コラム

Web制作とは何?業務内容や必要なスキル、依頼時の相場を解説!

2022.7.27
  • # Web制作・ホームページ作成
Web制作とは何?業務内容や必要なスキル、依頼時の相場を解説!

自社のサイトを作成したいと思った際、Web制作会社に依頼を考える人は多いでしょう。しかし、「Web制作とはそもそも何なのか?具体的にどのようなことをしてもらえるのか?」ということまで知っていると、自分の希望がより明確化し、依頼の際もスムーズです。

本記事ではWeb制作の作業内容や主なサイトの種類、自分で制作できるのかどうかなども解説していきます。ぜひ参考にして、理想のサイトを実現する助けにしてください。

Web制作とは?

Web制作とは、簡単に言えばWebサイトを制作することです。新規サイトの制作だけでなく、リニューアルやコンテンツの追加、更新作業なども含まれます。システムやアプリの開発やWebを用いたマーケティング作業などは、それぞれ「Web開発」「Webマーケティング」と呼ばれる業務であり、Web制作の業務範囲から外れます。

以下はそれぞれの内容を簡単に表した表です。違いを理解しておきましょう。

 

やること 主に担当する人
Web制作 サイトの作成や作成後の保守・運用 Webディレクター

Webデザイナー

Webエンジニア

Web開発 システムそのものやアプリの作成 Webエンジニア
Webマーケティング Webを利用した集客 Webディレクター

Webデザイナー

 

具体的なWeb制作業務・業務フロー

Web制作業務の流れと担当するスタッフは、一般的に以下の通りです。

 

順番 やること 主に担当する人
1 打ち合わせ Webディレクター

Webプロデューサー

2 見積 Webディレクター

Webプロデューサー

3マー 作成 Webデザイナー

Webライター

4 保守・運用 Webエンジニア

 

段階が進むと、作業の内容も変化していきます。企業であれば作業ごとに専門のスタッフが居る場合もあります。しかし、個人事業としてWeb制作を請け負っている場合、すべてをひとりでこなすケースも少なくありません。

打ち合わせ

Webディレクター・Webプロデューサーは、Webサイトの制作におけるマネジメント業務を担当するスタッフです。企画やスケジューリング、進捗の管理など、全体の進行を監督します。ヒアリングも担当するため、クライアントが主にやり取りするのはディレクターやプロデューサーです。

打ち合わせでは、Webサイトを作成する目的や仕上がりのイメージなどをディレクターやプロデューサーと話し合い、大まかな形を決定していきます。そのため、希望する条件などをあらかじめまとめておくと、打ち合わせがスムーズです。希望を聞かれるだけではなく、スタッフ側から「このようにしてはどうですか?」と提案が出てくることもあります。

見積り

Webディレクター・Webプロデューサーは、Webサイトの制作における見積業務も担当することが多いです。しかし企業によっては、他のスタッフに変わることもあります。また、個々に合わせた見積ではなく、料金プランが定められている場合も少なくありません。

Web制作は他の制作物と異なり、料金は企業ごとに差があります。リーズナブルであることも大切ですが、「安ければ安いほど良い」と一概に言えるものではありません。料金に差が出る理由を知り、納得した金額で依頼することが重要です。

制作

制作における細かい工程はWeb制作会社ごとに違いますが、主に作業にあたるのはWebデザイナーやWebライターです。

Webデザイナーは「デザイナー」という肩書ですが、デザインだけでなくコーディングと呼ばれる作業を行い、Webサイトを形にしてくれます。Webライターは、サイトに記載する文章を書くスタッフです。会社や商品に対する説明などもまとめあげて文章化する他、コラムなどを執筆してくれる場合もあります。

他にもクライアントの要望に応じて、カメラマンなどさまざまなスタッフが関わる工程です。大規模な制作会社であれば社内に必要なスタッフが揃っている場合も多いですが、個人事業主などは状況に応じて外注をかけることもあります。

保守・運用

Webサイトは制作後の保守・運用作業が重要になりますが、この作業を一般的に請け負うのがWebエンジニアです。

Webサイトは定期的にメンテナンスをしなければ、ブラウザやシステムの変更に対応できず、ページが正常に表示されないなどのトラブルが発生します。また、閲覧者の反応に合わせて適宜修正を施さなければ、サイトの質は上がりません。クライアントが自分で管理することも可能ですが、制作を頼む際に保守・運用も依頼できる場合もあります。依頼するとその分のコストはかかりますが、自分で管理する自信が無い場合には心強いサービスです。

ただし、全ての企業が必ず保守や運用まで引き受けているわけではありません。依頼可能な業務の範囲は、最初の段階で確認しておきましょう。

Webサイトの参考例

Webサイトと一言で言っても、実際にはさまざまな種類のサイトがあります。Web制作を依頼する場合は、サイトに求めている目的と種類をきちんと把握し、希望に合ったノウハウを持つ企業に依頼することでより良いサイトに仕上げられます。

企業サイト

企業サイトとは顧客を含んだ企業関係者向けのWebサイトです。コーポレートサイトとも呼ばれます。会社の情報をスムーズに閲覧者に伝達でき、デザインに力を入れることでブランド感も演出できます。

規模はサイトごとにさまざまです。多数のページを持つ大規模サイトから、スクロールで全貌を掴める1ページサイトまで存在しています。大きければ良いというわけではなく、クライアントの状況に適した規模のサイトであることが大切です。

ECサイト

ECサイトのECとはE-Commerce(イー・コマース)のことであり、ネットを通じた売買サービスを指しています。ネットショップを立ち上げたい場合は、通常のWebサイトではなくECサイトが適しています。

通常のWebサイトと違い、決済やセキュリティのシステム導入が必要です。ユーザーが商品を選ぶ際の見やすさなど、デザイン性も問われるため、ECサイトの制作を希望する場合はそのノウハウを持つ企業への依頼がおすすめです。

ECサイトを作成せず、楽天など既存のオンラインモールに出店することもできます。しかし立ち上げが楽である代わりに、ほぼすべての仕様を出店先に依存するため、自社特有のブランド感は大きく薄れてしまいます。

採用サイト

採用サイトとは求人に特化したサイトのことです。別名、リクルートサイトとも呼ばれており、通常の企業サイトと役割が分けられています。また、採用サイトを特設することで、応募者に「積極的に人材を探している」というイメージを持たせることもできます。

通常のWebサイトと違い、応募フォームなどを組み込む必要があるため、制作を希望する場合は採用サイトの実績を持つ会社がおすすめです。

LP

LPはセールス情報を訪問者に分かりやすく伝え、注文や問い合わせなどのアクションに導くことに特化したWebページです。Landing Page(ランディング・ページ)の略称で、広告や検索を通して、訪問者が最初に訪れるWebページのことを指しています。

新規顧客の獲得や売上に直結しやすい点が特徴です。しかし、セールス情報以外は記載されないというデメリットもあるため、企業サイトと同時に運用していく場合が多いです。

また、効果的なLPの作成にはノウハウが必要なため、制作を依頼する際は「LPの制作が可能」と明示してある企業を選ぶと良いでしょう。

オウンドメディア

オウンドメディアは自社で運営しているメディアのことです。厳密にはパンフレットや広報誌などの紙媒体も含まれますが、Web制作におけるオウンドメディアはブログやメールマガジンなど、オンライン上でのメディアを指しています。

オウンドメディアを作成することにより、新規の訪問者に役立つ情報を届けることができ、多数の潜在顧客に閲覧してもらうことができます。メディアを更新していくことで信頼性がより高まり、時間をかけて潜在顧客を優良顧客にしていくことが可能です。

Webマーケティングについて

Webマーケテイングとは、Webを通じて顧客に働きかける集客のことです。Web制作とは別ものであり、行う業務も違います。企業によってはWeb制作だけでなくWebマーケティングも併せて引き受けているため、マーケティングを希望する場合は業務範囲を確認し、依頼可能な企業を選びましょう。

SEO対策

SEO対策とはサーチエンジン最適化のことです。閲覧者がGoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用した際、SEO対策の働きによって検索結果の上位に自社サイトを表示することができます。閲覧者の多くは検索結果の上から閲覧していくため、SEO対策の有無は集客に大きく影響します。

ただしSEO対策は「これを施せばSEO対策をしたことになります」という明確な定義がなく、検索エンジンの進化に合わせて対応が必要です。そのため、サイト内文章における検索キーワードの織り込みや、顧客にとって有用なコンテンツの追加など、SEO対策のスキルを持っている企業でなければ、効果的なSEO対策は難しいです。

広告運用

Webにおける広告運用とは、以下の一連の作業を指します。

  • ターゲットの選定
  • 広告の出稿先の選定
  • 効果の測定と改善

Web上にはSNSや検索エンジンなど、さまざまなところに広告を載せることが可能です。ただしその分コストがかかります。また、載せる広告のデザインや集客効果の観測などは、マーケティングの知識がなければ困難です。広告運用を希望する場合は、広告運用も引き受けてくれるWeb制作企業を探しましょう。

SNS連携

制作したWebサイトは、各種SNSと連携させることが可能です。現在では個人を含めて誰かがなんらかのSNSを使用して情報を集めているため、サイトとSNSを紐づけすることによって集客の入口を増やせます。また、SNSをこまめに更新することでサイトからも企業の動向が分かり、「現在も通常通り営業しているのか?」などといった顧客側の疑問が解消されます。

Web制作におけるよくある質問

その他Web制作の依頼にあたって、比較的多くのクライアントが抱く疑問をいくつか紹介します。考えをまとめる際の参考にしてください。

ただしあくまで目安であり、同じ質問でもWeb制作会社によって返答は変わるため、実際の依頼先に直接確認を取る事が大切です。

Web制作を依頼した際の納期は?

Web制作を依頼した際にかかる期間は、一般的に以下の期間となる場合が多いです。

 

サイトの種類 製作期間
企業サイト 2~3ヶ月程度
ECサイト 3~6ヶ月程度
採用サイト 2週間~3ヶ月程度
LP 1ヶ月程度
オウンドメディア 1~3ヶ月程度

 

制作期間は必ず上記の表に当てはまるわけではなく、規模や織り込むコンテンツなど、さまざまな理由で伸びたり縮んだりします。デザインがシンプルであったり、ページ数が少なければより短くなる場合もあります。言い換えるとページ数が多かったり、デザインに拘ったり独自のシステムを組み込んだりする場合は、目安より伸びる可能性もあります。

 

Web制作を依頼する際に準備するものは?

Web制作を依頼した際に準備するものは、一般的に以下のようなものが多いです。

  • 自社の商品やパンフレットなど、コンセプトや希望するイメージが分かるようなもの
  • 写真や動画などサイト構成の素材
  • サイトに掲載する文章をまとめた原稿

ただし、一番最初のヒアリングの段階からすべてを揃える必要はなく、まずはコンセプトやイメージの説明ができれば問題ない場合が多いです。

また、上記のリストはあくまで一般的なものであり、実際に準備するものは依頼先ごとに異なります。依頼先によっては写真や原稿なども含めて制作してくれるため、自分では素材の準備ができないと感じた場合は、素材の調達まで依頼できるWeb制作会社を探しましょう。

Web制作に必要なスキルは?

Web制作には、さまざまなスキルが必要です。Webページの制作に必要なスキルであるコーディングや、ソースコード作成に必要なプログラミング言語などがそれです。しかしより見やすく、使いやすいWebサイトの作成には、デザインのセンスや画像・動画の編集、ライティングなどコンテンツを充実させるための各種スキルも必要になります。

目的によってはSEO対策などのマーケティングに対するスキル、使用者に合わせたシステムをサイトに組み込む開発スキルも要求されます。個人でも身に着ければできないわけではありませんが、かなりの時間と労力が必要です。

Web制作は未経験からでも始められる?

Web制作は未経験からでも始められます。ただし最低限のプログラミングであっても、習得までに時間と努力が必要であるため、片手間で身に着けるのは困難です。

具体的な所要時間は、一般的に以下の通りです。

 

プログラミングの学習方法 所要時間
プログラミングスクール 150~250時間程度
独学 300時間程度

 

スクールなどを利用すると習得への近道になりますが、その分授業料がかかります。また、スクールへ通うためのスケジュール調整も必要になります。独学の場合はコストがかからず、時間の調整も容易です。しかしわからないことがあっても聞く相手がいないため、習得にかかる時間が長くなってしまいます。

 

Web制作の相場は?

Web制作の相場は、作成するサイトの規模や依頼先によって変動します。サイトの作成だけでなく、運用やマーケティングなどのサービスを併せて依頼したり、採用サイトやLPなどを同時に制作したりする場合はさらに費用がかさみます。

個人に依頼した場合の相場

フリーランスにWeb制作を依頼した場合、10万~20万程度に納まるとされています。制作会社に依頼する場合と比較して、安価です。制作会社に依頼すると複数のスタッフが制作に関わることになりますが、フリーランスの場合はひとりで業務を行う場合が多く、大規模なオフィスも必要としないため、人件費やオフィスの賃料などの諸経費が抑えられるのです。

 

ただし仕上がりが個人のスキルに左右されるため、条件に合う人を探す手間がかかります。

また、規模やコンテンツによっては追加料金がかかるため、必ずしも安く済ませられるとは限りません。制作以外のサービスに関しても「手が回らないから」と断られる場合があるため、シンプルなサイトを求める人や、管理や運用を自分で行いたいという人、掲載文章やデザインは自分で考えたいという人に向いています。

中小制作会社に依頼した場合の相場

中小制作会社にWeb制作を依頼した場合は、30万〜100万円ほどに納まる場合が多いです。ひとりで全てをこなす場合が多いフリーランスと比べ、ひとつの案件に複数の人が関わるため、依頼できることが増えます。しかし、それに伴って制作費や人件費が加算されていき、料金も上がっていきます。

個人で商売をするためのサイトや小規模企業のサイト制作であれば、フットワークが軽く丁寧にヒアリングしてもらえる中小企業への依頼が適しています。それぞれの企業に特色や強みがあるため、自分の希望に合った会社を見つけるのが大切です。

大規模制作会社に依頼した場合の相場

大規模制作会社であれば、製作費は300万円以上になる場合が多いです。価格はもっとも高くなりますが、高い技術力や豊富なノウハウを持っているため、中小制作会社では引き受けられない要望でも応えてくれる可能性があります。

自社に合ったシステムを組み込んだり、サイトの中で画像や映像を滑らかに動かすなど、高度な技術を希望する場合は大規模制作会社が適しています。また、マーケティングやコンサルティングなど、制作以外のサービスを求める人にもおすすめです。

無料相談受付中!