コラム

Web制作って大変だし、仕事がないって本当?仕事がある人はどんな人?

2022.5.19
  • # Web制作・ホームページ作成
Web制作って大変だし、仕事がないって本当?仕事がある人はどんな人?

Web制作エンジニアはやめておくべきと言われる理由

Web制作エンジニアにはならない方が良いという意見もありますが、なぜそのような意見が出てくるのか不思議に思っている人もいるでしょう。
そこで、Web制作エンジニアはやめておくべきと言われる理由について解説します。

残業が多い

Web制作エンジニアに限った話ではないですが、Web業界は全般的に残業が多いです。
大半のWeb制作エンジニアは、残業しているため、思い描いているような理想の働き方は難しいでしょう。
Web業界は、案件を終わらせることが仕事であるため、働く時間が短くなる可能性もありますが、長くなってしまう可能性もあります。
また、修正依頼などもあるため、予定を組むことが難しく、思っていた働き方を違うと感じる人も多いです。

健康に害がある

Web制作エンジニアは基本的に1日中パソコン作業になるため、長時間座る事による腰への負担などが原因で、健康を害することもあります。
肩こりや腰痛だけでなく、首の痛みや目の疲れなどもあるため、健康には注意するようにしましょう。
また、運動不足による肥満、ストレスによる頭痛・胃痛などもあるため、健康面で不安を感じる場合には、退職するしか解決方法がありません。
Web業界で働きたいと考えているのであれば、ジムに通ったり、食生活に気をつけるなど、自分の体を管理することが重要です。
若い時には、症状が出にくいため、健康だと思い込んでいる人が多いですが、歳をとる事によって、疲労も蓄積していくため、健康だと思っていても、体の管理はしっかりと行うようにしましょう。

給料が安い

Web制作エンジニアは、あまり給料が高くなく、平均年収は363万円となっています。
Web業界は、自由に働いてお金を稼ぐことができるというイメージを持っている人もいますが、その人たちはフリーランスとして働いて成功している一部の人たちです。
最近では、クラウドソーシングサービスが発展した事によって、低い報酬で学生や主婦がWeb制作を行うことも増えてきているため、低賃金という問題に拍車がかかってきています。
副業としてお金を稼ぐのであれば十分ですが、本業として働くのであれば、Web制作エンジニアの給料は少ないです。
そのため、給料が低いのであれば独立するか、他業界への転職を考えるようにしましょう。

収入が不安定

Web制作エンジニアの中には、派遣やフリーランスとして働いている人も多く、月によって貰える収入が不安定です。
収入が不安定であれば、積み立て貯金などを行うことも難しくなってくるため、安定した収入が欲しいと考える人はいます。
フリーランスとして独立する前に、どのようにして安定した収入を得るのか決めてから独立するようにしましょう。
収入が不安定であっても、フリーランスになれば、会社員時代よりも稼げるようになったという人は多いため、フリーランスになることも一つの手段です。
しかしながら、フリーランスにもメリット・デメリットがあるため、よく確認しておくようにしましょう。

代わりの人材が多い

Web制作エンジニアになるために必要な資格はなく、スキルさえあれば誰にでもなることができます。
そのため、副業ブームと同時にWeb制作エンジニアを目指す人が増え、離職したとしても代わりの人材をすぐに見つけることが可能です。
代わりの人材がいくらでもいるため、離職率が高いにも関わらず、会社は労働環境を改善しないため、すぐにやめたいと感じてしまうでしょう。
会社の労働環境が改善されない場合は、すぐにやめて転職活動を行うようにしましょう。

クライアントに振り回される

Web制作エンジニアは、クライアントから案件をもらうことが成り立っている仕事であるため、クライアントの指示は絶対です。
Webに関する知識があまりないクライアントであれば、無茶な要望をしてくることもありますが、対応しなければいけません。
また、細かい修正依頼などを何度も送ってくることもあるため、休みがなくなってしまうこともあります。
クライアントに振り回される事に疲れてしまい、Web制作エンジニアを辞めたいと感じる人も多いです。
最初は多少の理不尽に耐える必要がありますが、ある程度スキルが身に付いて案件も安定して受注できるようになったら、案件を選別するようにしましょう。
フリーランスの方などは、案件を断ってしまうと仕事が来なくなってしまうのではないかという不安を持っている人が多いですが、多少選別しても仕事に影響が出ることはないでしょう。
費用対効果が悪いクライアントの仕事を何度も受注する方が稼げなくなってしまうため、見切りをつけることも重要です。

業務範囲が広い

Web制作に必要なスキルは、コーディングだけと思っている人も多いですが、コーディングスキル以外にも、様々なスキルが必要になります。
また、ホームページビルダーやSNSの普及によって、Webサイトを受注することも難しくなってきているため、営業などもエンジニアが行う場合があります。
Web制作をしたくて会社に入ったのに、Web制作以外の業務も求められるということがよくあるため、Web制作エンジニアは辞めておくべきと言われることも多いです。

新しい技術を勉強する必要がある

Web業界は、技術革新とトレンドの入れ替わりのスピードが速いため、常に新しい技術を勉強する必要があります。
2、3年前に流行ったデザインなどでも、今見ると古いなと感じてしまうこともあるため、現状に満足して勉強を怠ってしまうと置いていかれてしまうため、注意しましょう。

年齢が関係ない

Web業界は、学歴や年齢があまり関係なく、完全に実力至上主義となっています。
そのため、歳が上だからといって給料が高いというわけでもないため、楽して稼ぎたいと考えている人には、向いていないでしょう。
また、技術の入れ替わりが激しいため、過去の栄光が通用しないこともあるため、注意しましょう。

Web制作業界の現状

人工知能の出現により、Web業界も危ないのではないかと言われていますが、少し違う理由でWeb業界が危なくなってきています。
新型コロナウイルスが感染拡大した事により、副業ブームが訪れ、案件の発注相場が一気に崩れ落ちました。
そこで、現在のWeb制作業界はどのような状況になっているのか紹介します。

離職率が高い

これは、新型コロナウイルスが感染拡大する前からですが、離職率が高く、本当に必要な人材が足りていません。
副業ブームにより、スキルの低い人材が増えましたが、スキルが低ければ会社で即戦力にはならないため、必要な人材ではないです。
Web制作をしていた方の離職した主な理由は以下の通りです。
・年収を上げたい
・人間関係が疲れる
・ワークライフバランスを重要視したい
・マネジメント職につきたい
人は、楽にお金を稼ぎたいと考えるため、残業が当たり前であるWeb制作の環境に疲れてしまうことが多いです。
また、優秀なWeb制作エンジニアは、マネジメント職につくため、すぐにコーディング作業などはしなくなってしまいます。
他業界へ転職する人も多く、優秀なエンジニアが長期間会社で働いてくれることが非常に少ないです。
Web業界はもっと余裕を持って働くことができるようにしなければ、離職率は下がらないでしょう。

地方格差が拡大している

Web制作会社の大半は東京にあり、インターネットの普及率が都会よりも低い地方では、Web制作会社の数が非常に少ないです。
また、地方企業はすでに取引経験があるWeb制作会社や知り合いのツテがある会社に依頼することもあります。
都会と比較しても、情報格差は健在しており、これから地方で独立しようと考えている人は、苦しくなってしまうでしょう。
地方に住んでいる方でも、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスで案件を獲得することができますが、低価格で競合も多いため、効率が悪いです。
そのため、地方でWeb制作エンジニアとしてキャリアを進めるのであれば、企業とのコネクションや自家営業などが必須になってきます。

スキルが高い人しか生き残れない

Web制作エンジニアとして、最終的に求められる能力は、ユーザーの意図を適切に読み取って、制作物に落とし込むスキルです。
そのため、クラウドソーシングサイトなどで、発注されている簡単な案件は淘汰され、難しい案件が残る状況になってしまいます。
副業ブームによって、参入してきたスキルが低い人たちによって、より潮流が強まってきています。
そのため、Web制作業界は、この先スキルが高い人しか需要がなくなり、スキルがない人は、案件を獲得できないようになるでしょう。
Web業界は簡単な案件には、人材が十分足りており、難しい案件は人材が不足しています。

仕事があるWeb制作エンジニアの特徴

仕事がなくて悩んでいる方の中で、どのような人が仕事をもらえているのか気になっている人は多いでしょう。
そこで、仕事があるWeb制作エンジニアの特徴について解説します。
仕事があるWeb制作エンジニアの真似をすることで、仕事を獲得できるようになるため、まずは成功している人の真似から始めましょう。

企業のニーズに応えることができる人材

クライアントの求めているWebサイトを制作するためには、Web制作スキルだけでなく、マーケティングスキルや企画能力、コミュニケーション能力なども必要になってきます。
そのため、会社で一通り経験する実務経験があるWeb制作エンジニアは、独立しても仕事を獲得することが可能です。
企業のニーズに応えるためには、様々なスキルが必要になるため、コーディングスキルを習得したからといって満足せずに、学習するようにしましょう。

コネクションを持っている

日本はデジタル後進国と呼ばれることもありますが、いち早くデジタル化したベンチャー企業から遅れをとるように、DXを推進する企業やデジタルマーケティングを取り入れる企業が増えてきています。
DXを推進する企業やデジタルマーケティングを取り入れる企業が増えてきているということは、Web制作の需要も高まっていくということです。
そのような企業のデジタルマーケティングを支えるという形で、Web制作エンジニアは真価を発揮することができます。
そのため、できるだけ早いうちに様々な企業とコネクションを持っておくようにしましょう。
幅広い会社とコネクションを持っておくことで、Web制作エンジニアとして、生き残りやすくなります。
コミュニケーションが苦手で、Web業界に入ったという人も多いですが、Web業界でもコミュニケーションは重要であるため、克服するようにしましょう。

新技術に対して飛び込むことができる人材

Web業界の進化するスピードは非常に早く、日々新しい技が生まれているため、できるだけ早くスキルを吸収することが重要です。
時代の変化についていくことができず、仕事がもらえなくなったWeb制作エンジニアも多いため、常にアンテナを貼っておくようにしましょう。
新しい技術が将来必要になるのかは予想できませんが、早く着目しておくことで、将来必須なスキルになった場合に、周りと差別化することができます。

無料相談受付中!