コラム

サブスクリプション型WEB制作の魅力について徹底解説!【おすすめの制作会社5選を紹介!】

2022.8.7
  • # Web制作・ホームページ作成
サブスクリプション型WEB制作の魅力について徹底解説!【おすすめの制作会社5選を紹介!】

サブスクリプション型WEB制作とは

月額など定額料金を支払うことでWEB制作を行ってくれるサービスをサブスクリプション型WEB制作サービスといいます。

WEBサイトの作成方法

ホームページを作成する方法は2種類あります。
・自分で作る
・制作会社やフリーランスに依頼する

ホームページを自分で作る際には、
・ドメインの取得
・CMSやHTML、CSSの自作
する必要があります。

ドメインの取得などはあまり時間がかかりませんがHTMLやCSSを自作するには初めてだとかなり時間がかかってしまいます。
最近では、「ペライチ」などのノーコードホームページ制作ツールも登場しています。
このツールでは、さまざまなテンプレートからホームページ作成を行うことができ、全て自分で作成するよりも時間を短縮することができます。

しかし、完全な初心者はこのツールを使ってもホームページ制作は難しいです。
次に制作会社やフリーランスに依頼する方法です。
自作で作成するよりも速くホームページ制作を行うことができます。
クラウドワークスなどを利用することで比較的安価でホームページ制作を行うことができます。

出来上がったホームページが自分のイメージと違ったりすると追加修正で費用が発生することもあるので他者に依頼するときにはまとまった予算が必要になります。
多額の費用を投資し、自分のイメージ通りのWEBサイトが出来上がっても問い合わせが来ないことも多いです。

サブスク型WEB制作の魅力

サブスク型WEB制作の魅力は、費用を抑えることができ、運用なども行ってくれるところです。
従来型では、WEBサイトを作成するためにはまとまった費用が必要でさらに管理費で月額に料金が発生していました。

しかし、サブスク型WEB制作では、従来型と比較しても安価で初期費用無料という所もあります。
最近では、いいデザインのテンプレートも増えてきています。
デザインだけでなく、SEOや運用に必要な要素のほとんどが実装されているのでビジネスをこれから始めようや始めたばかりで初期費用を抑えたいという方にもおすすめです。

従来型web制作の魅力

従来型のWEB製作では、まとまった予算が必要になりますが完全オリジナルのWEBサイトを作ることができます。
コーダーやエンジニアなどの多くのスタッフが携わっているのでサブスク型WEB制作よりも費用が高額で時間が掛かってしまいます。

また、他社と違うWEBサイトを作れたり、より細かい要望や情報を搭載することができます。
費用が高額になってもオリジナルのWEBサイトを作りたい方は従来型がおすすめの選択肢と言えるでしょう。

従来型とサブスク型の費用の違い

従来型とサブスク型の費用は少し違います。
従来型ではまとまった予算が必要になり、安くても15万円からというのが一般的ですが、サブスク型WEB制作会社では、初期費用無料の所も多くWEBサイト運営を始めやすくなります。

月額では、5000円からと個人でも始めやすい金額になっています。

従来型でも管理費として月額料金が発生することもあり、従来型の料金は月額1万円というのが一般的でサブスク型よりも少し高額になることもあります。

要望に合わせて多くの機能を搭載することができる従来型ですが、あまりこだわりが無い方はサブスク型で十分だと言えます。

サブスク型WEB制作のメリット

サブスクリプション型WEB制作のメリットをご紹介します。

・費用を抑えられる
・いつでも解約できる
・コンテンツ作成に集中できる
・最短1日でWEBサイトを作れる
それでは1つ1つ詳しく解説していきます。

費用を抑えられる

従来型のWEB制作では
・初期費用:15~100万円以上
・管理費:月1~3万円ほど
の費用が発生します。

しかし、サブスク型WEB制作では
・初期費用:無料~30万円ほど
・月額費用:5000~3万円ほど
初期費用が発生しないWEB制作会社も多くあり、費用をなるべく抑えたい方にもおすすめできます。
従来型ではまとまった予算が必要になることに加え、イメージと違った時には修正に料金が発生します。
自分のイメージを伝えきれないと余計に費用が発生してしまうだけでなく、時間もかかってしまいます。
デザイン性の高いテンプレートも登場しているので、こだわりの機能などが無い場合は、サブスク型でWEBサイトを作成した方が費用も抑えることができます。

いつでも解約できる

技術力や対応に不満がある場合はすぐに解約し、他のWEB制作会社に方向転換を行うことができます。
最低利用期間や解約条件は各社違いますが基本的にはいつでも解約することが可能です。
コーポレートサイトや商品紹介サイトなど思うような結果が出ていない時でもすぐに撤退させることができ、新規事業を行う際にもリスクを最小限に抑えることができます。

コンテンツ作成に集中できる

ホームページでは最新情報やサービスの変更のお知らせなど常に最新状態を保つことが重要になります。
普段からコンテンツを作成し、WEBサイトを更新し続ける必要があります。
サブスク型WEB制作会社の中には、コンテンツ作成などの運用までオプションでカバーしているサービスもあります。

最短1日でWEBサイトを作れる

サブスク型WEB制作では、テンプレートを利用している会社がほとんどのため、すぐにWEBサイトを作成することができます。
そのため、従来型と比較してもはやくWEBサイトを作ることができ、運用を始めることができます。

サブスク型WEB制作のデメリット

サブスク型WEB制作にはメリットだけではありません。

・更新しない月でも費用が発生する
・解約でWEBサイトが無くなる
・長く利用すると従来型よりも高額になる

以上がサブスク型WEB制作のデメリットになります。

更新しない月でも費用が発生する

サブスク型WEB制作では月額で費用が発生し、WEBサイトを更新しないまたは全く更新しない月でも月額費用が発生します。
頻繁に更新している場合でもオプションなどを追加しすぎて費用が高額になってしまうこともあります。
オプションサービスを使いこなせない状態では費用が無駄になってしまうので月額料金にどこまでのサービスが組み込まれているか確認しましょう。

解約でWEBサイトが無くなる

サブスク型WEB制作では、制作会社が作ったWEBサイトを利用している事になるので解約することでWEBサイトが無くなってしまいます。
ドメイン管理なども制作会社に任せている状態だと取得したドメインが使用できなくなってしまい大事になってしまいます。
サブスク型WEB製作を利用する際には、費用やサービス内容に注目してしまいおろそかにしてしまいがちですが、契約する前に解約後の流れも確認しておくことが重要になります。

長く利用すると従来型よりも高額になる

サブスク型WEB制作を長期間利用することで従来型よりも高額になってしまうことがあります。

月額8000円の場合
1年:8000×12ヵ月=96,000円
10年:96,000×10年=960,000円

約100万円ほど予算があれば従来型のWEB制作会社にも依頼することができます。

しかし、10年間同じデザインのWEBサイトを利用するのはあまりオススメできません。
WEBサイトは常に進化しており、どんどん使いやすく、見やすくなっています。
一昔前のWEBサイトになってしまうと見えづらくなってしまいユーザーが徐々に離れてしまうこともあります。

コンテンツ制作と同じようにWEBサイトも定期的に更新が必要です。
サブスク型WEB制作なら格安でWEBサイトのリニューアルをすることができます。

WEB制作会社の選び方

サブスク型WEB会社を選ぶ際に注目すべきポイントをご紹介します。
・サービス内容を確認する
・自社の目的とイメージに合っているか
・アフターサポートは充実しているか

以上のポイントに注目し、WEB制作会社を選択しましょう。
それでは、1つずつ解説していきます。

サービス内容を確認する

サブスク型WEBサイト制作会社を利用するときにはサービス内容を必ず確認しましょう。
初期費用や月額の費用が安いという理由で制作会社を選択してしまうとイメージ通りのWEBサイトが作成できなかったり、必要な機能が付いていなかったりします。
費用が安いことは重要です。
しかし、費用を安く済ませた結果、必要な機能が付いていないWEBサイトだと意味が無くなってしまうのでサービスの内容にも注目しましょう。

自社の目的とイメージに合っているか

WEBサイトを作成する目的はさまざまです。
コーポレートサイトや新商品を紹介するサイトなどさまざまなWEBサイトを作成することができますが、目的を明確化していないと全く違うWEBサイトができ上がってしまうこともあります。
また、デザインなどイメージと違うWEBサイトができ上がってしまうことがあるので発注する前にしっかりとイメージを伝えましょう。
制作会社によっては集客やデザイン性などの目的ごとに得意としている項目が違うので発注先がどの分野を得意としているかも確認しましょう。

アフターサポートは充実しているか

WEBサイトは公開してからコンテンツ作成など頻繁に更新する必要があります。
そのため、アフターサポートが充実しているかを確認しましょう。

制作会社ごとにアフターサポートは違い、コンテンツ制作やロゴデザイン、イラスト・キャラクター制作なども行っている制作会社もあります。
運用や管理に不安がある方は、アフターサポートが充実しているWEB制作会社を選びましょう。

サブスク型おすすめWEB制作会社5選

目的ごとにおすすめのWEB制作会社をご紹介します。

・費用を抑えるなら「ビズサイ」
・デザイン重視なら「サイノマーケティング」
・集客なら「MEDIA HACK」
・サポートなら「プロパゲート」
・システム開発なら「オフィスSASAJIMA」

それでは、詳しく解説していきます。

費用を抑えたいなら「ビズサイ」

https://www.webdeki.com/

制作費は無料で月額4,980円からWEBサイト運営を行うことができます。
原稿と画像だけでWEBサイトを作成することが可能です。
プランも4種類展開されており、サービスの内容によってプランを決めることができます。
最低契約期間もなく、1ヵ月で解約することもできるので気軽にWEB制作を行うことが可能です。

デザイン重視なら「サイノマーケティング」

 

半分外注で半分DIYでWEBサイトの基礎をプロがしっかりと制作してくれます。
サブスク型WEB制作会社のなかでも親近感の持たれやすいデザインで細かく作りこまれています。
月額9,800円~と少々高めですがクールでおしゃれなWEBサイトを作成することができ、友達にも自慢できるデザインに仕上がります。
高機能ツールを使用しているのでSEOにも強く、高い集客にも期待できます。

集客目的なら「MEDIA HACK」

https://media-hack.com/

飲食店、美容室などのさまざまな業種に対応したWEBサイト制作を行っています。
月額11,000円〜とサブスク型では高めですがSEOに強いWEBサイトを作成することができ、高い集客効果に期待できます。
また、Instagramの投稿がホームページのブログやGoogleマイビジネスに反映されるプランもあり、コンテンツ・SNSマーケティングの両方を行うことができます。
Instagramの投稿を行うことでWEBサイトにも自動で投稿されるのでWEBサイトを更新する手間を減らすことも可能です。

サポートなら「プロパゲート」

https://www.propagateinc.com/web-design

個人事業主や中小企業を中心に事業展開をしており、WEBサイト制作の初期費用は無料。
月額7,980円~と格安で運用代行のサポートも行っています。
運用だけでなく、ロゴや名刺などのデザイン、SEO、MEOなどのマーケティング事業も行っています。
専属の担当者が付き、集客のアドバイスなどの相談もLINEで行うことができます。

システム開発なら「オフィスSASAJIMA」

https://office-sasajima.jp/hp.php

司法書士、税理士、社労士などの士業の集客を得意としています。
月額7,980円~と格安でWEBサイトを作成することができ、ロゴの制作やシステム開発も行っています。
チラシやポスター、名刺などの印刷物も一緒に作成できる起業・開業パックもあり、これから事業を立ち上げようとしている方におすすめの選択肢と言えるでしょう。

無料相談受付中!