コラム

Web制作会社の選び方を解説します。

2022.7.27
  • # Web制作・ホームページ作成
Web制作会社の選び方を解説します。

Web制作会社を選ぶ前に決めておくべきこと

Web制作会社に依頼すると、全てを行ってくれるというわけではなく、ある程度希望を聞かないとホームページを制作することができません。

そこで、Web制作会社を選ぶ前に決めておくべきことについて解説しました。

目的

ホームページを作成するには、様々な目的があり、ホームページを作成する目的によって、ホームページの作り方が変わってきます。

そのため、ホームページを作成する目的を知っていないと、制作会社は依頼者にとって、最適なホームページを作成することができません。

ホームページを制作する主な目的は以下の通りです。

・製品ページを充実させることで訴求力を上げる

・サイトからのお問い合わせを増やす

・新規顧客を獲得するため

・求人の応募数を増やす

・更新しやすいサイトにする

ホームページを作成する目的を明確に伝えることができないと、ホームページ制作に取り掛かることができないため、必ず最初に決めておくようにしましょう。

目的をはっきりしていないと、実はホームページを作成する必要がないということもあるため、お金が無駄になってしまうでしょう。

ターゲット

ホームページを作成するには、ターゲットを決めておくことも大切であり、ホームページを作成する目的だけでなく、ターゲットによってもホームページのデザインは大きく変わってきます。

子供向けのホームページを、大人が好むようなシンプルなデザインにしたとしても効果を出すことができません。

そのため、ターゲットを明確にしてWeb制作会社に伝えるようにしましょう。

ターゲットを設定する際に、ペルソナを設定することで、より明確なイメージを伝えることができるでしょう。

ペルソナとは、自社の製品やサービスを利用する典型的な架空のユーザーのことであり、ターゲットの特徴をまとめたキャラクターのようなものです。

架空のキャラクターを作ることによって、よりターゲット層のイメージをしやすくなります。

ペルソナはできるだけ細かく設定することが大切であり、細かく設定することによって、よりターゲット層を明確にすることが可能です。

ペルソナを設定すると、Web制作会社もターゲット層のイメージをしやすくなるため、より効果のあるホームページを作成することができるでしょう。

既存のホームページから改善したい点

新規でホームページを制作するのではなく、既存のホームページを改善したい場合には、既存のホームページから改善したい点をまとめておくようにしましょう。

ホームページを改善したいと考えているのであれば、今のホームページに不満を持っているということであるため、何に対して不満を持っているのか見直すことが大切です。

大きな不満が一つある場合には、その不満以外にも、他に改善して欲しい部分がないか確認しておきましょう。

一つの不満があるからといって、依頼してしまうとリニューアル後に新たな不満が出てくる可能性もあるため、改善して欲しい部分はまとめて全て伝えることが大切です。

ホームページは改善していき、PDCAサイクルを回していくことで良いホームページに仕上がっていくため、様々な視点からホームページを見てみるようにしましょう。

アピールするポイント

Web制作会社が見て思う自社の強みと自社が思っている強みは違うことがあるため、アピールするポイントをまとめておくようにしましょう。

アピールしたいポイントを明確にWeb制作会社に伝えることができると、理想のホームページを作ってもらう可能性が高いです。

自社の商品やサービスについて最も詳しいのは、そこで働いている社員の方々であるため、Web制作会社が自社を調べてアピールしたいポイントを探すのではなく、自社からアピールしたいポイントを伝える必要があります。

訴求ポイントがどこなのかという意思疎通ができていれば、間違った方向性へ行ってしまう可能性を減らすことも可能です。

自社の方々は、商品やサービスをアピールしたいという気持ちが強くて、様々なアピールポイントを提案してしまうことがありますが、アピールポイントはできるだけ少なくするようにしましょう。

納品希望日

Web制作会社にとって納期は大切なポイントであり、納期によって、他のWeb制作を進めるスケジュールが変わってきます。

納期があまりにも短いと、特急料金が発生したり、Web制作会社から高いクオリティのホームページを提供してもらえなくなる可能性が高いです。

Web制作会社としても、ホームページのクオリティが下がってしまうことは避けたいことであるため、納期はできるだけ余裕を持って設定した方が良いでしょう。

Web制作会社を気遣って、納期はいつでも大丈夫という方もいますが、それはWeb制作会社にとっては困る答えになります。

いつでも大丈夫と言われることで、スケジュールが組みにくくなってしまうため、いつでも良かったとしても、ある程度の納期は設定してあげるようにしましょう。

予算

ホームページを作成する際に、予算は最も重要な要素であり、高いクオリティのホームページ制作を依頼すると、予算を大幅にオーバーしてしまう可能性があります。

どれだけ要望をまとめていたとしても、予算が足りていないと、依頼することができないため、予算は必ず確認しておきましょう。

料金が高ければ良いホームページを制作してもらえるというわけではなく、料金が低いからといって質が低いわけでもありません。

そのため、口コミなどを調べて自社が作成したいホームページを得意としているWeb制作会社を選ぶようにしましょう。

RFP(提案依頼書)にまとめる

ここまで紹介した内容をまとめた資料のことをRFP(提案依頼書)といいます。

RFPには、制作会社に提案して欲しいことやサーバー構成などを記載して、資料として提出することで認識を共有することができます。

打ち合わせの際に直接伝えることもできますが、資料にまとめることによって伝え漏れすることなく、社内ですり合わせる際に参照することもできるため、おすすめです。

初めて書く方は難しいと感じることがありますが、要望をまとめてWeb制作会社に伝えることができれば良いため、そこまで難しく考えなくて良いでしょう。

Web制作会社の強みの違い

Web制作会社には、様々な強みを持っている会社がありますが、本記事では、大きく3つに分けて紹介します。

デザインが強みのweb制作会社

デザインが強みのWeb制作会社は、ホームページの印象を魅力的にすることができ、訪問したユーザーの心を掴むことを得意としています。

トレンドや最新技術の感度が高いことも多く、ブランドイメージを上手に表現してもらうことが可能です。

デザインが強みでない会社に依頼してしまうと、参考として提示したサイトと同じデザインのサイトが出来上がってしまい、違和感を感じることがあります。

ホームページの見せ方やデザインにこだわりがある方や、アニメーションなどの動きをつけたホームページを作成したいという場合には、デザインが強みのWeb制作会社を選ぶようにしましょう。

また、デザインが強みということは、おしゃれなサイトというだけでなく、ユーザーが使いやすいと感じるホームページを作ることができるのも、デザイン性が高いということになります。

そのため、ユーザーが使いやすいと感じるホームページを作成したいという場合でも、デザインが強みのWeb制作会社を選ぶようにしましょう。

システムに強みがあるWeb制作会社

システムに強みがあるWeb制作会社は、エンジニアが主体となっている会社であるため、ノウハウが蓄積されており、安心して任せることができます。

システム開発においても、一般的なCMSやECシステムなど得意分野が異なるため、選定する際には確認しておきましょう。

システム開発の経験が少ない会社だと、要件定義が甘くなったり、セキュリティが甘い作りになることも考えられるため、注意が必要になります。

オリジナルのシステム構築や、他サービス、基幹システムとの連携などを想定する場合には、システムに強い制作会社を探すようにしましょう。

総合力が強みのWeb制作会社

Web制作会社において必要なポイントは以下の通りです。

・設計

・デザイン

・コーディング

・SEO

・システム

これらのポイントをホームページ制作の際には、考慮する必要があり、これらのポイントを満遍なく高いクオリティを保っている会社もあります。

このようなバランスの取れたWeb制作会社は、業界・業種に関係なく一定のクオリティを保って納品してもらうことが可能です。

総合力が高い会社は、一定の品質を保つことができるように、ノウハウが蓄積されており、仕組み化されている場合が多いため、安心して依頼することができます。

ブランドを多数展開している場合や、様々なホームページ制作を依頼したい場合、運用まで全てを任せたいという場合には、総合力が強みのWeb制作会社を選ぶと良いでしょう。

制作会社を選ぶ際のポイント

制作会社を選ぶ際には、いくつかのポイントがあるため、紹介します。

###対面で打ち合わせすることができるか

最近では、新型コロナウイルスの流行によって、リモートワークを行う人が増え、対面で打ち合わせを行わない会社も増えてきています。

しかしながら、対面で打ち合わせをすることは、お互いのすれ違いが起きないためにも、大切です。

そのため、必ず対面で打ち合わせを行っているWeb制作会社を選ぶようにしましょう。

問題なくコミュニケーションを取ることができるか

理想のホームページを作成するためには、何度もコミュニケーションをとって、意思疎通する必要があります。

しかしながら、意図を汲み取ってくれなかったり、よくわからない専門用語ばかり並べてくるなどでは、十分にコミュニケーションを取ることができません。

また、返信が遅いと、緊急で対応して欲しい際にも、対応してもらうことができないため、コミュニケーションが取りにくいと感じたWeb制作会社は避けるようにしましょう。

コミュニケーションが遅いということは仕事ができないということでもあるため、高い品質のホームページも期待できないでしょう。

同じ業種の実績があるか

自社の業種と同じ業種のホームページ制作実績が豊富であれば、1から説明する必要がなく、セオリーなどを踏まえて作成してもらうことができるため、スムーズに作業を進めてもらうことができます。

業界特有のポイントなどがある場合には、同じ業種で制作経験があるWeb制作会社には、安心して依頼することができるでしょう。

どうしても、どの制作会社にすれば良いのかわからない場合には、総合力の高いWeb制作会社に依頼すると一定のクオリティは保って、納品してもらうことができます。

 

Web制作会社の規模が自社に合っているか

Web制作会社の中にも、大手のWeb制作会社があり、そのようなWeb制作会社は大手企業のホームページを制作することが多いです。

そのため、中小企業が大手Web制作会社に依頼してしまうと、予算が足りなかったり、仕上がりに不満を持つことがあります。

反対に、小規模なWeb制作会社に数百ページのホームページ制作を行うことは難しいため、Web制作会社の規模が自社に合っているか確認することが大切です。

小規模な制作会社でも、高いクオリティのホームページを納品してくれることがありますが、傾向として大手の方が作業効率は良いことが多いため、選ぶ際の一つの基準にしておきましょう。

運用のフォローまでしっかりしているか

ホームページは制作して終わりではなく、その後の運用がしっかりしていないと、ホームページの効果が減ってしまいます。

情報をブラッシュアップしていくことで集客力を高めることができるため、公開後も保守運用を行ってくれるWeb制作会社を選ぶようにしましょう。

運用を別の会社に頼んでしまうと、また最初から全てを説明する必要があるため、負担が大きくなってしまいます。

そのため、あらかじめPDCAサイクルを回してくれるWeb制作会社か確認しておくようにしましょう。

無料相談受付中!