コラム

WEB制作の案件を受注する方法

2022.5.21
  • # Web制作・ホームページ作成
WEB制作の案件を受注する方法

WEB制作の案件を受注する方法

それでは、WEB制作の案件を受注する方法について解説していきます。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、「案件を発注したい企業」と「案件を受注したい個人」を繋げるマッチングサービスになります。
誰でも無料で利用できるサービスなので、これから案件を受注したいと考えている人には非常におすすめのサービスです。
しかしながら、クラウドソーシングは参入障壁が低く利用者も多いので、ライバルがたくさんいます。ライバルが多いということは案件を受注する難易度が高くなるので、デメリットと言えるでしょう。

実際に案件によりますが、クラウドソーシングで募集されているWEB制作の1案件に対して、50件以上の応募があることも珍しくありません。
実績のない状態でクラウドソーシングで案件を受注するのは、難易度が高いと言えるでしょう。
もしクラウドソーシングで案件を受注したいと考えているのであれば、価格を安くするなどの対策が必要になります。

WEB制作会社の下請けになる

WEB制作会社に下請けになることで、自分は営業をしなくても案件を受注することができます。
また、継続的に案件が発注されるので、安定して稼ぐことが可能です。
しかしながら、WEB制作会社の下請けになると、低単価で案件が発注されるので稼げる金額に限界があります。それだけでなく、レベルの高い技術を求められるケースもあるので、収入を得られたとしても費用対効果が悪くなる可能性が極めて高いです。
これからWEB制作会社から下請けで案件を受注するのであれば、費用対効果が良い契約にできるのか相談しましょう。

営業代行会社を利用する

営業代行会社を利用することで、クラウドソーシングのようにライバルが少ない場所に営業できるだけでなく、WEB制作会社のように下請けではない形で案件を受注することが可能です。
ライバルが少ない場所であれば、案件の受注率を上げることができます。また、下請けでなければ高単価で案件を受注することが可能です。
しかしながら、営業代行会社への外注料が発生するので、それでも利益を出せる価格設定をしなければいけません。
例えばホームページ制作費が10万円で営業代行会社への外注費が5万円だと、利益が5万円しか残りません。ホームページ制作費が50万円で営業代行会社への外注費が5万円であれば、45万円を利益にできます。
もちろん制作費の価格帯を上げるには、ホームページの品質や付加価値を上げなければいけません。
これから営業代行会社を利用を考えているのであれば、利益が出る価格設定のホームページを制作できるようになりましょう。
また、営業代行会社を利用するのであれば、成果報酬契約をおすすめします。固定契約だと案件が受注できなくても外注費を支払わなければいけないので、赤字になる可能性があります。
外注費が高くなっても利益を確実に出すために、契約内容は成果報酬の方が良いと言えるでしょう。

自社で直営業を行う

予算を抑えて高単価の案件を受注したいのであれば、自社で直営業を行いましょう。
直営業であれば、外注費などが発生しないので予算がない人でもできます。
しかしながら、直営業は営業スキルが必要になるだけでなく、時間も多く取られます。それだけでなく、資料作成などの手間も必要です。
予算があって時間を確保したいのであれば営業代行会社をおすすめしますが、予算がなくて時間が空いているのであれば直営業をおすすめします。
予算がないけど直営業の時間を作るのが難しいのであれば、簡単に営業ができるクラウドソーシングやWEB制作会社の下請けで案件の受注がおすすめです。

WEB制作の案件を受注できない理由

WEB制作の副業を始めている人の中には、案件を受注できないと悩んでいる人が多く存在します。
そこで、WEB制作の案件を受注できない理由について解説しました。これから紹介する理由を把握することで、どのようにすればWEB制作で稼げるようになるのか明確化することが可能です。

技術力が低い

そもそも技術力が低い場合は、対応できる案件の幅が狭いので受注できる確率が一気に低くなります。
案件を受注できない人の多くは、技術力が低いことが原因です。
例えば、HTML・CSSしか扱えない人材は、静的なホームページしか制作できないので応募できる案件の幅が非常に少ないです。また、その程度であれば多くの人が技術を持ち合わせているので、多くのライバルが存在します。
HTML・CSSだけでなくJavaScriptやPHPなど複数の言語を扱えれば、対応できる案件の幅が広がり受注できる確率を上げることが可能です。それだけでなく、技術力を上げると、比例してライバルが減っていきます。
WEB制作の案件を受注できないという悩みを抱えている人は、現状のスキルがどれくらいあるのか判断して、不足しているスキルを上げていきましょう。

営業力がない

技術力があるにもかかわらず、案件を受注できない場合は営業に問題を抱えている可能性があります。
営業力が低い場合は、どれだけ技術力があっても案件を受注できない可能性が高いです。
言い換えると、ライバルに比べて技術力が劣っていても、クライアントが希望する品質の成果物を納品できるのであれば、営業力で案件を受注できます。
クライアントが求める品質の成果物を納品できる人が10人いる場合は、最終的には営業力勝負になることが多いです。
そのため、WEB制作で案件を受注するのであれば技術力だけでなく営業力も高めなければいけません。

ライバルが多い場所で営業している

技術力も営業力も一定レベルに持ち合わせているにもかかわらず、案件を受注できないと悩んでいる人は、営業している場所に問題がある可能性があります。
例えばクラウドソーシングで営業している人は、1つの案件に50人近くが応募するケースもあるので、技術力と営業力を持っていても案件を受注できる可能性は極めて低いです。
効率よく案件を獲得するためには、できるだけライバルが少ない場所で勝負する必要があります。
例えば自分で営業資料を作って直営業を行なったり、経営者が集まるセミナーに参加して営業するなどの選択肢があります。自分で営業するのが難しいのであれば、WEB制作会社の下請けになるなどがおすすめです。

付加価値がない

WEB制作は参入障壁が低くライバルが多いので、ホームページを制作できるだけでは案件を受注するのが難しくなっています。
そのため、できるだけ付加価値をクライアントに与えられるようにすることが大切です。
例えば、WEBマーケティングの知識を持っていて、制作したホームページに集客できるのであれば大きな付加価値になります。
実際に、ホームページを制作する技術力は高いにもかかわらず、案件を受注できていない人は付加価値がないというケースが多いです。
これからWEB制作の案件を受注したいのであれば、付加価値を付けて受注確率を上げましょう。

WEB制作の案件を受注する際のポイント

今までの記事を読んで、WEB制作の案件を受注するための方法を把握していただけたでしょう。
そこで、案件を受注する際に意識しておくべきポイントも解説しておきます。

単価を上げる工夫をする

WEB制作の案件は請け負える数が限られるので、1つの案件の単価を上げる工夫をしましょう。
例えば、WEBライティングや動画編集は1つの案件に取られる時間が少ないので、単価が安くても受注数を増やして収入を上げることが可能です。
しかしながら、WEB制作は1つの案件に取られる時間が長いので、受注数を増やすにも限界があります。そのため、WEB制作で稼ぐのであれば、1つの案件をどれだけ高単価にするのかがポイントになります。
高単価にするには、品質の高いホームページを制作できる技術を身に付ける、集客など付加価値を上げるなどが必要です。

納品後の運用も請け負う

ホームページ制作を単発で請け負う人も多いですが、安定して収益を作りたいのであれば納品後の運用も請け負いましょう。
例えばサーバー・ドメインの管理費用を毎月貰えるようになれば、サイトを制作するごとに定期的に収益を上げられる仕組みが作れます。
納品後の広告運用やコンテンツ制作の案件も巻き取れば、継続的に収益を作ることが可能です。
これからWEB制作を始めるなら、単発で案件を取っていくだけでなく、継続的に案件が受注できる仕組みも作りましょう。継続的に案件が受注できる仕組みが作れれば、安定して収益をあげることが可能です。

打ち合わせは入念に行う

WEB制作は、作業者とクライアントの認識の相違でトラブルに発展するケースが多いです。
例えば、作業者がデザイン案を提出すると、クライアントのイメージと違って何度も修正依頼になることがあります。
打ち合わせを入念に行うことで、作業者とクライアントの認識の相違がなくなり、スムーズに案件を納品することが可能です。
トラブルなく納品ができれば継続依頼に繋がる可能性も高いので、打ち合わせは入念に行なっておくことをおすすめします。

連絡を早く返す

連絡を早く返すことで、コミュニケーションが円滑に進むのでクライアントからの評価を一気に上げることが可能です。
①連絡が1日に1通しか返ってこない
②連絡が5分以内に帰ってくる
上記の場合だと、②の方がスムーズにコミュニケーションが取れるので働きやすいですよね。
案件を発注する前のクライアントは、技術力だけでなく一緒に働きやすい人を探しています。
クライアントに働きやすい人材だと思われるためにも、連絡は早く返すことを意識しましょう。

実績をアピールする

WEB制作の案件はライバルが多いので、実績をアピールしなければ受注するのは難しいです。
しかしながら、これからWEB制作の副業を始める人は、実績がありませんよね。
実績がない状態でWEB制作の副業を始めるのであれば、ポートフォリオを作成しましょう。
ポートフォリオを制作することで、実績がなくてもあなたのレベルをアピールすることが可能です。
何にもない状態で営業しても案件を受注できる可能性は低いので、ポートフォリオの作成をおすすめします。

WEB制作の案件を受注する際の注意点

今までの記事を読んで、WEB制作の案件を受注するために営業しようと考えている人も多いはずです。
そこで、WEB制作の案件を受注する際の注意点について解説していきます。

無理なことを事前に伝える

WEB制作の案件を受注する際に、あなたが持っている技術では対応できない品質の成果物を求められることがあります。
もちろん対応できる方法があるのであれば受注しても良いですが、できないことを対応可能と伝えて案件を受注するのはおすすめしません。
作業を始めて対応できなくなると、収入を得られないだけでなく、最悪の場合は損害賠償請求に発展する可能性もあります。
これからWEB制作の案件を始めるのであれば、対応できる範囲で案件を受注しましょう。

クライアントの意見を全て受け入れない

案件を受注するためにクライアントの意見を全て受け入れると、自分が働きにくくなります。
例えば、何度も修正依頼を受け入れると、クライアントから簡単に修正依頼が入って納品までに時間がかかります。もし事前に修正回数を決めておけば、何度も修正する手間を無くして案件をスムーズに納品することが可能です。
もちろんクライアントの意見を受け入れることも大切ですが、自分が働きやすい状態を作ることも大切になります。

外注先の選定は入念に行う

自社で対応できない業務を外注する場合は、外注先の選定を入念に行いましょう。
外注先によっては作業を飛ばれるなどのリスクがあり、それらの責任は全てあなたが持たなければいけません。
実際に、外注先が作業を進めることができず、納品日に遅れてクライアントからクレームや損害賠償を請求されるケースもあります。
これから案件を回す際に外注を利用するのであれば、信頼できる外注先を選定することが大切です。

契約書を作っておく

クライアントとトラブルが起きないように、事前に契約書を作っておきましょう。
契約書を作っておくことで、何かしらのトラブルが発生した時に、契約書に沿って対応することが可能です。
フリーランスは契約書を作らない人も多いですが、トラブルを未然に防ぎたいのであれば契約書の作成をおすすめしておきます。

 

無料相談受付中!