コラム

フリーランスWeb制作エンジニアの年収はいくら?

2022.5.19
  • # Web制作・ホームページ作成
フリーランスWeb制作エンジニアの年収はいくら?

フリーランスWeb制作エンジニアの年収相場

IT関連でフリーランスになっている人は稼げているイメージを持っている人が多いため、フリーランスWebエンジニアの年収相場について解説します。

平均年収

様々な職種でフリーランスとして働いている人が増えてきており、自由な働き方を求めている人が多いです。
そのフリーランスの中でも、エンジニアやWebデザイナーの人気は高く、副業としてもIT系に興味を持っている人が増えてきています。
年収は、100〜300万円が全体の25%、300〜500万円が27%、500〜800万円が22%と全体的に分散しています。
Web制作エンジニアは、スキルや経験によって、大きく年収が変わってくるため、100〜300万円とあまり稼げていない人も多いです。
職種関係なく、フリーランスとして見ると、年収200〜300万円未満が多く、想像よりも稼げていないと感じた人も多いでしょう。
自由な働き方をする事ができますが、お金を稼げるか稼げないかは、本人のスキルや経験によるため、初心者がいきなりフリーランスになると苦労しやすいです。
しかしながら、フリーランスの年収相場も徐々に上がってきているため、まずは副業として初めて見るのも良いでしょう。

会社に勤めている場合の平均年収

フリーランスではなく、会社に勤めている場合は、フリーランスよりも稼ぐ事ができているのか気になっている人は多いでしょう。
会社勤めの方の平均年収は、449万円となっており、フリーランスよりも少し高いです。
しかしながら、フリーランス中には、1,000万円以上稼いでいる人もいますが、会社に勤めていて、年収1,000万円に到達することはできないでしょう。
また、会社勤めでも給料は様々であり、スキルや経験によって左右されるため、IT業界で生き残るためには、とにかくスキルを身につける事が重要になってきます。
##フリーランスのメリット
収入面では、あまり差がありませんでしたが、フリーランスには様々なメリットがあるため、紹介します。

スキルによって、収入が上がる

Web制作エンジニアは、年収の幅が広いですが、フリーランスになると、スキルによる年収の違いが顕著に現れます。
フリーランスの場合は、スキルや経験。仕事量によって、収入を上げる事ができるため、モチベーションを持って取り組む事が可能です。
また、自分自身で仕事を選ぶ事ができるため、得意分野の案件や、あえて苦手分野の案件をとって、スキルをアップさせるということもできます。
また、会社では、中抜きされてしまいますが、フリーランスでは、クライアントからの報酬をそのまま受け取る事が可能です。
会社で勤めていると、努力量と給料が見合っていない場合があるため、モチベーションを維持する事が難しくなってきます。
また、努力していない社員とあまり給料の差が付かなかったりすると、不満を持つ原因にもなるでしょう。

自由に働く事ができる

フリーランスになりたいと感じる人の大半が、自由に働きたいという理由であり、フリーランスで自由に働いている人をニュースなどで見かける機会も多くなってきています。
フリーランスは自由に働く事ができますが、サボってしまうと収入が入ってこないため、楽ではありません。
また、案件の期限によっては、週末にも働かなければいけないため、注意しましょう。
しかしながら、パソコンとインターネット環境さえあれば、どこでも作業する事ができるため、カフェや家など、働きやすい環境で作業する事ができます。
新型コロナウイルスが流行した事によって、企業でもリモートワークを行っているところが増えてきているため、フリーランスだけのメリットでもなくなってきています。
フリーランスであれば、長期休みを取ることもできるため、仕事が忙しくて旅行に行く事ができないということはないでしょう。

人間関係に関するストレスがない

フリーランスであれば、人間関係に関するストレスがないため、コミュニケーションが苦手な方などは、気持ちよく働く事ができるでしょう。
また、少し合わないと感じる人がいても、プロジェクトが終われば、契約を切る事ができます。
人間関係に悩んでおり、パワハラなどが問題視されることもありますが、その心配はないでしょう。
案件を獲得した際に、無茶な注文をしてくるクライアントに振り回されてしまうこともありますが、次から案件を断ることで解決する事ができます。
しかしながら、フリーランスになりたてで、仕事があまりない人は仕事を選んでいるほどの余裕がないため、無茶な注文をしてくるクライアントに対しても対応しなければいけません。

フリーランスのデメリット

フリーランスのメリットを紹介しましたが、デメリットも把握した上で、フリーランスになるか判断する事が重要です。
そこで、フリーランスのデメリットについて解説します。

収入が安定しない

フリーランスは、収入を上げることもできますが、全て自分次第であるため、安定した収入を得られない可能性もあります。
収入が安定しないと、積み立て貯金などをする事が難しくなるため、フリーランスのデメリットだと言えるでしょう。
しかしながら、案件を獲得できるようになると、収入を調整することもできるため、収入と仕事時間のバランスを考えながら、あなたに合った働き方ができます。
他にも、フリーランスは税金面を全て自分で管理する必要があります。
納税は国民の義務ですが、一人で税金を管理することは難しいため、苦労するフリーランスの方が多いです。
フリーランスの方は税金を管理しなければいけないというデメリットがありますが、様々な買い物を経費で落とすこともできます。
そのため、税金の勉強をする事によって、会社員時代よりも多くの節税を行う事ができるでしょう。

自力で情報収集をする必要がある

Web業界の進化スピードはかなり速く、日々新しい技術が出てきているため、勉強を欠かすことはできません。
会社で働いていると、周りの社員と知識を交換したりする事ができますが、フリーランスであれば、全ての情報収集を自力で行う必要があります。
Web業界の流行もすぐ入れ替わるため、一度習得したからといって、勉強をサボってしまうと、すぐに稼げなくなってしまうでしょう。
フリーランスの方が良いという風潮もありますが、どちらが良いということはなく、人によって、働く際に重視しているポイントが違うため、あなたに合った働き方を選択するようにしましょう。

仕事を獲得する方法

会社で働いていて、スキルはあるのに、フリーランスになると稼ぐ事ができない人は、仕事を獲得する方法が分からないという方が大半でしょう。
そこで、仕事を獲得する方法について解説します。

ポートフォリオを作成する

仕事を獲得するために最も重要なことは実績を増やす事です。
クライアントも、口だけでWeb制作ができるという人に依頼することはリスクがあるため、具体的な実績を提示できるようにしましょう。
まずは、案件としてWeb制作をするのではなく、オリジナル作品を作成し、自分はこのレベルのサイトを作成する事ができるということをアピールする事が重要です。
そして、ある程度実績を積む事ができると、ポートフォリオとしてまとめると、より案件を獲得しやすくなります。

クラウドソーシングサービスを利用する

副業やフリーランス初心者の方は、クラウドソーシングサービスを活用して案件を取るようにしましょう。
クラウドソーシングサービスでは、様々な案件があるため、あなたのレベルに合った案件を選ぶ事ができます。
有名なクラウドソーシングサービスは、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどがあります。
クラウドワークスは、国内最大級のクラウドソーシングサービスであり、国内シェア・取引額・ユーザー数で国内No.1です。
ランサーズも国内で有名なクラウドソーシングサービスであり、フリーランスや副業などの専門分野に合わせて案件を選択する事ができます。
ココナラは、スキルや知識を出品・購入する事ができるスキルマーケットであり、自分で単価を決めて、企業が依頼するというタイプのサービスです。
自分で単価を設定する事ができるため、安価に設定しておくことで、実績を積む事ができるでしょう。

知人からの紹介

フリーランスの方が最も仕事を獲得している方法として多いのが、知人からの紹介です。
Web制作会社で働いた事がある人であれば、元同僚など、スクールで学習した経験がある人であれば、同じスクールの卒業生などと繋がることで、案件を獲得する事ができます。
また、Web業界に知り合いがいないとしても、サイトや広告などは業種問わず、必要になってくるため、前職の同僚などから依頼されることも多いです。
過去に対応したクライアントが別のクライアントを紹介してくれるケースもあります。
そのため、人脈作りやクライアントとの信頼関係を構築する事ができれば、安定した収入を得る事ができるでしょう。

SNS

最近では、SNSを活用して案件獲得や人脈形成を行うことも有効な手段となっています。
TwitterやInstagramで企業や他のデザイナーの情報を収集したり、作品を発信することで、仕事につなげることも可能です。
SNSに慣れていない方も多いですが、ハッシュタグで検索することで、多くの同業者を見つける事ができるため、すぐに人脈を形成する事ができるでしょう。
慣れると、SNSも楽しくなってくるため、ビジネスとして重く捉えるのではなく、気軽に始めてみましょう。

フリーランスエージェント

フリーエージェントを活用して案件を獲得する人も増えてきており、安定した収入を得ています。
希望の単価やスキルに合わせて案件を紹介してもらえたり、企業と交渉してくれるため、フリーランスであれば、強い味方になってくれるサービスです。
実績が増えてきた方は、フリーランスエージェントに登録しておくと、仕事に困ることはないでしょう。

フリーランスになるために求められるスキル

フリーランスWeb制作エンジニアとして、生活していくためには、ある程度必要なスキルがいくつかあります。
そこで、フリーランスになるために求められるスキルについて解説します。

デザインツール

デザインを行うためには、「Illustrator」「Photoshop」などのスキルは必須になってきます。
サイトのロゴやフォント、ボタンなどのパーツ制作、写真加工、合成などが求められるスキルです。

コーディング

コーディングは、「HTML」「CSS」「JavaScript」が必須のプログラミング言語であり、PHPなどのプログラミング言語を習得していると、仕事の幅を広げる事ができます。
Webサイトを構築するために、プログラミング言語の習得は必須であるため、習得するようにしましょう。
プログラミングを習得することは難しいため、スクールに通って効率よく学ぶようにするのがおすすめです。

デザイン

デザインツールを使えるだけでなく、色やフォントの選び方、レイアウトの組み方、情報設計などのデザイン思考も必要になります。
センスがないと諦めている人もいますが、Webデザインで稼ぐ程度であれば、センスがなくても、勉強すれば身につける事が可能です。
デザインの基本的な知識だけでなく、最新のWebデザインのトレンドなども把握しておくようにしましょう。

コミュニケーション力

フリーランスになると、会社が案件を渡してくれるのではなく、自分自身で案件を獲得しなければいけません。
コミュニケーションが苦手でIT系の勉強をしたという人も多いですが、フリーランスになると、必須の能力になってきます。
コミュニケーションが苦手という人は、案件を獲得する事ができないため、頑張って克服するようにして下さい。
コミュニケーション能力は経験を積む事によって、培う事ができるため、自然に身についている事が多いです。
クライアントの要望を汲み取る能力なども重要であり、どのようなことを求めているのか考えて行動するようにしましょう。

 

無料相談受付中!