コラム

WEB制作とは何かを詳しく解説【WEB制作に係る職種からサイト製作の流れまでご紹介します】

2022.5.21
  • # Web制作・ホームページ作成
WEB制作とは何かを詳しく解説【WEB制作に係る職種からサイト製作の流れまでご紹介します】

WEB制作とは

一般的に企業や個人向けにWEBサイトを作成することをWEB制作といいます。
又、WEBサイトのリニューアルやコンテンツの追加を行うこともWEB制作といいます。

WEB制作に関わっている人たち

Web制作にはどのような人が関わっているのかを見ていきましょう。

Webディレクター

WEB制作の中で仕事の内容が最も多岐に渡るのがWEBディレクターになります。
英語でディレクターはdirectionと言います。
言葉の通り、WEB制作全体の進行・マネジメントを指揮します。
小さなプロジェクトであれば、クライアントとのやり取りから、全体のスケジュール管理まで全て行います。※※※WEBデザイナー
私達がふだん使っているWEBサイトの目に見える部分、その名の通りデザインを担当します。
具体的にはクライアントからヒアリングした内容をまとめ、コンセプト設計・ワイヤーフレーム作成・デ ザイン・コーディングなどを行います。

フロントエンドエンジニア

HTMLやCSS、JavaScriptを使って、Webサイトを実装する仕事になります。
ユーザーから直接見える部分の画面設計と開発を行うのが主になります。
Webデザイナーが作ったデザインを再現し、ブラウザに表示させるために上記を1から記述できるスキルは必須になります。
フロントエンジニアは様々な職種の人と話ができるように、Web製作全般の知識を初め、WebデザインやSEOなどの知識を身につけておくといいでしょう。さらにPHPなどのプログラミング言語を知っていると仕事の領域が広がります。

バックエンドエンジニア

サーバーサイド全般を取り扱うエンジニアのことです。構築と開発が主な仕事で、Webサービス全般の知識を持っていないといけないでしょう。

一般的なWeb制作の流れ

Web制作が初めての場合、どのような流れで進めるのかわからない人も多いと思います。
ここでは制作の流れを順を追って説明いたします。

①まずはWebサイトのコンセプトを決めること

何のためにWebサイトを製作するのかと言う目的を明らかにすることが重要です。
この目的の明確化=コンセプトが決まるとそこから逆算して取り組むべき課題が見えてきます。
コンセプトが曖昧なままWeb製作を進めることは、サイトの方向性が定まらないため、具体的な成果につながりません。
コンセプトや目的が決まると、Webサイトのポイントや機能もある程度想定することができるため、制作においてのスケジュールや、どのくらいの予算で制作が可能かが見えてきます。
コンセプトを決めて並行して、市場調査や分析も行いましょう。
サイトの目的を達成するためには、競合との差別化やアピールポイントなどを多方面の角度から、市場調査・分析を行います。

②Webサイトの基本的な設計づくり

コンセプトが明確化したら、次は基本的な軸となる設計に入って行きます。
まずは、サイト設計になります。
具体的に言うと、コンテンツやページ、そのディレクトリ構造、メニュー構造などがサイト設計にあたります。
サイトに来た訪問者にトップメニューから、どのように効率よく情報(ページやコンテンツ)を提供するのかを検討します。

③サイトの顔、デザイン作成

WEBサイト制作の構造と一緒に設計を考えなければいけないのは、各ページの構成を決め、デザインすることです。
トップページ、ランディングページ、下層ページ、ブログなどのページごとのデザインを作成していきます。
一見、デザインと聞くと見た目がよければいいのではないか、と思う方もいて見た目にこだわりすぎる傾向もありますが、各ページの機能を重視して考えます。
各ページの役割・目的を考え意識し、どのような機能を配置するかを検討していきましょう。
それぞれのページのデザインを行うときに使用するのがワイヤーフレームになります。
ワイヤーフレームとはWebページのレイアウトを定める設計図のことです。
ワイヤーフレームを見ただけで、ページのどこに何を配置するのか、と言うことが簡単にわかるようになっています。
ワイヤーフレームで配置が決まったら、使用するフォントやカラーを決めていきます。フォントやカラーは後々変更が可能な部分なので機能を重視しながら、デザインを作成していきます。

④WEBページのコーディング

次に設計したデザインを視覚化するためのコーディングという作業をします。
コーディングとはHTMLといったマークアップ言語を使用し、Webサイトに飾り付けを施していきます。
JavaScriptなどの動的機能を追加するのもコーディングの一つです。
一般的にはWeb制作会社が行う作業になります。制作会社に委ねる場合は依頼する会社の技術レベルの確認が必要になります。
依頼する場合、正しく実装されているかを確認しながら効率よいWeb制作にしていきます。

⑤いよいよシステムへの実装

コーディングが完了したら、CMSなどのシステムへ組み込んでいきます。
CMSとはHTMLやCSSなどのWeb製作のスキルを用いずにWebサイトを更新することができるシステムです。
現在の主流はWordPressですが、様々なシステムが他にも提供されていますので、自分にとって最適なものを選ぶことが大切です。制作会社に依頼する際はどのようなシステムを取り扱っているかを確認することも大切です。
こうして、Webサイトとして機能するようにシステムへの実装とWebブラウザで表示できるように構築をします。

⑥製作の佳境、動作環境のチェック

システムの組み込みが完了したあとは、動作環境のチェック作業になります。OS環境にもWindowsやMacといった違いや、ブラウザ環境にもGoogleChromやFirefoxといった違い、デバイス環境のPCやモバイルの違いなど、複数の環境においてWEB制作をしたサイトが正しく表示・動作するかを確認します。
動作環境のチェックは必須項目で、このときに何か問題があれば修正して、さらに修正ごとに必ず動作環境のチェックを行いましょう。
この動作環境のチェックをめんどくさがり怠ると、いざサイトを公開したときに不具合が生じる場合があります。

いよいよ!Web制作サイトの公開です

動作環境までの全ての作業が完了したら、Webサイトの公開になります。
Webサイトの規模にもよりますが、一般的に2ヶ月から3ヶ月程度の製作期間になります。

保守運用は継続的に行おう

Webサイトは制作したら終わりではなく、保守運用が良質なサイトを保つための重要な鍵になります。
より良いWebサイトにするためにもSEO対策やアクセス解析などを継続的に繰り返し市場の変化又はサイトの目的の変化に合わせて、変更していきましょう。
分析と改善を繰り返しながら継続的に最適化をはかっていきましょう。

Webサイト制作を成功するためには

Webサイト制作を成功させるためにはポイントがいくつかあります。
ここでは重要なポイントを説明いたします。

Webサイトを作る目的を明確に決めること

Web製作の流れでもお伝えした通り、Webサイトを作る目的を明確に決めることが重要です。
目的が決まっていないと、サイトを訪れたユーザーが迷ってしまい、適切に求めている情報を与えられない場合があります。
サイトを製作する目的が、お問い合わせを増やしたいなのか、認知度をアップさせたいなのか、はっきりとした目的を決め、サイト内のコンテンツやコンセプトを決めていきましょう。

Webサイトに訪れて欲しいユーザーのターゲットを決める

ターゲットを設定することでサイトの方向性が決まり、コンテンツをどのように作ればいいのかが、より明確になります。サイトに訪問して欲しいユーザーの人物像を細かく詳しく設定していきます。
項目の例として、
・年齢
・性別
・家族構成
・趣味嗜好
・職業
・何に悩んでいるか など
細かく設定していきます。外部の制作会社にサイト製作を依頼する際には必ず、Web制作会社にも伝えるようにしましょう。

制作会社に依頼する場合にコンセプトを丸投げしない

サイト制作で失敗する例の一つとしてコンセプト設計、つまりサイトの目的を決める部分を制作会社に丸投げしてしまうことです。
意外と多いのがこちらの失敗例です。
必ず依頼者側、主体で進めていきます。作りたいWebサイトを一番理解しているのは自分自身なので、しっかりと制作会社に伝えることが大事です。
それをいかに、忠実にWebサイトの設計やコンテンツに落とし込めるかが、制作会社になります。
運営も丸投げをせずに定期的に保守内容などを見直し、両者が一緒によりよいWebサイトを作っていきましょう。

サイトのロゴと主となるカラーを決めておく

製作前に使用するロゴとカラーを決めることで、サイト全体に統一感がうまれます。
すでにロゴがある場合はそちらを使っていきましょう。
カラーを決める際は、慎重に選ぶことが大切です。それはカラー次第でWebサイトの全体の印象が大きく変わってくるからです。会社などでユニフォームやロゴなどに決まったカラーがある場合はそちらを採用すると、現実的に目にするものとネット上で目にするものがリンクしてより良い効果につながります。
色ごとの連想されるイメージの例は
赤色:情熱的・アクティブ
橙:活発・家庭的
黄:幸福・活動的
緑:穏やかさ・調和
青:平和・安全 など

制作に関わる予算と制作期間を決めておく

いつまでにWebサイトが必要なのか、予算は幾らなのかはとても重要です。
特にWeb制作会社に依頼する際には必須項目になります。
以上がWebサイト制作を成功するために必要なことです。
##Web制作会社に依頼した際に得られるメリットとは
自分で1からWebサイトを制作すれば、コストを抑えられますが、Web制作会社に依頼した場合は、コスト以上に大きなメリットが得られます。
Web制作会社に依頼した際に得られるメリットを見ていきましょう。

SEOに強いWebサイトの制作ができる

Webサイトの目的は様々ですが、最初から訪問者数0のサイトを作るのが目的な人はいないと思います。
より沢山の人に自分の作成するサイトに訪れて欲しいと考えるとおもいます。
Web制作会社は数々の実績と経験から、集客できるノウハウを持っています。
制作会社によってはSEO専門のチームを持っている会社もあるので、制作会社選びの時に参考にしてください。

メンテナンスや保守の対応をしてもらえる

ホームページは24時間働く営業マンと言われています。
24時間動いているので、いつWeb上でトラブルがあるかわかりません。
忙しい日々の時間を割いて、自分で常に最新の状態にサイトを保つことは大変です。
Web制作会社に依頼した際はトラブルがあった際にプロが責任を持って対応してくれるので安心です。
運営するにあたり重要な部分になります。
自分でサイトは制作しても、保守管理は外部のWeb会社に任せるという方も多いようです。

デザイン力が高いサイトの作成ができる

デザインが得意なので自分でサイトを制作できるという方も多いと思いますが、Webでいうデザイン力の高いサイトとは見た目だけではなく、訪れる人にとって使いやすく、見やすく設計されたサイトのことを指します。
表面的にカッコ良くても綺麗でおしゃれでも、訪れる人にとって使いづらく感じたり、目的にあっていないサイトですと、いいサイトとは言えません。
Web制作会社を決めるときは、顧客の目線に立って使いやすさ、見やすさなどを意識したデザイン力を持った会社を選ぶことも大切です。複数の会社からコンペ方式でデザインを出してもらうのも一つです。

マーケティングの知見が高く集客できるサイトの作成が可能

Web制作会社にはマーケティングの専門部署がある会社も数多くあります。
より集客できるサイト制作にはマーケティングはかかせないため、売れる仕組み=サイトに訪れてもらえる仕組みを持った制作会社を選びましょう。
Webサイト制作の流れにそって、よりよいWeb制作ができればいいと思います。
最後に、Web制作は、制作に関わる全ての業種の方と円滑なコミュニケーションが不可欠です。
Web制作とは、最初に決定した目的のイメージを具体化して行くことになります。
制作会社や紹介したようなWeb制作に係る業種の方にいらしする際は、発注する側と制作する側がお互いのイメージをすり合わせて、そして納得するものにしていく必要があります。
少しの認識の違いが大きいトラブルや食い違いになり、取り返しのつかないことになりかねないので、密なコミュニケーションをはかっていくようにしましょう。

 

無料相談受付中!