コラム

コンテンツマーケティングとは何か?実践方法と成功事例を紹介

2023.2.2
コンテンツマーケティングとは何か?実践方法と成功事例を紹介

コンテンツマーケティングとは何か

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを通して商品の存在や魅力を知ってもらうマーケティング手法です。

商品の宣伝を直接広告として出すのではなく、商品に関連するコンテンツを制作し発信します。

コンテンツは、売りたい商品のターゲットが潜在的に欲していることに訴求した内容とします。

コンテンツを通じて、ターゲットは段々とコンテンツ発信者のファンとなっていきます。

やがてコンテンツ内に登場する商品を、信頼できて良いものだと認識するようになります。

例えば、エアコンの製造企業が新商品のエアコンの機能を広告で出しても、広告がありふれた現代ではターゲットにはなかなか届きません。

コンテンツマーケティングでは、エアコンの効率的な使い方や、節電につながる使い方などのようなコンテンツをブログやYoutubeなどの媒体を通じて発信していきます。

一連のコンテンツを通じて、有益な情報を発信してくれる製造企業への信頼が高まります。

ターゲットに対して、コンテンツを通じてファン化させたあとに新商品の宣伝を行うと、より価値の高い広告効果が見込めます。

 

コンテンツSEOとの違い

よくコンテンツマーケットと混同されるのがコンテンツSEOですが、この2つの概念は厳密には異なります。

コンテンツSEOは、コンテンツマーケティング手法の中の1つの方法です。

コンテンツマーケティングは、コンテンツを通じたマーケティングの全体を指しますが、一方でコンテンツSEOは、作成したコンテンツを検索上位に表示させて検索流入を増やすことを目的としています。

作成したコンテンツが上位に表示されれば、多くの商品ターゲットの目に留まることになるため、コンテンツマーケティングにおいてコンテンツSEOも重要なポイントとなります。

 

コンテンツマーケティングの手法

コンテンツマーケティングの手法としては、次の媒体でコンテンツを作成します。

・ブログ(記事)

・動画

・ホワイトペーパー

特にスマートフォンの電波が4G、5Gとなったことにより、動画を個人が気軽に視聴できる環境が整ったため、動画コンテンツがより注目を浴びてきています。

上記の媒体で作成したコンテンツを、下記の手法で商品ターゲットへできるだけ広く届けます。

・SEO

・SNS

・セミナー

・プレスリリース

・メールマガジン

・web広告

 

特に最近ではSNSが手軽にはじめることも出来て利用者も多く、かつ拡散力もあるため注目されています。

コンテンツマーケティングにはSNSが欠かせない時代となっています。

 

コンテンツマーケティングはなぜ必要なのか

コンテンツマーケティングは直接的な広告とは異なり、結果が出るまで時間がかかり、またコンテンツ作成の労力も必要です。

ではなぜコンテンツマーケティングが今注目されているのかということを、まずは理解する必要があります。

 

広告費の高騰

インターネットの広告費高騰を受けて、広告を出すことの費用対効果が薄れてきました。

また、広告に依存した売上ばかりだと利益率も低下してしまいます。

広告費をなるべくかけずに自社製品の売上を上げる流れが必要になり、コンテンツマーケティングが注目されはじめました。

 

広告宣伝マーケティングの限界

テレビ広告や雑誌などのメディア広告、ポスティングなどのような売り込み型の宣伝手法は、昨今通用しなくなってきました。

なぜなら、インターネットの普及によりテレビや雑誌などの広告を目にする機会が少なくなったためです。

インターネットにおいては自分自身で情報を仕入れることが出来るため、調べる過程に表示されるインターネット上の広告はスキップまたは排除されることが多く、また自分が調べた情報以外は信用できなくなることで、広告自体の信頼価値が低下することになります。

このことにより、インターネットで調べた際の、SEOによって上位表示された自社コンテンツからの流入を狙う企業が増えました。

 

ZMOT

ZMOTは、検索が当たり前となった現代におけるgoogleが提唱する新しい消費者の意思決定モデルです。

ZMOTの概念では、消費者は商品を購入する前に自分自身で一通り検索し調査してから購入するとされています。

コンテンツマーケティングを取り入れていれば、消費者が事前に調査する段階で自社コンテンツを訴求することが出来ます。

 

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングが必要とされている理由が分かったところで、実際にコンテンツマーケティングを導入するメリットデメリットについて紹介します。まずはメリットから紹介していきます。

 

広告費宣伝費がかからない

コンテンツの良さは発信後にもそのまま資産として残り続けることにあります。

コンテンツを蓄積していくことで自社のコンテンツマーケティングとしての流入量はどんどんと増えていきます。

SEOやSNSでの普及次第では、広告宣伝費をかけずとも自社のコンテンツや、コンテンツ内の商品を広く普及させることができます。

 

顧客から信頼が得られる

見込み客の求めるコンテンツを発信しつづけることで、商品に対してまじめに取り組んでいることを暗にアピールすることが出来るほか、専門的な知識などを混ぜることで商品への信頼感が生まれます。

良質なコンテンツを見込み客が継続して受けることで、段々と自社のファンとなってくれて商品の購入へと繋がりやすくなります。

 

売り込み型の宣伝にならない

広告があふれている現代においては、売り込み型の広告は嫌われる傾向にあります。

自社SNSでも商品の宣伝ばかりしているアカウントはフォロワーも少ないです。役に立ったり、面白いと思ってもらえたりするコンテンツを発信することが出来れば、人は嫌悪感を抱かずに広告を受け入れます。

嫌われないマーケティングとしてコンテンツマーケティングは地位を得ています。

 

SNSとの相性が良い

webでの検索も重要ですが、今ではYoutubeやinstagramなどのようなSNSでの検索を行う人も増えてきています。

コンテンツはSNSで発信することが出来るため、SNSとの相性がとても良いです。

人々の興味を惹く話題になるコンテンツを作ることができれば、拡散力の高いSNSでは一晩にして流入数が爆発的に増える可能性もあります。

 

コンテンツマーケティングのデメリット

デメリットもしっかりと理解した上で取り入れる必要があります。ここでは2つのデメリットについて解説していきます。

 

結果が出るまで時間がかかる

従来の売り込み型広告では、広告を見た買い手が商品を購入することで効果がすぐに得られました。しかし、コンテンツマーケティングは商品購入まで非常に時間を要します。

買い手が求めるコンテンツが何かを分析する必要があり、ニーズに合った良質なコンテンツを蓄積する必要があります。

分析にも時間を要し、SEO対策で上位表示されるまでにも時間を要し、そしてコンテンツを気に入ってくれて見込み客がファン化するまでも時間がかかります。

多くのコンテンツを蓄積し、検索流入の数も増えれば結果は飛躍的に上がりますが、そこまで我慢できるかどうかが重要なポイントとなります。

コンテンツマーケティングを理解していない人達から、効果に結びつかない活動をしていると批判を受けるかもしれません。

 

長期的なリソースが必要

コンテンツは、蓄積し続ける必要があります。発信媒体も時代とともに変化するため、時代に合ったプラットフォームを取り入れてプラットフォームに合うコンテンツを作成しつづけなければいけません。

コンテンツを制作しつづけるには長期的なリソースが必要となるため、広告宣伝費こそかかりませんが人的リソースが必要となることを理解した上で導入しましょう。

 

コンテンツマーケティングの実践方法

ここから実際の実践方法について解説します。ここで紹介する手順を踏むことで、コンテンツマーケティングを導入することが出来ます。

 

目標設定(KPI)

コンテンツマーケティングは結果が出るまで時間がかかるため、KPIを明確にすることが非常に重要です。

最終的にコンテンツマーケティングを導入することで何がしたいのかを共有することで、一連のマーケティングに一貫性を持たせることが出来ます。

KPIは最終目標だけでなく、マイルストーンとして段階的に期限を設けて設定するようにしましょう。

 

ペルソナ設定

商品を購入してほしいターゲットのペルソナを設定します。ペルソナを具体的に設定できればコンテンツがよりターゲットへ届きやすくなります。

年齢、性別、趣味、ライフスタイルなどから、どのような悩みを持っている人かを導き出して人物を作り上げましょう。

 

コンテンツ作成

コンテンツは定期的に発信する必要があります。目標設定とペルソナ設定の内容に合わせて計画的に作成、発信をしていきましょう。

発信するプラットフォームによって、好まれるコンテンツのボリュームも異なってきますので、それぞれに合わせたコンテンツ作りが必要です。

例えばYoutubeで発信するのか、TikTokで発信するのか、もしくはブログで発信するのかなどのように、自社のブランドイメージに合わせたプラットフォーム選びも重要となってきます。

 

効果測定

効果測定は必ず実施し、PDCAサイクルを早い段階で回していきましょう。分析には様々なツールがあり、ほとんどが無料で使えます。

例えばブログ記事の場合はgoogleサーチコンソールやgoogleアナリティクスなどが使えます。

コンテンツをある程度発信すれば傾向が見えてくるので、対策を考えて計画に反映していくと、より良いコンテンツ作成に繋げていくことができます。

 

コンテンツマーケティングの成功事例を紹介

コンテンツマーケティングの実践方法が分かったところで、ここで成功事例を2つ紹介します。

それぞれのコンテンツマーケティングの実践方法を見て、自社のマーケティングに取り入れてみてください。

 

土屋鞄製造所

1つ目に紹介するのは土屋鞄製造所です。Facebook、instagramを上手く活用しコンテンツマーケティングを成功させた企業として有名です。

SNSを通じて新商品の宣伝やキャンペーンなどのお知らせをする企業が多くある中で、土屋鞄製造所は自社の鞄がある生活風景に焦点を当てて写真として発信しました。

ターゲットをビジネスパーソンとして設定し、毎日のビジネスシーンの中に鞄が溶け込んでいる綺麗で素敵な写真を多く投稿しました。

投稿に共感した人がファンとなり、土屋鞄製造所に興味をもち調べることでこだわりやブランドのストーリーを知り、より土屋鞄製造所が作り上げる鞄のファンとなります。

土屋鞄製造所の鞄が欲しいという欲求に変わり、ファンとなった顧客はSNSで更に広めて宣伝をしてくれます。

ターゲットのペルソナとコンテンツが上手く結びつき、商品販売へと繋がった成功事例といえるでしょう。

 

サイボウズ株式会社

次に紹介するのはサイボウズです。サイボウズは業務効率改善になるソフトウェアなどをBtoBで展開している企業で、サイボウズ式という記事コンテンツを活用しています。

サイボウズ式では2012年の5月から今に至るまで数百記事以上をコンテンツとして積み上げてきました。

仕事との向き合い方や、組織作りのノウハウなど内容は多岐に亘ります。仕事に対する向き合い方を真摯に考える企業であるというメッセージを伝える役割を成しています。

 

コンテンツ制作をプロに依頼するメリット

コンテンツマーケティングにおいてコンテンツの質は重要な要素です。

質の高いコンテンツを作ることがコンテンツマーケティング成功の鍵となりますが、コンテンツを作るのはノウハウが無いとなかなか難しい部分もあります。

とくにSEOについては経験やノウハウが無いとすぐに身につくものではありません。

コンテンツマーケティングはなかなか結果に結びつかないこともあるため、コンテンツを作りつづけることに意味を感じられないと途中で頓挫してしまうこともあります。

コンテンツ制作をプロに依頼することによって質が担保されれば、コンテンツマーケティング全体の分析などにリソースを回すことができます。

はじめはプロに依頼して、様子をみつつ段階的に内製化していく手もあります。

自社ホームページにおいてもコンテンツマーケティングを意識してるかどうかで、作り方も変わってきます。

コンテンツマーケティングを考えるにあたって、自社でできる部分とプロに依頼する部分とを分けて考え、成功につなげていくことも必要です。

 

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

無料相談受付中!