SEOで評価されるために大切なことって何?対策方法などについて徹底解説!

SEOで評価されるために大切なことって何?対策方法などについて徹底解説!

SEO対策のこと、どの会社に相談していいか分からない。業界事情をまずは把握したい。具体的な見積もりがほしい。お気軽にご連絡ください。連絡は無料相談・お問い合わせよりどうぞ。Web業界10年以上のキャリアを持つメンバーが対応いたします。

SEOとは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略であり、「検索エンジン最適化」という意味です。

Googleなどの検索エンジンが理解できるように自社のサイトを最適化することをSEOと言います。

検索エンジンから高い評価を得られるように対策することが、SEO対策であり、検索上位に入ることで、より多くのユーザーの目につくようにする事が可能です。

逆に、SEOを無視し続けていると、Webサイトの内容が認識されづらく、キーワードを検索されても表示されず、誰からも閲覧されない状況になってしまいます。

検索上位を獲得し、より多くのユーザーにサイトを閲覧してもらうことで、売上アップなどにつながるため、SEO対策は必須だと言えます。

SEOは200以上の評価項目があり、明確な対策方法はありませんが、ある程度予測する事ができるため、検索順位なども確認しながら改善していくと良いです。

検索エンジンから評価される仕組み

Googleがサイトの検索順位を決める際には、主に「クローリング・インデックス・ランキング」が関係してきます。

クローリングとは、サイトの評価を決めるGoogleのクローラーが巡回することであり、膨大な情報をクローリングして集めています。

クローラーに評価してもらうためには、サイトを巡回してもらう必要があるため、クローラーが巡回してもらえるようにサイトを整える事が大切です。

インデックスとはクローリングして集められた膨大な量の情報をGoogleサーバー内のデータベースに保存する事です。

自社サイトがデータベースに保存されて、初めてGoogleからサイトの評価をしてもらう事ができます。

ランキングは最終の順位付けの事であり、Google独自のアルゴリズムによって、決められていきます。

その評価基準は、200以上あるとも言われており、全ての評価基準が明言されているわけではないため、完璧なSEO対策をすることは不可能に近いです。

そのため、様々なSEO対策を試行錯誤しながら、サイトを何度も改善することで、上位表示されるようになるでしょう。

SEO対策のメリット

まずは、SEO対策のメリットについて解説します。

集客力が高い

SEO対策をする最大のメリットは、集客力が高いことであり、検索順位が1位であれば、28.5%の確率でクリックされます。

そのため、どれだけ検索されるキーワードを選定するかによって、アクセス数も大きく変わってきます。

リスティング広告の方が上位に表示されてしまいますが、広告を嫌うユーザーが多いため、3%しかクリックされません。

多くのユーザーにクリックされ、集客力を高めたいのであれば、SEO対策をして上位表示されるようにしましょう。

広告費が削減できる

SEO対策は、一度作成すると、自分で削除しなければ、インターネット上に残るため、無駄になることはありません。

そのため、中長期的に考えると広告費を削減する事ができます。

インターネット広告であれば、すぐに効果を出す事ができますが、お金をかけなくなると、すぐに効果がなくなってしまいます。

しかしながら、SEOは即効性は低いですが、一定以上の成果を出す事ができると、お金をかけずに集客ができるため、中長期的に結果を出したい方におすすめです。

継続して集客できる

SEO対策をして、一度検索上位を獲得する事ができると、急に順位が大幅に下がるという可能性は低いため、継続して集客ができるようになります。

さらに、費用対効果が良いため、コストパフォーマンスが高い集客資産として継続して集客ができるでしょう。

しかしながら、定期的にサイトを確認しておかないと、順位が下がってしまう可能性があるため、上位表示をキープするための改善は行うようにしましょう。

見込み顧客にアピールできる

設定したキーワードをユーザーが検索した際に、上位表示されるため、サイトに訪れるユーザーはある程度自社サイトのコンテンツに興味を持っている可能性が高いです。

顧客が購入を検討しているときに、自社サイトを訪れると購入する可能性が高まるでしょう。

そのため、多くの方に少し需要のあるコンテンツではなく、興味を持っている人を後押しするような特化した内容のコンテンツ作成をするようにしましょう

ブランディング効果が期待できる

SEOには、ユーザーの悩みを解決する事ができるため、ブランディング効果もあり、サイトの信頼性を高める事ができます。

信頼性の高いサイトになると、検索エンジンからの評価も高くなるため、SEO対策をすることで、結果的にブランディング効果が期待できるでしょう。

SEO対策のデメリット

次にSEO対策のデメリットについて解説します。

成果が出るまで時間がかかる

SEO対策をしっかりしたからといって、すぐに成果が出るわけではなく、上位表示されるためには、時間がかかります。

すでに自社サイトを持っていたとしても、Googleに正しくサイトを評価してもらうためのSEO内部対策、ユーザーから評価されるようなコンテンツを作成するなど、する事が多いです。

成果が出るのは、早くても半年〜1年間ほど時間がかかるため、最初は費用対効果が合わず、モチベーションを保つ事が難しいでしょう。

そのため、企業の中には、SEOで結果が出るまでインターネット広告と併用するところも多いです。

アルゴリズムの影響を受ける

検索エンジンのアルゴリズムは、定期的にアップデートされ、評価基準が少しづつ変わっていきます。

そのため、常にサイトの状況を確認し、アルゴリズムに合ったSEO対策をしなければ検索順位が下がってしまう可能性があります。

アルゴリズムに合ったSEO対策をしているサイトが上位表示されるようになるため、良くも悪くもアルゴリズムの影響は大きいです。

しかしながら、Googleは一貫して、ユーザーにとって有益な情報を発信しているサイトを評価すると言っているため、ユーザー目線でコンテンツ作成すれば、高い評価を受ける事ができるでしょう。

アクセス数を制御・想定できない

SEO対策に成功して、多くのアクセス数を獲得する事ができたとしても、アクセス数を制御・想定することはできません。

アクセス数が上がることは基本的には良いことですが、急激にアクセス数が増加してしまうと、顧客の質が下がってしまう可能性もあります。

また、広告のように問い合わせの増加を想定して準備する事ができないため、対応しきれないこともあるため、注意しましょう。

SEOで評価されるために大切なこと

SEOで評価されるために、大切な事がいくつかあるため、解説します。

E-A-T

E-A-Tとは、Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・TrustWorthiness(信頼性)のことであり、Googleが最も重視している基準のことです。

Expertise(専門性)

Expertise(専門性)は、コンテンツ内容やサイト全体が何かしらの専門性に特化しているのかという観点です。

様々な情報が記載されているサイトよりも一つの内容に特化しているWebサイトの方が高い評価を得る事ができます。

また、その分野について詳しい人が書いた記事や、その分野に特化したWebサイトが発信しているコンテンツは、専門性が高いとGoogleが判断するため、評価が高いです。

E-A-Tの3つの要素のうち、特に専門性が重要と言われているため、コンテンツを作成する際には、専門性にこだわるようにしましょう。

Authoritativeness(権威性)

Authoritativeness(権威性)は、誰が見たとしてもどのコンテンツが正しいと思うかということです。

病気になった際に、一般人の意見と医者の意見では医者の意見を重視する方が多いでしょう。

このように特定の分野での地位がある方が、発信している情報であれば、多くの方がその情報を信じるというのが権威性です。

権威性は、コンテンツの内容だけで得る事ができるわけではなく、長期間サイトを運営することによって、高めていく事ができます。

TrustWorthiness(信頼性)

TrustWorthiness(信頼性)は、権威性と似ていますが、どれだけ多くの人がそのコンテンツ内容を信頼しているというのかという意味です。

インターネットには、嘘の情報も多く流れているため、ユーザーも中には、コンテンツを参考にする際には、誰が発信しているのか気にする方は多いでしょう。

そのため、Webサイトの運営者情報やプロフィールを充実させて、ユーザーに安心感を与えるようにしましょう。

YMYL

YNYLとはYour Money Your Lifeのことであり、人のお金、健康、生活に大きな影響を与えるジャンルのことです。

GoogleはYMYLジャンルの品質向上に力を入れているため、アルゴリズムのアップデートや品質評価ガイドラインへの項目追加などに取り組んでいます。

YMYLジャンルは、人の生活に大きな影響を与えるため、誤った情報を発信することで、ユーザーはダメージを受けてしまう可能性が高いです。

Googleは常にユーザーの利益を追求しているため、お金や健康などの利益に大きく関わる分野に関しては、その他の分野よりも評価基準が厳しいです。

これまでに様々なアップデートが繰り返されており、徐々に評価基準は厳しくなっています。

YMYLジャンルは間違った情報を発信する事が許されないため、コンテンツを作成する際に参考にする情報が正しいのかよく確認するようにしましょう。

YMYLもE-A-Tを満たしていれば、問題なく上位表示される可能性があるため、E-A-Tを意識してコンテンツ作成すると良いでしょう。

YMYLは、他のジャンルよりも厳しい評価基準が定められていますが、そこまで心配する必要もなく、ユーザーにとって有益な正しい情報を発信するようにしましょう。

SEOで高い評価を受ける基準

SEOで高い評価を受けるためには、いくつかの基準があるため、解説します。

検索意図と一致しているか

ユーザーがそのキーワードを検索する意図をよく考える必要があり、検索意図が一致していなければ、ユーザーが離脱してしまいます。

ユーザーのニーズは様々ですが、いくつかのコンテンツを準備することで、どのユーザーのニーズも満たす事ができるでしょう。

ユーザーのニーズを満たしているコンテンツがSEOの検索エンジンから評価されるため、ユーザーのことを第一にコンテンツを作成するようにしましょう。

コンテンツの品質が高いか

コンテンツの品質は、E-A-Tを満たしているかが主な評価基準であり、E-A-Tを満たしているコンテンツであれば高い評価を受ける事ができます。

また、オリジナリティも重要であり、誰でも作成できるコンテンツは、インターネット上に多くあるため、オリジナリティを出さないと、他のサイトでも良いと判断されてしまいます、

外部SEO対策は第三者からの評価となるため、コンテンツの質が低いと他人からの評価を上げる事ができないでしょう。

信頼性の高いサイトであるか

サイトは(ドメイン・リンク・サイテーション・コンテンツ)によって総合的に評価されます。

コンテンツだけにこだわる方が多いですが、ドメイン・リンク・サイテーションも重要になってくるため、注意しましょう。

UI&UXは考慮されているか

UIとは、ユーザーインターフェースのことであり、ボタンやリンクなどの機能のことを指します。

UXは、ユーザーエクスペリエンスのことで、これまでのユーザーの体験のことです。

UI&UXは検索順位を決める際の一つの要因となっているため、ページの表示速度など、ユーザーの使いやすさにも気をつけるようにしましょう。

評価を下げることをしていないか

どれだけ良いコンテンツを作成したとしても、他の部分で評価を下げてしまうような事があると、サイトが評価されません。

そのため、SEO対策をする際には、様々な要素に気をつけて、改善していくようにしましょう。

Web業界10年以上の知見を持って、無料にてご相談へ対応いたします。
情報収集目的でも歓迎です。お気軽にご連絡ください。

  • 人材育成領域

    人材育成領域

    サイト流入
    2.3倍
    (6,843セッション→16,001セッション)
    反響
    2.1倍(12→25件)
    上位表示キーワード例
    「人材育成(検索Vol.8,100)」
  • 婚活領域

    婚活領域

    サイト流入
    2.1倍
    (52,945セッション→110,164セッション)
    反響
    1.3倍(412→536件)
    上位表示キーワード例
    「婚活(検索Vol.40,500)」
  • 日常用品領域

    日常用品領域

    サイト流入
    3.3倍
    (31,874セッション→105,514セッション)
    反響
    3.4倍(84→293件)
    上位表示キーワード例
    「お水(検索Vol.4,400)」

Web集客・制作・PRのご相談はこちらよりどうぞ

以下の内容でよろしければ、送信ボタンを押して下さい。

会社名
氏名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

個人情報保護方針に同意の上、
送信ください

この記事の監修者

株式会社ブランディングワークス編集部

株式会社ブランディングワークス編集部

SEO対策・コンテンツマーケティングの支援事業者。SEO支援を中心に、伴うWeb制作修正やコンテンツ制作まで一気通貫した支援を実施。実績のあるパートナー会社と連携してその他Webマーケティング(広告運用・SNS・メディアのマネタイズetc.)も幅広くカバーし、戦略立案から実行までを総合的に支援も可能。

LIGブログに掲載されました