コラム

マーケティングを意識したWeb制作を行うことによるメリットとは?【主な施策についても徹底解説!】

2022.8.6
  • # Web制作・ホームページ作成
マーケティングを意識したWeb制作を行うことによるメリットとは?【主な施策についても徹底解説!】

WEBマーケティングとは、インターネットを使用して、顧客に合った商品やサービスを紹介し、実際に購入まで導く活動全般のこと。
PCやスマホでWEBページを見ている際に表示される「広告」も、WEBマーケティングの施策の一種です。
WEBマーケティングで行った施策は、全て「数値」として結果が表されるため、従来のマーケティング施策と比べて、改善を行いやすく、結果を出しやすい手法だと言えます。

WEBマーケティングスキルを習得することで得られるメリット

他のWEB制作者との差別化により市場価値が高まる

WEBマーケティングスキルを持っていれば、他のWEB制作者との差別化ができます。
クライアント側からの立場では、見た目の良いWEBサイトを作れる制作者よりも、売上に直結するユーザー目線のサイトを作れる制作者を、積極的に採用したいと考えるもの。
今後、転職活動をする際にも、WEBマーケティングスキルを持っていれば、企業から前向きな評価を得やすくなるため、自分が希望する企業に就職しやすくなります。
自分の市場価値を高めるためにも、WEBマーケティングスキルは持っておくべきでしょう。

継続的な仕事を得られる

WEB制作のみでは、単発の仕事で終わってしまうケースがほとんどです。
サイトを制作した後、利益を得るための施策を提案できるようになれば、クライアントから信頼され、今後の運用も任せたいと思われるようになります。
WEBマーケティングスキルがあれば、継続的な仕事の獲得につながり、安定した収入を得やすくなるでしょう。

WEBマーケティングスキルは独学でも習得可能【ただし簡単ではない】

WEBマーケティングスキルは、独学でも身につけることができます。
もちろん、1日2日で即戦力になれるほど簡単なものではありません。
WEBマーケティングを独学で学ぼうとする人のほとんどは、途中で挫折しているというのが現状です。
しかし、苦労の末、実践できるレベルまでスキルを身につければ、ライバルがほとんどいないということにもなります。
大きな武器を手に入れるために、根気よく勉強を続けられれば、もっと自由な人生が手に入れられるはず。
WEBマーケティングスキルを独学で学ぶのは、大いに価値があることだと言えます。
スキルを効率的に学べる、おすすめの独学方法は下記です。

・自分のブログを立ち上げて実践する
・WEBマーケティング学習の本を読む
・動画コンテンツで学ぶ

自分のブログを立ち上げて実践する

実践に勝るものはありません。
どれだけWEBマーケティングに関する情報を集めても、アウトプットできないのであれば戦力になりません。
まずは自分のブログを立ち上げ、広告運用などを実践し、経験を積んでいきましょう。
ブログの立ち上げやSNSは、ほとんど無料で行えるものばかり。
最初は成果が出せずに、悔しい思いをするかもしれませんが、失敗したところで金銭面のリスクはゼロです。
もし、ある程度集客できるブログを作成できたら、クライアントへ、自身の実績として示すことも可能になります。
悩まず即実践が、スキル上達の最大の近道です。

WEBマーケティング学習の本を読む【おすすめ書籍】

WEBマーケティングに関する知識がほとんどない状態ならば、まずは本を読んで勉強するのが効率的でしょう。
本には、WEBマーケティングに関する情報が網羅されているため、情報が散らばっているネットの記事を読み漁るよりも、基本スキルが身に付きやすいです。
WEBマーケティングの基礎知識を身につけるのであれば、下記の書籍は鉄板です。

沈黙のWebマーケティング —Webマーケッター ボーンの逆襲—

漫画仕立てで読みやすく、WEBマーケティングの実践的な基礎スキルをしっかりと学ぶことができます。
ただ、あくまで初心者向けなので、学べる内容は良くも悪くも、WEBマーケティングにおける王道。
読んだ内容を全て実践して、「ようやくスタートラインに立てるようになる」と考えた方がいいでしょう。
ある程度、基礎知識が身に付いてきた人におすすめなのはこちらです。

ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング Webマーケティングの成果を最大化する83の方法

先ほど紹介した「沈黙のWebマーケティング」は、WEBマーケティングの基礎を徹底的に学ぶための本。
こちらの「Webマーケティングの成果を最大化する83の方法」は、WEBマーケティングで確実に成果を出すための手法が学べる本です。
東証プライム上場企業で、利益を出し続けている著者のノウハウが、惜しげもなく記されています。
WEBマーケティングの実践的なスキルを学ぶのであれば、1度は読んでおきたい本です。

動画コンテンツで学ぶ

動画コンテンツで学習すれば、文章では分かりづらかった点なども映像で学べるため、効率よくスキルを身につけられます。
最近では、YouTubeなどの無料で見れる動画でも、有益な情報をたくさん得ることができます。
しかし、実際に収入に繋がる、実践的なスキルを学ぶのであれば、有料オンライン動画学習に投資する方が効果的でしょう。
有料動画に課金をしたくないという人もいるでしょうが、無料の動画では得られない有益なスキルを身につけられる可能性は高いです。
今どきは、SNSなどの口コミを見れば、「本当に有益な動画なのか」という情報も得やすくなっています。
無料トライアルをしているサービスもあるので、今後のためと思って、試しに登録してみる価値は大いにあるでしょう。

独学でもフリーランスとして独立できる

会社などでの実務経験がなく、独学で身につけたスキルでも、フリーランスとしての独立は可能です。
なぜなら、実際に結果を出しているブログやSNSを、ポートフォリオとしてクライアントに示せるから。
企業が求めているWEB制作者は、実務経験よりもスキルの高さを重点的に評価します。
高いスキルを持っている制作者は、どの企業もできる限り手放したくないものです。

実務経験がない人が仕事をもらうには

最近では、クラウドソーシングや案件サイトで、WEB制作スキルを持った人材を頻繁に募集しています。
会社などでの実務経験がなくても大丈夫、という企業も多くあるので、経験を積むなら登録して損はありません。
実績が少ない状態で、いきなり高単価の案件をもらうのは難しいので、まずは単価の安い仕事でコツコツと実力を高めていくといいでしょう。
また、スキルに自信がついてきたら、SNSなどでWEB制作者を探している企業に営業をかけるのも手です。
クラウドソーシングなどでは掲載されていない、優良案件に出会える可能性があります。
しっかりと結果を積み上げていき、案件をコンスタントに受注できるようになったら、フリーランスとしての独立も夢ではありません。

WEBマーケティングの主な施策【集客・接客・再訪促進】

WEBマーケティングについて学ぶのであれば、具体的にどのような施策を行うのか知っておくべきでしょう。
WEB広告の設置や、SNSなどを駆使し、顧客の集客や商品・サービスの購入へと誘導するのがWEBマーケティングの主な施策です。
WEBマーケティングの施策は、「集客」「接客」「再訪促進」の3つに分けられ、それぞれを段階的に行うことで効果を発揮します。
代表的な施策は下記の通り。

集客 ・SEO

・SNS広告

・リスティング広告

・アフィリエイト広告

・アドネットワーク広告

接客 ・LPO(ランディングページ最適化)

・EFO(入力フォーム最適化)

再訪促進 ・リターゲティング広告

・ダイレクトメール

あまり聞きなれない言葉も多く、混乱してしまうかもしれませんが、内容はそこまで難しいものでもありません。
それぞれの施策について詳しく解説します。

WEBマーケティングの施策【集客】

SEO

SEOは、Google等の検索エンジンに上位表示させることで、自社サイトの訪問者を増やすための施策です。
WEBサイトの内容を調整するのみで行える施策なので、コストがかからないのがメリット。
ただし、効果が表れるのは最低でも3ヶ月程度はかかり、即効性はありません。
競合サイトも念入りに対策しているため、上位サイトに勝つためにはかなりの工夫が必要です。
検索上位になれば、大きな集客効果を生み出すことが期待できますが、難易度も相応に高い施策です。

SNS広告

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSに広告を掲載する施策です。
ユーザーの年齢層や興味の関心などに合わせて、的確な広告を表示できるのが魅力。
情報を定期的に発信しなければ効果が薄いため、つねに更新・改善を重ねていくことが必要となります。

リスティング広告

リスティング広告は、Googleなどの検索結果画面に、検索したワードに応じた広告を表示させる施策です。
Google AdWordsや、Yahooプロモーション広告などがこれに該当します。
オークション形式の入札により、掲載順位が決定する方式で、入札すればすぐに効果が表れるのがメリットです。
即効性はありますが、「広告」と表記されるため、広告を苦手とするユーザーからは読み飛ばされる可能性も高いのが懸念点。

アフィリエイト広告

自社サイトの商品やサービスを、アフィリエイターが所有するWEBサイト・SNSなどに広告として掲載してもらう施策です。
成果報酬で行われるため、無駄な広告費が発生しにくいのがメリット。
優良なアフィリエイターに広告を設置してもらうためには、アフィリエイターが満足するインセンティブを渡す必要があり、自社の利益率とのバランスをしっかりと考えて計算することが重要になります。

アドネットワーク広告

アドネットワーク広告は、WEBサイトやSNSなど、複数のWEB媒体にまとめて広告を掲載する施策です。
多数のWEB媒体に合わせて広告を制作するとなると、多大な労力を要しますが、アドネットワークを利用すれば、各メディアに手軽に広告配信が行えるようになります。
広告が掲載されるメディアは、こちらから選択することができないため、自身が狙うターゲット層とは異なるメディアに掲載される場合もあります。

WEBマーケティングの施策【接客】

ランディングページ最適化(LPO)

ランディングページとは、Google検索や広告などからアクセスした際に、最初にたどり着くページのことを言います。
このランディングページを、より魅力的に改善していく施策が、ランディングページ最適化(LPO)です。
ランディングページが優れていれば、商品・サービスの魅力が閲覧者にしっかりと伝わり、実際に購入まで進む行程もスムーズになります。

LPOの具体的な改善点は下記の通り

・商品・サービスの強みや詳細がすぐに分かる内容か
・申し込みボタンの場所は明確になっているか
・ユーザーが求める意図を汲み取れた文章になっているか
など

ランディングページは、アクセスしてきたユーザーが契約するまでに繋がる重要な役割を担うため、日々の念入りなリサーチと、改善を行っていくことがとても大切です。

入力フォーム最適化(EFO)

入力フォーム最適化(EFO)とは、購入や会員登録などを行う入力フォームを改善し、簡単に手続きが行えるようにする施策です。
入力フォームが複雑になっていると、ユーザーが煩わしさを感じてしまい、入力の途中で離脱してしまう可能性があります。
入力項目数を減らしたり、郵便番号から自動的に住所を表示する機能を付けるなど、できる限り入力の手間をなくすことで、成果を高めていきます。

WEBマーケティングの施策【再訪促進】

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、以前WEBサイトに訪れたユーザーに対して、訪問したサイトに関連する広告を配信する施策。
商品に興味を持ったことがあるユーザーに対し、狙いを定めて広告を配信できるため、購入まで繋げやすく、効果的です。

メールマーケティング

メールマーケティングは、メールアドレスを登録したユーザーに対し、その人のニーズに沿った商品の最新情報などをメールで配信する施策です。
ユーザーが購入した履歴や、年齢層に応じてメールの内容を変えたりすることで、より高い購入意欲をかきたてることができます。

無料相談受付中!