WEBライター」は専門的な知識が少なくても仕事が務まるため、未経験でも始めやすいと言われています。
そして、このような仕事を受注する手段として代表的なものがクラウドソーシングサイトの活用です。

クラウドソーシングサイトって?

クラウドソーシングサイトは初心者でもWEB制作に携わる仕事を受注することができます。
クラウドソーシングサイトについて詳しく説明します。

仕事の発注と受注のマッチングサービス

クラウドソーシングサイトはインターネット上で仕事を発注したい人と仕事を受注したい人を繋げることができるサービスです。
特に、代表的なクラウドソーシングサイトである「ランサーズ」と「クラウドワークス」は仕事の発注数が業界最大規模であり、自分に合う案件を簡単に受注することができます。
基本的にクラウドソーシングサイトはWEB制作に関する仕事が多くあります。
ですが、WEBライターやシステムエンジニアなどカテゴリーで分けられているため、自分が稼ぎたい分野をあらかじめ決めておくことをおすすめします。

比較的簡単に始められる

クラウドソーシングサイトは案件が多数存在しているため、中には比較的簡単に行うことができる仕事もあります。
そのため、初心者でも簡単に始めて仕事を受注することができます。
クラウドソーシングサイトを通して実績を積んで、後に継続的な案件を取るkとを目指しましょう。

副業としても稼げる

クラウドソーシングサイトを上手く活用することで副業として稼ぐことができます。
実際に副業として月に20万円を稼ぐ人もいます。
時間がとりにくい人やばらつきがある人は自分の都合に合わせて稼ぐことができるため近年副業探しとしての需要が高まっています。
仕事の中には週に10時間程度の仕事を継続的に行えるものもあり、仕事の種類は様々です。
自分の仕事に取れる時間を把握してそれに合わせて仕事を受注しましょう。

クラウドソーシングサイトを使うメリット

今までの記事を読んで、これからWEB制作の副業を始めたいと考えている人もいるでしょう。
そこで、これからはクラウドソーシングサイトのメリットをいくつか紹介します。

技術力を高める

クラウドソーシングサイトは様々な難易度の仕事で溢れています。
そのため、自分のスキルに合う仕事を選ぶことができます。
時にはあえて難しい仕事を受注して、調べたりして時間をかけながら行うことによって自分の技術力は向上します。
時と場合によって受注する仕事を選び、クラウドソーシングサイトを活用して効率よく技術力を高めましょう。
技術が高くなればそれに伴って報酬金額も多くなります。
学んで稼いでを繰り返すことで安定的な収入を得ることができるようになります。

実績を詰める

上記にも記載したように、クラウドソーシングサイトは初心者でも受注できる案件が多数存在します。
初心者の方はこのような案件を多くこなすことでスキルが身につくだけでなく実績を積むことができます。
仕事を発注する人の多くはこの実績を重視しています。
そのため、中級以上の仕事を受注するためには実績が不可欠です。
まずは初心者用の案件を多くこなして実績を積んでから単価の高い案件に応募しましょう。

簡単に始めれる

これがもっとも大きなメリットだと思われます。
初心者はまずどのように知識とスキルをつければいいかが分かりません。
ですが、そんな右も左も分からない初心者の方でもクラウドソーシングサイトはすぐに且つ簡単に始めることができます。
WEB制作に関する初心者用セミナーやオンライン講習などが多数存在しますが、その多くは座学で実践的に学べるものは少ないです。
そこで、クラウドソーシングサイトを利用することにより初心者でも多くの経験を積むことができます。
クラウドソーシングサイトの登録は無料でプロフィールを入力するだけですぐに始められます。
どこで仕事を受注しようか迷っている方はクラウドソーシングサイトに一度登録することをおすすめします。

クラウドソーシングサイトを使うデメリット

たくさんのメリットがあるクラウドソーシングサイトですがもちろんデメリットも存在します。

そこで、クラウドソーシングサイトのデメリットをいくつか紹介します。

競合が多い

クラウドソーシングサイトは誰でも簡単に始めることができるため、その分多くの人が利用しています。
そのため、近年仕事を受注したい人が増えて飽和状態が続いています。
このように競合が多いため、仕事を1つ受注するのにも一苦労です。
一つの案件に10人からの応募があるため、いざ自分が仕事を行える確率は低いです。
クラウドソーシングサイトにも寄りますが、基本的に案件の応募は複数を一度にできます。
最初は仕事を1つ受注するのに10もの応募以上必要になることが多いです。
最初はひたすら応募して仕事を受注しましょう。

単価が低い案件が多い

クラウドソーシングサイトは仕事の発注も誰でも観点にすることができます。
クラウドソーシングサイトのシステムは仕事を発注する人と受注する人を繋げるだけでなく、契約の仲介も担ってくれます。
そのため、報酬が払われないなどのトラブルは少ないですが、そもそもの報酬が少なすぎる案件が多いです。
基本的に初心者でも記事のライティングの仕事は文字単価0.5〜1円程度はあります。
ですが、クラウドソーシングサイトには文字単価0.1円などの案件も多く存在します。
仮に実績を積めるとしてもあまりにも低いので報酬は微量です。
これではモチベーションを保つことも難しいです。
仕事を選ぶときに単価を気にしすぎるのはあまり良くはないですが、あまりにも低い案件は応募せずに無視することをおすすめします。

怪しい案件が多い

上記にも記載したように、クラウドソーシングサイトは仕事を発注する側も簡単に利用できます。
そのため、怪しい案件も多数存在します。
特に、初心者は怪しい案件と普通の案件を見極める力がついていないため、初心者を狙った案件が多いです。
怪しいと言ってもいろんな危険があり、中にはセミナーに誘導されて30万円近く払わされるものもあります。
ですが、怪しい案件にはある程度の傾向があるため、それさえ分かれば見分けることができます。
その傾向を下に示します。

・単価が低すぎる
・返信が遅い
・違う仕事に誘導される
・仮払いが遅い

仕事を受注するときはこれらを意識しましょう。

クラウドソーシングサイトを使ってWEB制作を行う手順

それでは、クラウドソーシングサイトを使って実際にWEB制作を行う手順を解説します。

クラウドソーシングに登録する

まずはクラウドソーシングサイトの登録を行います。
登録は無料で行うことができます。
クラウドソーシングサイトのおすすめは先ほども言ったように「ランサーズ」と「クラウドワークス」です。
これらは案件の数が多くて仕事の選択肢が広いです。
また、登録後は本人確認と振込先登録を行いましょう。
本人確認を行わなくても基本情報だけ入力していれば仕事を受注することができますが、受注できる確率が大きく違います。
また、振込先登録は報酬を貰うために必ず必要なのであらかじめ登録しておくことをおすすめします。

ポートフォリオを作成する

クラウドソーシングサイトの登録ができたら、仕事の受注の前にポートフォリオを作ります。
ポートフォリオは簡単に言えば自己紹介のようなものです。
本来であればポートフォリオに実績などを記載しますが、初心者はないと思われるので自分の経歴や始めた理由と今後の意気込みなどを記載しましょう。
ポートフォリオに「初心者です」などといったことはマイナスのイメージなので、記載しないように気を付けましょう。
また、仕事したら実績としてポートフォリオに記入して日々更新をしましょう。
しかし、中には口外禁止などの案件も多数存在するので、ポートフォリオに記入する前に必ずクライアントに確認を行いましょう。

仕事の応募を始める

ポートフォリオの作成が終われば、仕事の応募を始めていきましょう。
クラウドソーシングサイトをうまく活用すれば初心者でもたくさんの仕事から選ぶことができます。
仕事はカテゴリー分けされているので、自分の行いたい仕事のカテゴリーから検索したら簡単に仕事を見つけることができます。
もちろん、応募したからと言って発注者が受諾しなければ仕事を貰うことはできません。
そのため、仕事の応募時には自己紹介や自己PR、ポートフォリオなどを添えて送りましょう。
中には、指定された自己紹介のテンプレを応募時に希望する仕事もあるので、必ず見逃さずにそれに従って応募しましょう。
基本的に単価の低すぎる仕事への応募は避けましょう。
また、上記に記載した怪しい案件の傾向に該当する仕事は避けましょう。
応募を続けることで仕事を受注できると思います。

継続的に仕事を受注する

仕事を安定して受注するためには、あるクライアントから継続して複数の仕事を受注する必要があります。
これは、WEB制作で稼いでいる人のほとんどが現在進行形でしていることで、必須です。
特定のクライアントから継続的に仕事を受注することは難しくはないです。
そもそも、仕事を探すときに「継続あり」などと書かれた仕事を目にするかと思います。
これは、仕事の出来が良ければ今後も継続的に案件を獲得できることを示します。
また、このような案件にはテストライティングが付き物です。
テストライティングは一般的な案件より単価が安いです。
ですが、テストライティングをしっかりとこなし、クライアントに気に入ってもらえることができればそれ以降は継続的に案件を獲得できるようになります。
また、テストライティングで報酬が支払われない仕事も存在します。
このような仕事も怪しい仕事の傾向に該当するため、注意しておきましょう。
実際、テストライティングと称して安価で仕事を発注して誰一人として継続的に発注しないクライアントも存在します。
継続的に仕事を受注するためには多少の運も必要となるため、慎重に判断しましょう。

無料相談受付中!