コラム

ホームページ作成・Web制作におすすめのAWSサービス・レンタルサーバーとの違い

2022.5.19
  • # Web制作・ホームページ作成
ホームページ作成・Web制作におすすめのAWSサービス・レンタルサーバーとの違い

AWSとは?

AWSとは、AWSのことであり、世界で最も包括的で広く採用されているクラウドプラットフォームです。
世界中のデータセンターから200以上のフル機能のサービスを提供しており、これまでに数百万の企業がAWSを活用してコストを削減し、俊敏性を高めてイノベーションを加速させています。
そこで、AWSの特徴について解説しています。

機能が豊富

AWSは様々な機能が搭載されており、コンピューティング、ストレージ、データベースなどのインフラストラクチャテクノロジーから機械学習、AI、データライクと分析、loTなどがあります。
そのため、より速く、簡単により高い費用対効果で既存のアプリケーションをクラウドに移行し、想像出来るものはほとんど構築することが可能です。
AWSサービスは、最も充実した機能を提供しているため、ジョブに最適なツールを選択して、最高のコストとパフォーマンスを実現させることができます。

世界最大規模のコミュニティが存在

AWSは最も活発で最大規模のコミュニティがあり、世界中に何百万の人と数万のパートナーがいるため、ネットワークを広げることが可能です。
ほとんどの業界でスタートアップ、大企業、公共部門の組織が、様々な場面でAWSを実行しています。
AWSパートナーネットワーク(APN)には、AWSのサービスを専門としている多くのシステムインテグレーターなどが参加しているため、専門的な知識を持った人と繋がることが可能です。

最高レベルのセキュリティを実装可能

AwSのクラウドコンピューティング環境は、現時点では最高レベルとなる柔軟性とセキュリティを持っています。
AWSのコアインフラストラクチャは、軍隊や国際展開している銀行などの高い機密性が求められる組織のセキュリティ用件を満たしているプラットフォームです。
このようなセキュリティを実現させるための強力なツールの中には、230のセキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスのサービスと機能が含まれています。
また、AWSは90のセキュリティ標準とコンプライアンス認証をサポートしており、117のAWSのサービス全てがデータ暗号化機能を提供しているため、安心して利用することが可能です。

最速の革新ペース

AWSを使用すると、最新のテクノロジーを用いてより迅速に実験と革新を行うことが可能です。
AWSはビジネスの変革に使用できる新しいテクノロジーを発明するために、イノベーションのペースを常に加速させています。
また、AWSはAmazonSageMakerを開発しており、経験がない方でも日常的に機械学習を使用することが可能です。

最も実績がある運用上の専門知識

AWSは常に成長していますが、これまでに信頼してもらえるようなセキュリティとパフォーマンスを提供しています。
ここで培った経験を反映させることによって、専門的な知識がある方が運用を行うことが可能です。

AWSでサイトを作成する際の注意点

AWSを使ってサイトを作成する際には、メリットだけではなく、デメリットもあるため、把握しておくようにしましょう。
そこで、AWSでサイトを作成する際の注意点について紹介します。

コストを把握しづらい

AWSでサイトを作成する際に注意すべき点は、コストが把握しにくいということです。
オンプレミスサーバーの場合は、1度構築すると余分なコストが掛かりませんが、レンタルサーバーの場合は、月ごとに必要な料金が決まっています。
しかしながら、AWSの場合は、利用するサービスごとに料金が掛かる従量課金のシステムになっており、データの転送量によっても料金が変わってきます。
そのため、1つのWebサイトにコストがどれくらい掛かるのか、実際に作成しないと分かりません。

知識が必要になる

AWSでサイトを制作する際の2つ目の注意点は、知識が必要になるということです。
AWSでは、様々なサービスが提供されており、理想の環境を実現させるためには、必要なサービスを組み合わせて使用する必要があります。
そのため、AWSを使用する際には、専門知識を持っている管理者が必要であり、必要な知識はレンタルサーバーよりも多く、管理者に全て任せるわけにもいかないため、注意しましょう。

小規模なサイトを構築する場合

AWSでサイトを構築する際の3つの注意点は、小規模なサイトを構築する場合です。
AWSでWebサイトを作成するためには、複数のサービスを組み合わせて使用するため、無料で利用できる枠が無くなると、月に数千円のコストが必要になります。
機能的にも、AWSはビジネス等に使う大規模なWebサービスに最適であり、小規模な個人サイトには、性能が過剰です。
そのため、小規模なサイトを運営する場合には、レンタルサーバーを使用した方が安く済むこともあります。

AWSとレンタルサーバーの違い

AWSとレンタルサーバーの違いがわからないという人が多いですが、別物であるため、用途に合わせて使い分けるようにしましょう。
そこで、AWSとレンタルサーバーの違いについて解説します。

導入費用

レンタルサーバーには導入費用がかかりますが、AwSなどのクラウドサーバーは導入費用が発生しません。
レンタルサーバーを導入する場合には、基本的に導入費用が掛かりますが、AWSのようなクラウドサービスは従量課金性となっており、使用した分だけ料金が掛かるという方式になっています。
そのため、レンタルサーバーよりもAWSの方が導入へのハードルは低いでしょう。

運用コスト

レンタルサーバーにもAWSにも運用コストは発生しますが、レンタルサーバーの方が運用コストは低めです。
一般的にレンタルサーバーの運用コストの方が低いため、運用コストをできるだけ抑えたいという方はレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。
しかしながら、AWSも専用サーバーに比べるとコストは安く抑えることができるため、環境や費用などを比較して決めると良いでしょう。

回線

レンタルサーバーは他のユーザーの影響を受けてしまいますが、AWSなどのクラウドサーバーは影響を受けずに快適に利用することが可能です。
レンタルサーバーは、複数のユーザーで1つのサーバーを利用するため、サーバーに負荷をかけるようなユーザーがいれば、大きな影響を受けることになります。
AWSであれば、他のユーザーと共有する部分が少ないため、あまり影響を受けずに利用することが可能です。

柔軟性

レンタルサーバーはあまり柔軟性がありませんが、AWSなどのクラウドサーバーは柔軟性が非常に高いです。
レンタルサーバーは契約時に設定したプランのスペックとなっているため、スペックを変更するためには、プランを変更する必要があります。
AWSのようなクラウドサービスは、柔軟性が高く、スペックを自由に変更することが可能です。

サーバーの運用

レンタルサーバーはサーバーの運用業務がありませんが、AWSなどのクラウドサーバーはサーバーの運用業務が発生します。
レンタルサーバーは、サーバーを管理している人が別でいるため、ユーザーは基本的にファイルをアップロードするだけで良いです。
しかしながら、AWSの場合はサーバーの構成や設計、構築、運用などをユーザー側で行う必要があります。

カスタマイズ

レンタルサーバーはカスタマイズすることができませんが、AWSなどのクラウドサーバーはカスタマイズの自由度がかなり高いです。
レンタルサーバーはサーバーを借りている状態であるため、ユーザー側で容量をアップするなどのカスタマイズをすることはできません。
しかしながら、AWSではオプションも多く、自由にカスタマイズすることができるため、カスタマイズしたいと思っている方はAWSの方が良いでしょう。

スペックの柔軟性

レンタルサーバーはスペックの柔軟性があまりありませんが、AWSなどのクラウドサーバーはスペックの柔軟性が非常に高いです。
レンタルサーバーは契約しているプランのスペックで固定されているため、変更したい場合には、サーバーを移行させる手間がかかってしまいます。
しかしながら、AWSであればスペックを自由に変更することができる柔軟性があるため、事業を拡大する際などに、スペックを上げることも可能です。

ホームページを作成する際におすすめのAWSサービス

AWSは現在200以上のサービスを提供しており、用途に合わせて最適なAWSサービスを選択することができます。
そこで、ホームページを作成する際におすすめのAWSサービスを紹介します。

Amazon S3

Amazon S3は、データの整理や管理を目的としたストレージサービスであり、他のサービスと連携して、サービスで提供するためのデータ保管領域として使用することができます。
また、保管しているデータを利用して、静的なWebサイトをホスティングすることも可能です。
公開するWebサイトに動きがなく、シンプルである場合には、サーバーを構築する必要がなく、S3の昨日だけで公開することができます。

Amazon EC2

Amazon EC2は、仮想コンピュータを提供するサービスであり、Webサイトを構築するために必要なWebサーバーやアプリケーションサーバーを自由にインストールして構築することができます。
EC2には、CPUコア数やメモリ量に応じて様々なタイプのインスタンスが用意されているため、構築したいWebサイトの規模やアプリケーションが要求するリソースに応じた環境を準備することが可能です。

Amazon RDS

Amazon RDSは、AWSガチ絵供しているデータベースサービスです。
データベースのセットアップや継続的なパッチ適用、バックアップなどの管理タスクを自動化することによって、ユーザーがWebサイト開発に集中することができるようになります。
Webサイトの大半はデータベースと連携して、利用者に応じたデータを抽出して提供することが可能です。

Amazon DynamoDB

Amazon DynamoDBは、Webサイトの規模に関係なく、高いレスポンス性能を提供しているドキュメントデータベースです。
毎秒2,000件を超えるリクエストをサポートしており、トヨタやCapital Oneなどの大規模なサービスを提供している企業が採用しているため、安心して利用することができます。

Amazon CloudFront

Amazon CloudFrontは、データや動画、アプリケーションなどを低レイテンシーで高速に転送するコンテンツ配信ネットワークを構築するサービスです。
高速でデータ配信するために、42カ国84都市にエッジロケーションを設置しています。
AWSの各リソースからCloudFrontまでのデータ転送料金は無料であるため、グローバルに提供されるWebサイトのコストを抑えることが可能です。

Amazon Elastic Beanstalk

Amazon Elastic Beanstalkは、いくつかのプログラミング言語やDockerコンテナを利用したWebアプリケーション・サービスを使い慣れたWebサーバーアプリケーションを使ってデプロイかスケーリングするためのサービスです。
ユーザーは、データをアップロードするだけで、自動的にリソースのプロビジョンニングからロードバランシング、Auto Scalingなどのスケール設定まで、Webサイトの構築に関係するタスクを自動的に実行してくれます。

当記事内では概略しか記載できておりませんので、興味があるものについては公式にお問い合わせください。

無料相談受付中!