コラム

Web制作のスケジュール管理方法・必要な制作期間

2022.5.19
  • # Web制作・ホームページ作成
Web制作のスケジュール管理方法・必要な制作期間

Web制作スケジュールを管理する目的

Web制作を行うにあたって、スケジュール管理は重要ですが、なぜスケジュール管理を行わなければいけないのか理解していない人もいるでしょう。
そこで、スケジュールを管理する理由について解説します。
スケジュール管理を行う用途を理解しておくことで、目的に沿ったスケジュール管理を行うことができるでしょう。

リリースするまでの流れを確認するため

Web制作の際には、リリースまでに必要なタスクと順序、それぞれのタスクにかかる時間や工数を計算して、プロジェクトに携わるメンバー全員が進捗状況を把握する必要があります。
スケジュール管理を行わなければ、各タスクに必要な工数やタスクの優先度・順序を全員に共有することができません。
スケジュール管理を行わない事によって、リリースまでの工数計算に誤差が生じてしまい、不足の事態が起こった際に、臨機応変に対応することができない可能性があります。
スケジュール管理をし、リリースまでの流れを明確にしておくことで、多少スケジュール通りに行かなかったとしても、対応することが可能です。
スケジュールを組む際には、遅延する可能性があるということも加味した上で組むようにしましょう。

タスク漏れを防止するため

スケジュール管理を行い、全員がスケジュール通りに動く事によって、期限内にWeb制作を行うことが可能です。
スケジュール管理をしていなければ、各タスクの締め切りも曖昧になってしまい、最終的に間に合えば良いかという甘えが出てしまうこともあります。
締め切りを曖昧なままにしてしまうと、タスクもれや進捗の遅れが起こる可能性もあるため、スケジュールをしっかりと管理しておくようにしましょう。
それぞれのタスクの工数・役割分担を明確にしておくことで、漏れが起こらず、期限までに完成させることができるでしょう。

役割分担を可視化するため

スケジュール管理する事によって、Web制作に参加しているメンバーの役割分担を明確にすることができます。
メンバーの役割分担を明確にすることで、簡単にタスクの進捗を把握することができ、スムーズに作業を進めることが可能です。。
また、役割分担をはっきりさせる事によって、一人一人に責任感が生まれるため、緊張感を持ってWeb制作に取り掛かることができます。
もし、誰かのタスクに遅れが生じてしまったとしても、他のメンバーがフォローすることができるため、スケジュールは管理しておきましょう。
また、WBSを作成することで、タスクを可視化しやすくなるため、スケジュール管理を行う際には、WBSを作成しておくと良いでしょう。
WBSとは、Work Breakdown Structureの略語であり、全体のプロジェクトに必要なタスクを細かく図式化したものです。

Web制作に必要な期間

Webサイトには、1ページだけのLPから100ページを超えるような、大規模なWebサイトがあります。
それぞれのWebサイトを制作するまでにかかる工数と期間は違うため、Web制作に必要な期間について紹介します。
Webサイトの規模に合わせた適切なスケジュール管理を行うことが重要であるため、是非参考にして下さい。

LP

リスティング広告のリンク先として利用されるLPの制作期間は、およそ1-2ヶ月程度だと言われています。
主な作業にかかる時間は以下の通りです。
・打ち合わせ(進捗チェック):5〜9日
・要件定義、企画設計:3〜4日
・デザイン制作:4〜7日
・実装(フロントエンド、バックエンド):4〜7日
・テスト:2日
LPは他のWebサイトとは違い、1ページで完結するため、すぐに作業が終わると思っている人が多いですが、1つのページ内に必要な情報を盛り込むため、1ヶ月程度必要になります。
また、問い合わせフォームなどを設置する場合もあるため、余裕を持ったスケジュール管理を行うようにしましょう。

小規模サイト(3ページ程度)

キャンペーンサイトなどが小規模サイトであり、小規模サイトの制作期間も1-2ヶ月程度です。
小規模サイトにかかる工程と日数は以下の通りです。
・打ち合わせ(進捗チェック、資料作成):15日
・要件定義、画面設計:3〜4日
・デザイン制作:5〜6日
・実装(フロントエンド、バックエンド):7〜10日
・テスト:4日
Webサイトのページ数が増えるほど、タスクの確認作業も増えるため、制作期間は最低でも2ヶ月を見込んだ方が良いでしょう。

中規模サイト(15ページ程度)

中規模サイト(15ページ程度)の制作には、約3ヶ月程度必要になるため、余裕を持って作業を進めるようにしましょう。
中規模サイト(15ページ程度)の制作に必要な工程と必要な日数は以下の通りです。
・打ち合わせ(進捗チェック、資料作成):12日
・要件定義、画面設計:6〜7日
・デザイン制作:13〜14日
・実装(フロントエンド、バックエンド):15〜16日
・テスト:4日
項目別に見ると、3ヶ月も必要ないのではないかと思いがちですが、サイト制作の規模が大きくなるにつれて、上記の工程に入っていない細かい作業も増えてくることが予想されます。
Webサイトによっては、撮影や差材補正などの工程が必要になる場合もあるため、スケジュール管理の際には気をつけるようにしましょう。

大規模サイト(100ページ程度)

コーポレートサイトのような大規模なサイト(100ページ程度)を制作する場合には、約6-8ヶ月程度の制作期間が必要になります。
大規模サイトを制作する際に必要な工程と日数は以下の通りです。
・打ち合わせ(進捗チェック、資料作成):20日
・要件定義、画面設計:15〜20日
・デザイン制作:40〜70日
・実装(フロントエンド、バックエンド):40〜70日
・テスト:10〜15日
大規模サイトになると、確認作業に必要な時間も多くなってくるため、8ヶ月程度の期間が必要になってきます。
また、8ヶ月間スケジュール通りに行くことも難しいため、予期せぬ対応も想定して8ヶ月程度の制作期間を確保するようにしましょう。

Web制作の際の流れ

Web制作際に必要になる作業とその流れを把握しておく事によって、スケジュールを組みやすくなります。
そこで、Web制作の際の流れについて解説します。

企画

まずは、企画段階での作業を解説します。

目的を明確にする

まずは、どのような目的でWebサイトを制作するのか、Webサイトを制作することで、どのような成果を出したいのか明確にするようにしましょう。
目的によって、Webサイトの構成やデザインが変わってくるため、必ず作成前に確認しておきましょう。

ターゲットや目標を設定する

次に、ターゲットや目標を設定するようにしましょう。
ターゲットや目標を設定する事によって、サイト公開後に理想の効果を得ることができるでしょう。
ターゲットを設定する際には、ペルソナを設定することが重要であり、ペルソナを設定する事によって、より詳細なターゲット選定を行うことができます。
ペルソナとは、ターゲットの特徴を持った架空のキャラクターのようなものです。

掲載する内容を決める

ターゲットや目的を設定することができるとWebサイトに掲載する内容を決めていきます。
商品紹介ページに掲載したい内容なのか、、自社ブランドの実績をアピールしたいのか、具体的な掲載内容を決めるようにしましょう。
サイトの規模にもよりますが、情報を詰め込みすぎると、ユーザーが全て理解することができないため、本当に伝えたい情報を選別するようにしましょう。
Web制作を行う際の企画段階では、Web制作にかける費用などについても話し合うことが大切です。
初めてWeb制作を依頼する方の中には、必要になる費用が分からず、予算を大幅にオーバーしてしまうこともあります。
また、必要な費用は初期制作費用だけでなく、公開・運用していくためには、別で費用が発生します。
Web制作を行う際には、想像よりも高額になってしまうことがあるため、依頼する前に相場を確認しておくようにしましょう。

設計

次に設計段階で行う事について解説します。

全体の構成を決める

Web制作するための企画を行うことができれば、次は設計作業です。
企画段階で決めたことを参考に全体の構成を考えて、サイトの雰囲気を決めていきます。
一般的なWebサイトの場合は、トップページから順に各カテゴリー、その下により小さいカテゴリーと段階構造になっています。
全体の構成によって、サイトの雰囲気が大きく変わるため、重要な作業です。

各ページのレイアウトの構成を決める

全体の構成を決めることができれば、ページごとの構成を決めていきます。
この作業からはワイヤーフレームによって、具体的なレイアウトを作成します。
ワイヤーフレームとは、「線(wire)」「枠組み(frame)」のことであり、シンプルな線と図でページのレイアウトや配置を決める簡単な設計図のことです。
企画段階で決めた、掲載する内容を、ページ内のどこに掲載するのかを考えて、配置を決めていきます。

制作

制作段階の作業について解説します。

デザイン

Web制作を行う際には、まずデザインを考えていきます。
この際に、スマホ対応させることができるレスポンシブデザインについても検討するようにしましょう。
最近では、スマートフォンの普及率が急激に増加しており、スマートフォンからWebサイトを見るユーザーが多くなったため、レスポンシブデザインは必須だと言えるでしょう。

コーディング

デザインが完成したら、実際にコーディング作業に入ります。
Web制作は、ひたすらコーディング作業をしているイメージを持っている人が多いですが、コーディング作業に入るまでに、多くの作業が必要になってきます。
コーディングに関しては、プログラミング言語を記述して、ページを構成していくため、専門的な知識が必要です。

公開

公開段階の作業について解説します。

サーバーを契約する

インターネット上に、Webサイトを公開するためには、サーバーを契約する必要があります。
自分でサーバーを準備することもできますが、有料のレンタルサーバーを利用する方が多いです。

ドメインを獲得する

ドメインとは、インターネット上の住所のようなものであり、ホームページを公開するためには、ドメインを獲得しなければいけません。
企業がビジネスとして、ドメインを使用する際には、独自ドメインを取得することが多いです。

ファイルをアップロードする

サーバーを契約し、ドメインを獲得することができれば、ようやくWebサイトを公開する事ができます。
契約先のサーバーにHTMLや画像などのファイルをアップロードする事によって、ホームページを世界中で閲覧する事ができるようになります。

テスト・チェック

ホームページを公開することがゴールではなく、最終ステップとして、ホームページの中身を確認する必要があります。
以下のような要素に着目してチェックするようにしましょう。
・全てのリンクを正常に開く事ができるか
・画像がしっかり表示されているか
・文字化けをしていないか
この際に、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、様々な端末から正常に表示されているか確認するようにしましょう。
不具合が確認できた場合には、すぐに対応する必要があるため、公開後のテスト・チェックまで想定してスケジュールを組む事が重要です。

無料相談受付中!